スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふぅたmama
スポンサー広告


加齢臭を超えたモノ??笑
 昨夜の出来事・・・・・。

久々に帰ってきた我が家。 プチ里帰りの後は決まっていつも大掃除・・。

何故なら・・、パパ1人の 「男の住処」 と 化してしまう我が家。
脱ぎっぱなしの作業着、左右不揃いのソックスがあちらこちらに、食べかけのエサ・・etc
それでも、こうして実家へ月に1度、静養させてもらえているので、そこは目をつぶりましょ。

しかーーーーーーーーーーーし、問題なのは・・・。 そぅ、臭い! 匂いじゃありません。

「加齢臭」ってヤツね!(苦;)

玄関を開けるたび、もわぁ~ぁ~んと湿気交じりの異様に鼻につく、そぅ、まさに男の臭い・・。
入るや否や、即効、換気! 「くっせぇぇーーー!!」って言いながら・・。

昔は、この臭いを 「お父さんの臭い」 だと思っていた私でした。
枕から、もわっと漂うその臭いがお父さんのようで、臭くもあり、温かくも感じられたあの頃。
それもそのはず、まるでアンパンマンのような ツルっとした父には遮るモノは一切なし!
脂はそのまま枕へと移り、若干、黄ばみがかったあの枕・・ 忘れられませんなぁ~。

そぅ、それこそが、、男性特有の加齢臭!

で、順ずるようにパパにも番が回ってまいりました。 いつからだろう・・?! はて・・。

そんな換気に、寒かろうが暑かろうが窓を開け、しっかり空気を入れ替えする私です。

が、今回はというと・・? んん・・ん?!臭わない・・。 クンクン・・。 おやゃぁ~?!
 「あれぇ? 臭くないじゃん?! どーしたぁ? やるじゃん!!」 と、パパを褒めた。 
そんなことで褒められて調子に乗るパパもどうかと思うが、 
 「だろぉ?! 俺はクリーンな男なんだょ!!」 と 自慢げに胸を張る姿に爆笑・・。

 「んだな、これだけ状態を保ってれば、90点クラスだょ!たいしたもんだ!」 と 私。
 「だろ~ぉ、、だって、俺1部屋だけで生活してるんだぜ、汚れないようにね(笑)」 だって。
臭わぬ、我が家の状態に90点をもらったパパは得意げでありました、もちろん私もね!


も、束の間・・・・・・・・。    リビングへ向かう私、そこで目にしたモノは一体・・・?!


 「なんじゃこりゃーーーーーぁぁ!!!(驚) 抜け過ぎだろ~ぉがょ!! おぃ!!」

大声を上げる私に、いそいそと駆け寄るパパ。 「何だよ~ぉ、今回は文句ねぇだろぉ?」

 「文句ってゆうか、、、、ちょっと見て!!!!!」 そう言って、クッションに注目・・。

クッションカバー、そして、ソファカバーまで、まるで極細ゼブラを描いたように抜け毛が!
あっちゃぁーーーー、 お前どんだけ抜けてんだょ!!って、腹を抱えて笑い転げた私です。

だってぇぇー、カバーの色、みーんなアイボリーなんです・・。 目立つったらありゃしない。

 「そろそろ考えた方がいいょね・・。」 ポツリと私。
 「ウィッグするか?!」       ----- そう言うパパ、あなたどこに止めるんですか?!

 「じゃ、エクステか??笑」           ----- そうだね、、その方がいいかもね・・。


キテマス! キテマス! 本当に・・。 いやぁ~、深刻になってきましたょ~ぉ!!!

ついに、加齢臭を超えました・・。  今朝は晴天、朝からカバーをせっせと洗う私・・。
そして、水に流されてしまった 大切なパパのお毛毛たち・・  さよならぁ~
スポンサーサイト
ふぅたmama
『凸凹夫婦の関係』
0 0

thema:旦那さんのこと。 - genre:結婚・家庭生活


a wedding anniversary・・
  10.10 私たち凸凹夫婦、2度目の結婚記念日でした・・。


う~ん、2年前かぁ・・・・・。 
わずか2年でこんなにも充実した日々が送れるようになるなんて、正直夢でさえも思えなかった。



喧嘩しながら嫌々提出した「婚姻届」。 そして、それは苦痛そのものだった・・。
まさか、私がこんな男と結婚?! あり得ねぇー! 何で? 嫌だぁー!!  自己嫌悪の日々。


それから、2年の月日が流れていく。
まぁ、一言では言い尽くせないほどの山アリ、谷アリ・・    過酷な結婚生活の始まりだ!


夢も希望もない彼・・。 ネガティブ思考、理不尽な言動・・   そぅ、彼の全てが許せなかった私。

そんな彼にいつも腹を立て、無意識に責め続け、売り言葉に買い言葉・・etc 
次第に、私は彼の人格すら否定し続けるような、止めを刺す言葉で彼を追い込んでいた日々。

そんな私たち夫婦の間に至福の時間など一切なかった。
いつしか笑顔も消え、いつもムッとした表情の私。 そして、自信喪失した女々しい彼がいた・・。



今、振り返れば、私の発言が彼を追い詰め、自身を失くし、悪循環を繰り返していたのだろう。
しかしながら、頭では分かっているつもりでも・・ってやつで、考えと行動は反比例するばかり。

   この人と、ベクトルを合わせて二人三脚で人生を歩んで行くなんて、絶対無理!!

当時の私は、彼を・・、彼を取り巻く全ての環境さえもを否定し、受入れることが出来なかった。



  ----- でも、それは 私の心の偏見が、彼をダメな人だと思わせていた。


そぅ、知らず知らず、私は彼をコントロールしようとしていたのだった・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


「他人と過去」が変わらないことくらい承知の上。  でも、コントロールなら出来るかも・・って。
自分が変わろうとする気持ちよりも、彼を向上させ、自分の理想に近づける努力ばかりの日々。

しかしながら、求める気持ちは強くなるばかりか、質問に対する答えまでもを決めつけていた。
 「なんでそう答えるの?! 普通だったらさ、こう言うんじゃないの!(怒)」 という具合・・。
出口のないトンネルを彷徨うかのように、もじもじ応える彼も次第に無口になっていったのだ・・。

悪循環は更に泥沼化していく日々の始まり・・・・・。

孤独感と彼に対する怒りを常に抱えた、妊婦生活は異常なまでに不安定そのものだった・・。
涙は拭っても拭っても溢れ出てくる・・・・・。   そんな日々をずーっと続けてきた私であった。

全てを彼のせいにしていた・・。 そして、幸せになれない理由も彼のせいにしていた私だった。



 しかし、ある事件をきっかけに彼を許し、彼に全てを任せ、そして、彼に決定権を委ねた。

そぅ、これは彼を信じようと決めた再スタートであり、コントロールすることに終止符を打った証。
(周りからは、こんな時だからこそ手綱をきちんと締めなさい!って忠告されたっけかなぁ。)


でも、締めてダメなら緩めるしかない訳で・・。 任せる勇気が彼への信頼そのものだった・・。
ダメ元で、 ここは思い切って彼に任せてみよう! 頼ってみよう! 彼に託してみよう! 


      半年もすると、次第に手探りながらも徐々に前を向いて歩き始めた彼・・。
     そぅ、過去に執着してばかりの彼に、少しずつ未来を描く言動が生まれた。
  
子供の成長、そして、私の病を機に彼は益々、自分の居所を掴み始めたように見えるのである。


いつしか、私たち夫婦に笑顔が戻った・・・・・。  怒りを笑いに変換させることも覚えた私・・。

何でも1人で抱え込んで、質問に対する答えまでもを決めつけていた私・・。
まるで、それは、彼の人生を支配(コントロール)しようとした、身勝手な操縦士のようだった。

機械は操縦できても、人間の心は操縦出来やしない・・・・・。
己の求める気持ちを「静」の勇気で、じっと堪え、相手が自ずから気付き前進するのを待つのみ。
「動」が勝る性格ゆえの私にとって、「静」なる勇気ほど、己を鍛える修行は他にないと実感・・・。


今、こうして心穏やかに暮らしていられるのは、何よりも私自身に気付きがあったからこそ・・。
病が与えてくれたのは、一番知らない自分自身を知るための、気付きの時間だったようですね。

もしかしたら、彼はほんのちょっとくらいしか成長してないのかも・・。(笑)
心の持ち方、受け止め方次第で、こんなにも違うものだなんて・・。 恥ずかしい限りです。

以前の私なら・・・・・。
 「記念日何だから!」 って、求める気持ちばかりが強く、そのプレッシャーで折れていた彼。
結局、私の用意したレールに乗っかって、決められたコースを行くがままの彼、余裕すらない。


しかし、今は・・?!
 「いつもありがとう。 これからも宜しくね!」 って、素直に伝えられるようになった私。
そこに求める気持ちは何もない。何故なら、比べることがないから。他人とも、過去の自分とも!

そして・・・・・。
 「しょーがねーなぁー、今日は記念日だからな・・」 って言いながら買ってきてくれたスイーツ。

スイーツ2 スイーツ1

汚ったない作業着で、寄り道して買ってきてくれたことを想像するだけで笑っちゃうょ・・。
よく頑張ったね・・、そして、彼なりのやり方で記念日を祝おうとしてくれた気持ちに、ありがとう!


まぁ、そうは言うものの・・ あれこれ口喧嘩もコミュのうちってことで・・。
やんやんゴタゴタしている私たちではありますが、深いところで信頼し合えるようになりました。

凸凹ながらも、、、  いや、凸凹だからこそ、、
噛み合わさりながら、縦長になったり、横長になったり・・ 時にはひし形や、台形であっても・・。
綺麗な四角形は描けなくとも、私たちなりの四角形でいんだ! って、思えるようになりました。
ふぅたmama
『凸凹夫婦の関係』
4 0

thema:心の持ち方 - genre:心と身体


家族。

 

今日は、パパ's Birthday

 

バースデー 

 

昨夜は、家族3人で細々とbirthdayをしました!

 

お誕生席には、レースペーパーで作った〝メッセージカード〟を添えて。

“ happy happy Birthday ” 33th

楓太も一緒に色を塗ってくれました~♪

バースデー2 

 

買ってきたものをお皿に出して並べただけ・・ の 簡単party 。

バースデー3 

パパと楓太の大好きなお寿司を・・。 そして、ケーキはちゃんと用意しましたょ。

 

で、

楓太からパパへのプレゼントは 手拍子つきのオリジナルsong~♪

バースデー4 

「はーばすでー はーばーすでー♪~」 早送り気味の高速バースデーソング。 (笑)

練習した甲斐あって、ちゃんと歌えました!

 

そして、

乾杯~の前に、「ジャー」(コップに注ぐこと)してくれました。

バースデー5 

 

そして、そして、楓太からのメッセージカードもあるんです!!

バースデ-1 

ポストカードい~っぱいに、大胆にぐるぐる~っっ! 上手に出来ました。

最高のプレゼントでしょう。

 

バースデー1-1 

 

ここ数週間、夫婦関係に???を 感じていた私・・・。

 

世間で言われる「出来婚」だが、愛し合って一緒になったには違いない。

星の数ほどの人の中から彼と出逢い、今こうして一緒に生きていること。

 

ここにきて、自分なりに心の持ち方を変えてみよう!と 。

 

子供が親の愛情を確かめるのに、わざとイタズラをやらかすように、、、

一面的なところに凝り固まって前に進めない、ネガティブで頑固なパパ。

むしろ、こうゆう人が自分の心の広さを試す、最高の教師なのかも・・って。

 

だから、

あら探しじゃなくて、宝物探しマインドに切り替えてみます。

 

 

33歳の happy birthday 、おめでとうパパ。

これからも、宜しくお願いします。 

 

 

だいたい、暴走型の楽天主義者で、アドリブ直感型のやっかいな私を

嫁にしたパパは、実は誰よりも包容力があるのかもしれない・・・。(笑)

いひひひひ・・ 

ふぅたmama
『凸凹夫婦の関係』
2 0

thema:家族 - genre:結婚・家庭生活


| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。