スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふぅたmama
スポンサー広告


*家づくり日記* no.1
今、こうしてblogを描いている 生まれ育った この実家は 私と同じ年。

両親が苦労に苦労を重ねて手に入れたマイホーム・・。 
小さな建売だけれど、想い出がいーっぱい詰まった大切な家。

けれど、この家で過ごす時間も あと半年余りとなりました。

実は、車で15分足らずの場所にある 祖母の家に引っ越すことになったのです。
まだまだ元気な祖母だけど、元気なうちに皆で暮らせたらいいね・・という願いと、
シロアリ、雨漏り・・etc 蝕まれたこの家が限界値に達した・・ という訳で。

しかし、祖母の家にそのまま入るというのは、嫁の立場である母にとっては・・。
ただでさえ、辛抱強い性格で さらに十二分に細部まで気を遣う母は窮屈かも?
口ではそんなこと言わなくても、私には十分理解できる・・。

今の土地で建て直しするか? 思い切って場所を移すか?
検討した末、やはり今後の祖母との時間を共有したいという家族の優しさから
祖母の家に、新築をくっつけるような形で一部改修工事をするというリフォームが決定。


昨年、10月・・・・。

ちょうど、私が心身の限界を感じ、実家へ静養をしに、この家に戻ってきた・・。
まるで、亡くなった祖父が私に乗り移ったかのように、この話がトントン拍子に進んだ。

「1人残された婆ちゃんを頼むぞ!」と言わんばかりに、私はリフォーム計画を進めた。
恐怖で1分先も不安な状態で、唯一私を救ってくれたのが、家のプランニングだった。

何かをしていないと気が狂ってしまいそうだった。そんな自分に怯え、恐怖でいっぱい。

脳には電磁波が流れているような、常にビリビリとした感覚が続き、恐怖と不眠が続く中、
1つの希望が見えた・・。 それが、このリフォーム計画であり、私の生き甲斐となった。

まだ早いだろう?! 反対される親族に真剣に話をする私・・。 必死だった・・。
祖母を説得し、家族に理解を得て、親族はじめパートナーにも、夢を語った私がいた。

不思議と夢を語っているとき、私は正気でいられた・・・・・。 それが束の間であっても。
本当に、この仕事が好きで好きで仕方ないんだなぁ~と、心から思った私であった。


11月、祖父の三回忌を迎えた。

私に宿った祖父が 私を動かした・・・。 家族にその想いが伝わったのだ!!
想い・・・、その裏には、この土地に帰ってきたい・・ ここで暮らしたい・・という気持ちも。
そして、この狭い、壊れそうな家で頑張ってやりくりしている母へプレゼントとして・・。

「よーし、じゃ、お前プランしろ!」

厳格な父が、私にokをくれたのだ。 早速、待ってました~と行動を起こした私。
もし、家をつくる日がくるなら・・ ここにお願いしたい!! そう決めていた会社へ。

惚れ込んだ 「家づくり」 をしていることはもちろん、そこに住まう人を一番に想っている。 
だから、1件として同じ間取りもなければ、同じ形もデザインもない・・。
その家族の生活や希望、夢を、その家族に見合ったようにデザインし、形にしてくれる。


初めて出逢った時から決めていた・・。 もし、出来るなら・・ いつか、きっと・・・。

こうして、社長はじめ、スタッフの方に加わって、デザインに参加させていただいた。
想いを言葉に変換できない両親の想いを私が通訳しながら・・ 進められたプラン。

安く早く作ろうと思えば、どこの会社に依頼したっていい・・。 でも、、、

大切な家族が住む空間・・・ 何より大切な我が家・・ そこで集う人たちの笑顔・・
やっぱり、ここだけは譲れない!という強いから、父との抗争が始まった。

 「家なんか、住めりゃいいんだょ!」 高価な見積もりに対し、父が反論。
 「そうじゃない! 悪いもの使って安価に作る家じゃダメなんだょ!
  家は生活の基盤だよ! 安心して、安らげる一番の空間にしたいんだょ!」 

理想と現実の狭間でもがく私、、、 まざまざとそれを肌で感じたのであった・・・。
わがままを言っていることくらい分かってた。 でも・・・。 きっと、父なら分かってくれる。


それからだ、建材、素材、建て方・・について聞く耳を持たない父に日々語りかけた私。
 「絶対に、後悔はさせないから!」

数か月に及ぶ抗争の末、父からのGo!を頂き、ついに始まりつつあるリフォーム工事。


平面図からは読み取れない、完成した3D空間が私の脳裏を駆け巡る・・・。

自然素材を多用し、安心して、安全に住めるのはもちろん、そこに集う人たちが
心底 ホ~っと一息ついてしまうような安らぎに満ちた、癒しの空間・・。

そして、人間が老いていくのと同じように 月日を経て味わいが増すような家。

先日、本契約をして プランが現実へとなりつつある・・・。
決して安くない金額・・、けれども、住みながら愛着が湧く、住まいを作りたかった。


今までは提案する側の私・・・。 今回が、初めてのクライアント・・。

ここなら安心して任せられる! そう信じて、昨日仕様打ち合わせをしてきた。
完工予定は、今年の12月中旬・・。 そぅ、来年を新たな住まいで迎えるのだ!

そして、、、、 完成した暁には・・ 千葉から身をここ、群馬に移したいと願う私・・。
いつになるか分からないけれど、想いをアウトプットし続けていれば、いつかは叶う。
そして、いつかは・・・。 この地で、ほのぼのとカフェを開きたい・・ いつかは・・。


このカテゴリでは、これから始まる家づくりの過程を描いていこうと思います。

月1でこの地に通院している私、、通院&静養+家づくり日記が加わるのである。
家族の不安を笑顔に変換するためにも、しっかりサポートしたいと思います! でゎ


施工前:既存写真

 ※ 現在の祖母の家。 皆、集まって外部の建物を壊し、平地に均しスタンバイok!

施工前:既存写真2

 ※ この茶色い部分を壊し、既存内部と2階建ての新築部を接合します。
   祖母のお茶べり処である部屋は、そのまま残してあげることにしました。

 さ~ぁて、ここからどうやって工事が進むのでしょうか?! 楽しみであります!!
スポンサーサイト
ふぅたmama
家づくり日記
0 0

thema:家作り日記 - genre:ライフ


*家づくり日記* no.2
 数週間ぶりの祖母宅へ・・。 あっっ・・! 広いじゃん?!

 基礎工事1 
 
 基礎工事2 基礎工事3 左:既存部の補修&基礎
                                  右:裏(北側)の基礎


リフォーム工事は既に着工している。 まずは、増築部(ほぼ新築)の基礎工事がスタート。

林のようだった木々が処理され、平地になった裏の敷地は、十分なほどの広さに感じた・・。
ここに、新たな住まいが出来るんだぁぁ・・。 頭の中は、出来上がりのイメージでルンルン♪
でも、施工会社のデザイナーさんに、一部はサプライズをお願いしてあるので詳細は・・・?!

 さて、近所のお婆ちゃん友達の集まる、お茶べり処である祖母の部屋のサッシは、
 都合により一時的に取り外し、今は蓋をされちゃっております・・・。    
 出窓がデザインと使用上邪魔になるので新しく交換するんです。 しばらくはご勘弁を・・。
 
 でも、新しく取付けた後のサッシからは、新たなウッドデッキの広がる新居との行き来が可。
 「お婆ちゃん~!」 と 一声かければ、ウッドデッキで作られた小さなパティオでカフェタイム。

 新居と既存の祖母の生活を壊さずに、個々のプライベートを保ちつつ共有することのできる
 ほのぼのとした時間が流れるでしょう。 母の手作りスイーツを囲みながら、皆が笑顔で・・。

次回は、どこまで進むかしら・・?  追って詳細をレポートしまぁーす!       楽しみぃ~♪
ふぅたmama
家づくり日記
0 0

thema:家づくり日記 - genre:ライフ


*家づくり日記* no.3
 久々に訪れた祖母宅・・。 どれどれ・・

リフォーム工事(ってゆうか、ほぼ新築ですが・・)順調に進んでおります!

 ベタ基礎

ベタ基礎といわれる、全面にコンクリートを流す工事も完了し、型枠も外れて完了。
ジメジメ対策にはベタが一番でしょうね、、水はけの悪いこの地では必須でしょう。


そして、本日、内部の仕様&電気配線の打ち合わせをしてきました。

温故知新という表現に、和とアジアンのテイストをMIXさせた 〝和ジアン〟をテーマに・・。
・・・・・・・・・・・ しかーーし。

限られたスペースと予算の中で、実用性と豊かさを手に入れるため、四苦八苦。 ><;

ここでいう 「豊かさ」 とは、そこに住まう皆、そして、ここに集う人たちの心の豊かさ。
思わず、ホッと出てしまうような、温もり溢れる空間にしたいと考えながら。

使う素材はもちろん自然素材・・。 そして、光・風の通う自然と共存した生活を・・。


打ち合わせ内容は、細かな棚の配置やデザインなど、こだわりをギューッと圧縮。
父や母、そして祖母・・、ここに集う人たちの笑顔を見たい・・  心から思いました。

間取りなどほとんど見ていない両親、見たとしても意味不明でしょう・・ 笑
このリフォーム計画そのものが、サプライズ的なものになっているような気がします。

そして、ついに上棟の日程が決まりました! 8/5だそうです。 わっしょい~♪

昔は、これを建前と言って、お菓子やらお金まで色んなものが降ってくる楽しい日でした。
この日ばかりは長ーいスカートを履いて、ペロッとめくり上げた裾を持ってキャッチしたりして。
子供ながらに、近所の建前の日が楽しみで仕方なかったのを憶えています・・。

でも、今ではほとんど見かけなくなりましたね・・、残念ですがこれが現状でしょうか。
今の子供は、空から降ってくるプレゼントを拾う、いや、競い合う?!あの楽しみを
知らぬまま大人になってしまうんでしょうね。 なんだか、惜しい気がしてなりません。

とは言うものの、やはり今回も建前だからと言って旺盛に振る舞うことはありません。
お赤飯にビール・・ ちょっとした酌み交わしをし、そのまま作業続行であります・・。
私は上棟式に参加出来ませんが、また、来月の楽しみにして天候の無事を願います。

余談ですが、仕事柄 こういった工事は見慣れておりますが、基礎の状態だと何とも
坪数に比べ、小さく見えるものなんです・・。 ぇぇえ?こんなに小さいの?狭いの?って。
でも、ここに柱が立ち、空間がそびえ立つと、不思議と広く大っきく感じられるんです。

人の目って、面白いですょね・・。 
でも、その視覚効果を上手く使えば、あっと驚く快適な空間が完成するんですけど・・。

でゎでゎ、また次回をお楽しみに・・。
ふぅたmama
家づくり日記
0 0

thema:家作り日記 - genre:ライフ


*家づくり日記* no.4
本日、晴れて 上棟 を迎えることが出来ました。

当初予定されていた 8/5は 悪天候の為に中止されてしまったのです。

頂き物さえも 大安の日に必ず封を開ける・・ お祝い事となれば、もちろん大安に!
昔から、そんな風に行い事をしてきた祖母の意見ゆえに上棟が本日になったのです。

しかし、続く悪天候・・・・・・。 

本日も降水確率50%・・、昨日からハラハラドキドキの御一行。
 「明日は上棟できるかねぇ?」 心配そうな祖母に雨天決行の報告をすると安心顔。

とは言うものの、結局 本日の天候は小雨・・。 まるで夏の終わりを告げるような肌寒さ・・。

前日に準備しておいた豆、そして、もち米の支度が完成し、いざ釜戸に火を付け、
今では滅多に目にすることのない、釜戸炊きの本格的なお赤飯が見事に出来上がりました!
肌寒さのゆえ、釜戸の焚き火が体を温めてくれるようで、小雨に感謝という具合でした。

そんな最中、棟梁率いる10人の大工さんが一斉に作業を開始・・・・・。
大きな大きなクレーンで材木を吊り上げ、組み立て、あっという間に家の骨組みが完成です。

上棟 上棟2

トラックにダンプ、パトカー、消防車をはじめとする 大きな乗り物が大好きな楓太は大興奮!
 「ブー! ブー!」 必死でクレーンを指差し乗りたがり、大騒ぎであります・・。(困;)

クレーン車 小さな運転手

というわけで、ジジに抱っこしてもらい、大きな大きなクレーン車の運転席に乗り、大満足!
男の子って、本当に乗り物がだ~っい好きなんですね・・。 こんな小っちゃいのにね・・。(笑)

という訳で、あれよあれよと組立てられ、正午を過ぎた頃にはほぼ完成し、無事に上棟です。

私の中ではこれは 「増改築」 と いう部類で、決して新築ではないような気もするのですが、
このようにほぼ新築同然の大工事ゆえ、上棟を祝い、親族皆で内祝いの始まり始まり~。

乾杯~っ 乾杯~っ2

その後、和気あいあいと近所の祖母の友人や親族が続々と集まり、宴は続きました。

今日、無事に上棟を迎えられ、それが たまたまクリニックの通院が重なり参加出来たことが
嬉しくて、つい、小雨の中だというのに、現場ハシゴで骨組状態の家をぐるりと探検しちゃった。

明日、千葉へ戻ります・・。 来月には どんな風に変化しているのでしょうか?! 
工事の進行が楽しみで仕方のない私であります。   でゎ、また次回まで・・・。 
ふぅたmama
家づくり日記
0 0

thema:家づくり日記 - genre:ライフ


*家づくり日記* no.5
あのゲリラ豪雨の最中、着々と家づくりが進んでいた・・・・・。
前回から1ヵ月足らず、もはや「家」の形になっている新居の進行状況のご報告。

外観1 外観2
*正面から                       *裏から


予算の都合上、どうしてもサッシを大きくしたり、増やしたりすることが出来なかった・・。><;
しかし、必要最低限の採光&通気を考慮した上で、ガラスブロックを効果的に配置することに
よって、足りない明るさを確保でき、尚且つ、室内・外観共にデザイン性もUPするのです。
サッシは断熱性サッシを採用、ガラスはLow-Eと言って、UVカット+α機能のついたものです。

エントランス ウィンドウ
*玄関のポーチ部分、デザインと効果に期待   *開口部のサッシ&ガラスブロック配置穴


また、室内においては 無駄なスペースはありません。
老夫婦の住む家=持たない暮らし・・ そんな理想的な暮らし方を求めて始まった計画。
ゆえに、必要な個所に必要な収納、そして、機能と勝手を考慮した間取りになっているため、
完工後に購入する家具などは一切ありません。 全てが造りつけ、いわば造作家具・棚。

パントリー パソコンコーナー
*食品庫であるパントリー              *部屋の一角にあるL型PCコーナー

田舎ゆえに、野菜やら・・何かと頂き物が多いのがここの暮らしぶり。
茄子やきゅうりは、ビールケース単位で頂けるほど・・。 そんな付き合いが当たり前。
ゆえに、農家の爺ちゃんやらがそのまま井戸端会議状態で居座ることも多々あり・・。(笑)
そんな来客?たちのため、いつでも食材を豊富に用意し、ササっと出し入れ出来るように・・。

というわけで、この家で一番重視したのが、パントリーだった。
広いスペースに、勝手と母の生活癖を見極めながら決めた配置棚たちがズラリ・・。
対面キッチンから振り返れば、すぐに冷蔵庫。そして、作業台、その奥に食品庫との具合。

そして、押入れドーーンという昔ながらの1間ものの勝手の悪い押入れはもう終わり。
その代り、ウォークインクロークを広めにとり、その中に桐箪笥や衣類など・・etcの収納を。
しかしながら、布団生活の両親。 そして、来客布団も勢揃い。 捨てるわけにはいかん。
そんな奥行が必要なもの、必要でないもの、それぞれの使い勝手に合わせたクロークです。


あぁーー、現場の血が騒ぎます・・。(笑)
大工さんの手際良い作業工程を見ているのはちっとも飽きません・・。 楽しいっ・・。

造作棚 こんなコーナーの加工も大工さんの腕の見せどころですね。
↑クリックで拡大。       2枚の板を1枚に見せ、強度&見た目をUP! 無垢材ならでは・・。

                           家づくりって楽しいーーーーーっ!家


 にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ ←ポチっとそれぞれ1クリックお願いします。
ふぅたmama
家づくり日記
0 0

thema:家作り日記 - genre:ライフ


*家づくり日記* no.6
家 いや~ぁ、1ヵ月が経過し、内装はほとんど完成間近・・。
これから、塗料を塗って、設備機器や建具が設置され、床・壁・天井を塗って、うわぁ~楽しみ!

それでは、我が実家の家づくり進行状況をお伝えいたします~。

外観1 外観2
外観はほぼ出来上がり、後は壁を塗っていきます~。

シューズクローク1 シューズクローク2 シューズクローク3
玄関土間から一続きになったシューズクロークです。
開口を2箇所設けてあるので、そのまま部屋に入れます~。

パントリー1 トイレ PCコーナー
キッチン背面のカウンターやパントリー、トイレ、PCコーナーも形になってきました~。

吹き抜け 和室がちらり
2Fからの木漏れ日が差し込む吹き抜け、さりげない個室感覚の和室がちらりお目見えです~。


ここに、色が入ると グッと空間にメリハリが出て、一気に居住空間へと変身です!!
年末にはなんとか工事完了しそうであります。 年明けの入居が今から楽しみです~。
皆さん~、群馬にいらした際には、是非お立ち寄りくださいませり~!      私
ふぅたmama
家づくり日記
0 0

thema:家づくり日記 - genre:ライフ


*家づくり日記* no.7
家 今日は、昨日の暖かさとは一変、とーっても空気が冷たいっ・・。
         そんな中、現場である祖母の家に遊びに行ってきました。 


外観もあと少し、塗り壁のための下地となるモルタルを塗るところまで終了していました。
今は、モルタルのグレーですが、これからいい感じの明るめの塗り壁が行われます!

外観a 外観a”


それから・・・・・、内装ですが70%くらいの仕上がりです。

壁の仕上げは、ドライウォール という塗装です。 塩化ビニールクロスのように-でもなく、
珪藻土のように+でもない、良くも悪くもない・・といったところでしょうか。

予算の都合で、ドライウォールに決めましたが、逆にその上からポイントペイントしたり・・と
塗り壁では出来ないことをココは思いっきり楽しんでしまおうと考えています。
マットな質感も気に入りました。 ま、思っていたよりいい出来に満足しています。


シューズクローク キッチンカウンター

木部塗装と壁の仕上げが終わったので、すっかり部屋らしくなってきました!
そして、照明器具や設備を徐々に取り付けているところであります。

収納棚&ニッチ 和

和+アジアンMIXである、呑み処は“珪藻土”塗りなので、まだ下地の石膏ボードです。
これから、ちょいと遊び心を取り入れた、珪藻土の塗り方になる予定なので楽しみです。
そして、一面だけをアクセントで ちょいと濃い目でどーだ!って感じにしちゃいます。

ワークデスク 吹き抜けa トイレ手洗い

壁のあちらこちらに取り入れたガラスブロックとニッチ(壁厚収納)で空間に変化を!
上記の吹き抜け部で使用しているランプは、実は外用のモノ・・。 とっても可愛い。

吹き抜け部には柔らかな日差しが。       吹き抜けa”

残すところ、1ヵ月半となりました・・・・・。 が、完工するのでしょうか?!


ちょっとした理由があって、新築を完成させてから、旧家とを繋げるリフォームに入ります。
すると、祖母宅の古い暗い台所が、新居部分のダイニングスペースへと生まれ変わります!
ふぅたmama
家づくり日記
2 0

thema:家作り日記 - genre:ライフ


*家づくり日記* no.8
家 家づくり日記もそろそろ終盤に入ってきました~ぁ。


外装もほぼ終わり、内部のタイル貼り、それに照明器具の取付も終わっていました。

玄関からシューズクロークまで、外装と同じで大判のタイルを何種か使いました。
そして、不揃いでデザインのポイントとなるように、1/2サイズのタイルを入れています。
キッチンの背面にあるカウンター、パンやうどん生地のため、タイルを使用しています。

玄関タイル1 キッチンタイル



呑み処となるであろう、寛ぎの和空間には珪藻土の塗り壁がいい感じに仕上がってます。
珪藻土には、ワラが混じっており、そのスサが平面的な壁に表情を与えてくれています。

そして、間接照明のスイッチを入れると・・、それは情緒溢れる空間へと変身です・・。

間接照明1 珪藻土(スサ入り)

スサ入りの塗り壁ならではの味とも言えるでしょう。 角度によって表情が変わります。
こちらの部屋は・・、オヤジの “呑み処” がテーマ! 照明計画が肝心なんですなぁ。


また、外部と接した ガラスブロックからは、柔らかい日差しが部屋に差し込んでいます。

ワークデスク窓 和空間


そして、何よりのご褒美はココ! 階段の踊り場にある窓。 まるで額縁のよう・・。 
移り変わる景色をそのまま感じられる、新居で一番の窓となるでしょう。
これぞ、本当の “ピクチャーウィンドウ” ではないでしょうか。

少し前は、黄金色に色づいた銀杏が窓いっぱいに広がっていました・・。

吹き抜け窓 癒しの風景


完成したPCコーナーと、ちらりと見える “呑み処” を 少しだけどうぞ。

呑み処 ワークデスク


というわけで、残りあと数か月・・というところでしょうか。

新居部を完成させてから、母屋である旧家との接続(リフォーム)工事が始まります。
古くて汚くて・・ そんな台所がどんなLDKへと変わっていくでしょうか?!

北側だから・・、日が当たらないから・・、 
出来ないことを少しでも可能にするための工夫に満ちた完成をお楽しみに!!
ふぅたmama
家づくり日記
0 0

thema:家作り日記 - genre:ライフ


*家づくり日記* no.9
この数日で、建具(ドア)の取付及び塗装、そして手摺が取付られ、ほぼ完成です。
              (※母屋とを繋ぐリフォーム工事は来年のお楽しみです。)


スプーンフォーク キッチン背面カウンターの収納にも扉が付き、アイアンの装飾も取り付け終了!

カウンター レシピスタンド棚

パンや上州名物のうどん生地などなど、このタイルの上で仕込みされる予定です。
上部には〝見せる収納〟を意識した奥行きの違う棚、そして、レシピスタンド棚です。
後ろ側には大きな大きなパントリーがあるので、たっくさんのストックができます。


続いて、和空間。  リビングの一角にあり、少し床を上げて個室空間を演出しています。

呑み処 和の内側から

和紙を使った間接照明と塗り壁のコラボレーションが最高のご褒美です。
〝座〟Styleになりますので、窓位置も低めに、そして窓枠下に合わせて板張り。
縁取りに使った床材は、国産杉。 畳の代わりに麻混合の天然素材で敷き込みです。

塗り壁1 アイアンレール


続いて、トイレです。

小さなスペースほど、こだわりを注ぎ込むと完成度がUPし、その達成感は大きいかと。
トイレ計画において気を付けているのが、トイレスペースそのものの配置と便座の位置。
ココがトイレ・・と分かってしまう位置には配置せず、扉を開けてすぐ便器が見えないこと。

トイレ1 トイレ2

手洗いカウンターの下には十分の収納を! 
カウンターに使ったのは、床と同じ、硬くて強い ウォルナットのフローリングです。



続いて、ここからは おまけ・・。

完成してから、家具を一切購入しないので、初めから計画していたTELコーナー。
今は、子機がある便利な時代なので、親機・FAX本体、そして筆記用具などの収納部。

TELコーナー ニッチも色々、遊び心を・・。

外観も8割がた完成・・。 外観


母屋とを繋げてから、ウッドデッキ、そして、装飾部である外部の棚や表札、ポスト・・と、
まだまだ、外観は これからグッとデザイン・機能性がUPしていきます。 楽しみです!!
ふぅたmama
家づくり日記
0 0

thema:家作り日記 - genre:ライフ


*家づくり日記* no.10
家  母屋とを繋げるリフォーム工事がついに始りました。

接続工事開始
繋げる場所は キッチンであり、LDKの一部となる工事であります。

御歳85歳の祖母との半同居生活となるため、キッチンは1つにすることにしました。
そのため、既存の母屋の台所は、新居のLDKの一部へと改装されるわけです。

そぅ、この台所部分が、母屋と新居を繋ぐ大切な役割を果たす場所に生まれ変わるのです!

既存キッチン1
これが壊す前の台所です。 北側に設置された台所は昼間でも電気をつけていました。
暗い、寒い、汚い・・、 汚いは別として、まさに 昭和を代表するような造りになっているのです。

ですから、北側であっても光がより多く入ってくるよう、設計には頭を悩ませました。


キッチン解体
ちょうど、数日前に工事が再開され、キッチンも撤去された様子をご覧下さい。
建物の角にあるため、構造上主要な柱を抜くために、大きくて太く強い梁で補強されます。

そして、ついに新居との接続部が現れてきました!

対面キッチンへ
新居の対面キッチン側から見るとこんな感じ。 (分かりずらいかなぁ・・)
ペンダントライトの下にシステムキッチンが設置され、前の壁が壊されます。

そして、ついに接続~っ!となるわけです。

既存の台所は6畳程度の広さしかありません。
しかし、対面キッチンにすること、そして、そこがLDKという仕切りのない空間になることで
視覚のマジックとでも言えるべく、実際のスペースよりずっと広く見えるようになることでしょう。

今は、台所を使えない祖母が苦労をしているので、早く完成するといいなぁ~と思いつつ、
構造体が見えている、その空間を見ながら楽しんでいる私であります・・。(笑)


だってだってぇ~、こんな素敵な構造梁が見えてるんですょ~!!

構造梁

どうにかして、新居にこの梁を見せられる天井に仕上げたい・・と、私の我がままで
昨日も打ち合わせを何度も重ねましたが、新居部との兼ね合いがあるので難しい様子。><;

ま、一番はコストの問題ですね・・。

そぅ、ココは両親そして祖母の住まう家・・。 私の家ではないのですから・・。
父に叱られるのも無理はありませんな。 はい・・。

でも、昔の大工さんの手仕事をまざまざと見せられると、なんだかウキウキしてきます。
あ~っ、やっぱり木は素晴らしい・・って、そんな風に思わずにはいられません。
ふぅたmama
家づくり日記
0 0

thema:家づくり日記 - genre:ライフ


*家づくり日記* no.11
 家  リフォーム工事は順調に進んでいます。


 ついに、母屋と新築部が繋がり1つの空間に生まれ変わろうとしています。
 こちらは、母屋の旧:台所。 そして、今は新たなLDKのダイニングになろうとしています。
 接続~
 構造上、抜けない柱と柱の狭い壁でも、筋交を見せながら光を遮らぬようデザイン。
 腰壁の向こうにはシステムキッチンが設置され、対面キッチンとなる予定です。

 逆から見るとこんな感じ。
 キッチン

 奥に見える食器棚は既存の物。 数年前にリフォームで設置したものなのでそのまま。
 やはり、2世帯・・ 祖母との暮らしとなると古くからの伝統行事が多々あるので、
 いざという場合の何十という数で揃った食器はこちらで収納することになっています。

 ダイニング
 自然素材の中に、1つだけ貼り合わせのグレーの食器棚が浮いてしまわぬよう、
 天井に下地を入れて、後から薄い布で天井からカバーリングして馴染ませようと思います。


 そして、ダイニング側のデッドスペースには天井までの収納棚を設けました。

 一番下には、キャスター付きの可動式のゴミ箱が組み込まれる予定です。
 LD
 
 棚 ← こんな感じです。

 
 残すは、ウッドデッキと内装の仕上げ(キッチンの設置含む)のみとなりました。

 ダイニングテーブル、チェア・・、そして呑み処の座卓ももちろん造作です。
 風合いや質感を統一したかったので、市販品を購入することは初めから考えていません。
 それどころか、入居した時に、改めて購入する家具は一切ありません。全てが手作り。

 でも・・・・・、 手作りだと高いでしょ?! って思いますよね。

 もちろん、きちんとした家具は高いに違いありませんし、無垢は高級品ですょ!
 しかし、床に張ったフローリングの余りなどを使って出来ることも沢山あるんです。

 例えば・・・・・。


 ポスト、傘立て、表札・・・・・・・・・etc

 ポスト 傘立て 表札

 いかがでしょうか?

 世界に1つだけのオリジナルです。 なんだか嬉しくなっちゃいますょね。
 こういった小さな箇所にも愛情を込めると、暮らしがグッと楽しくなるような気がします。

 もう完了間近・・。

 「いいんだょ、家なんか! 安く建てりゃょーー(怒)」 と、猛反対していた父も、
 今では、完成パーティーの日程などを考えているようで、なにより・・。 (ふふふ・・)

 それに、住まいに関して価値観が似ている母は、大工さんの手仕事に大喜び。
 キッチンが使用できない祖母に代わって、毎日、昼夕食を届けているんですょ!

 祖母ときたら、大工さんとのお別れが寂しくて、2~3日前から元気がありません。 笑
 「ねぇ、婆ちゃん・・。 大工さんが終わらないと家が出来ないしねぇ~。
  淋しいのは分かるけど、、、  また、寄ってもらったら!!」  ってな具合。

 この数ヵ月、1日も欠かさずに 10時、昼、3時とお茶出しをするのが日課だった祖母。
 最初はそれ自体がストレス源だったにもかかわらず、ここにきて、すっかり意気消沈。
 なんだか、微笑ましい光景でごわんす。

 そんな実家のリフォーム計画も残りわずか・・。

 次回の帰省では、完成した我が実家をアップできることと思います。 お楽しみに!
ふぅたmama
家づくり日記
0 0

thema:家作り日記 - genre:ライフ


*家づくり日記* no.12
入居寸前~っっ、 そんな現場からお伝えしまぁ~す。


玄関前には、枕木のアプローチ。 そして、広々デッキが完成しましたぁ~。
家1

家2



このデッキ・・、新居と祖母の部屋とを繋ぐ重要な役割を果たす予定です。
そして、手作りテーブル×チェアで、おうちカフェに変身~。 きゃ~、楽しみぃ~!
家5

そして、85歳の祖母もウッドデッキに大満足!!
思わずピースサインが出ましたょ。(笑)
家3 家4


今日は、床鳴りのする箇所の最終調整のため、室内の撮影はできませんでした。 ><;

が、 ダイニングのペンダントを除いては、100%完成状態なので 明日こそ撮影を!!
手作りの味わい深い座卓や、ダイニングテーブルにチェア、、 木のぬくもりに癒されます。


引っ越しは来月を予定しているそう。 で、具体的には決まっていないそうですが・・。

私が図面を描き、デザインした アレコレ・・に文句ブーブーだった父も今ではご満悦?!
来月早々に、仲間たちを呼び集め、ココで完成パーティーをしてから引っ越すのだとか・・。

早速、呑み処がお役に立ちそうで 何より何より・・。
家族よりも先に仲間・・ というあたりが、父らしくて面白いなぁ~と感じられますゎ。(苦;)


私的には、母のガーデンセンスを生かした庭が楽しみ~。
来年の今頃には、花々があちらこちらに咲き誇っているんだろうな~ぁと考えるだけで幸せ。
ふぅたmama
家づくり日記
2 0

thema:家作り日記 - genre:ライフ


*家づくり日記* no.13

気持っちいぃ~、空の青!

ウッドデッキから、ベランダ越しに空を眺めた。  最高~っっ

家

 



ここから、始まる〝家ストーリー〟を思い浮かべながら・・。

そぅそぅ、やっと室内侵入が成功いたしました。
とは言いつつも、まだ、何もないですが・・。 でも、引っ越し後も家具は置きませんが・・。


まずは、キッチン。
ココは、母のステージであり、ココから様々な手作り料理・スイーツが生み出されるのだ。

キッチン1

キッチン2

スタンダードなシステムキッチンで、これと言って便利な機能は特につけていない。
が、焼き魚が多い老夫婦の館となるので、両面焼きグリルだけはつけておきました。


そして、続く ダイニングスペース。
ココは、もともと暗い、汚い、、、そんな母屋の台所だったところであります。

ダイニング1

ダイニング2
テイストを合わせるため、無垢集成材を使って、ダイニングセットを作ってもらいました。
カウンター越しに見える、棚のようなものは、実は〝肘掛け〟。
これがあるだけで、ダイニングテーブルを使うときにもリラックスできる体制になるんです!

ダイニング3
そして、母屋(旧家)と新居とを繋ぐため、重要な役割を果たす筋かい補強は見せたまま。
2種の塗り壁(珪藻土×ドライウォール)で、それらを包み隠し、空間演出っぽく仕上げました。

筋かい1

筋かい2
怪獣さまには、アスレチックに見えるのか・・ いないいないばぁ~で大はしゃぎ♪


無垢フロアー
かと思えば、、、 無垢のフロアーの肌触りにうっとり~の怪獣さま。 しばし休息タイム・・。
今回、1Fには床暖房を使用したため、それに見合う〝無垢材〟を使いました。
個人的に、木目や質感が気に入っている"ウォルナット"。 仕上げは、天然素材のワックス。

ワックスにすることで、素材の持つそのものの味が引き出され、月日を追うごとに
どんどん変化していく、その様を暮らしながら味わえる・・ 無垢ならでは!!でしょうね。



で、おとんの呑み処へ。
ココにも、お揃いの座卓を作ってもらいました。

呑み処1

呑み処2

母の手料理をつまみながらビールを片手に、絶えることない笑い声が響くことでしょう・・。


来月の家づくり日記は、この新居からのレポートとなることでしょう~♪
やっぱり、家づくりって 楽すぃ~~っス!  

地元の皆、遊びに来てね~! おかんの上手いの食べられるどぉ~っっ。(笑)   家
ふぅたmama
家づくり日記
0 0

thema:家作り日記 - genre:ライフ


*家づくり日記* no.14
no.13の追加・・ です。

キッチン前にタイルが貼られました~。
何か、足りないなぁ・・?! って思ってたら、タイルでした ><;

キッチン前タイル

このタイルは、背面にある作業台のカウンタートップと同じ仕上げになっています。

カウンター レシピスタンド棚



そして、外にも 水栓が出来上がりました~♪

もともとあった場所から、移動そして高さをつけ、見た目&機能を up。

ずっとそこにあったような・・ 使い込まれてきたような・・ そんなイメージです。
これから作り上げていく庭のイメージにぴったりだと、母は大変喜んでくれています。

外1

外2
ふぅたmama
家づくり日記
0 0

thema:家作り日記 - genre:ライフ


*家づくり日記* no.15
先日、いつもの月1の定期通院での帰省・・。
でも、いつもと違うのは、帰る家。 そぅ、ついに新居が完成しました~。

まだまだ、仕事の合間を縫った引越し準備で大忙しの日々のようですが、
母らしい、グリーンを多用したしつらえが随所に少しずつですが始まろうとしています。

ie1.jpg

ie2.jpg

ie3.jpg

新しいけれど、不思議と懐かしさを感じるような・・ そんな庭づくり。 数年先が楽しみです!



そして、玄関を入ると・・。
外観とは一変、 和+アジアンの空間が広がっています。

ie4.jpg

ie5.jpg

ie6.jpg

ie7.jpg


料理が得意で、仕事以外では、1日の大半をキッチンで過ごしている母。
こうして、母のステージが完成したことに嬉しさが込み上げてきます・・。


ie8.jpg


はじめての新居でのお泊り・・。

木の香りがふわ~っとする部屋では、なんだか目を閉じると宿にでも来たかのようでした。
"やっぱり木の家はいい~っっ!" 本当に、心からそう感じました。

我が家の怪獣さまも、無垢の床が気にいった様子で、床に顔をつけてゴロゴロしていました。
床暖房がほのかな暖かさで、私もついつい床に体をへばり付けてごろ~ぉん・・。(笑)

かと思えば、怪獣さまったら・・
そう広くはない家ですが、全ての部屋が1つの空間となっているのが気にいった様子で
ぐるぐると走り回り、肌寒い天候の中、お1人さまだけランニング姿で過ごしていました ><;

でも、子供は肌で感じる・・ 一番素直な存在だと私自身思っています。

いつもなら、「おんも~、おんも~!(外)」 と言って、外へばかり連れ出されていましたが、
今回は、アスレチックにでも行ったかのように、部屋の中で楽しそうに過ごせました。

祖母の部屋とを繋ぐウッドデッキもちょうどいい広さでした。
cafeのような寛ぎ感と、山荘にでもいるかのような星空がたまりませんでした。


そんなデッキで子供が遊ぶ姿を、バルコニーから見下ろすのも心地よかった私です。

ie9.jpg

ie10.jpg


この家での私の担当は、雑貨を飾るお仕事。
忙しい母に代わって、少しずつですが 和ジアン空間を作っていけたらと思っています。

あれだけ私のデザインに反対していた父も、すっかりご機嫌な様子でした。
が、褒め言葉は相変わらず一つもなく・・、 「まぁまぁだな・・(笑)」と言った様子。
でも、友人知人を集め、皆で過ごしたいという思いが伝わったので、成功としましょうか。

ただ、義母である祖母の朝、昼、晩・・ +α といったお世話が加算された母は、
なんだか、すっかり痩せ細く、さらにも増して "骨・皮・筋子さん"化していました・・。

生活環境が変わることで、ただでさえ神経を使いますが、この新たな環境に慣れるまで
大変なことが沢山あると思うけれど、その上で 「ありがとう!」と言ってくれた母。

その反面、祖母は85歳とは思えぬほどに ピンピンしていて、若返った様子・・。(大笑)

母の手作り料理がいかに「スタミナ源」であるかを象徴するかのような変化にビックリ~!
それに、寂しさがなくなった祖母は、いつも笑顔がたえなくなりました。


母の味、祖母の味・・ 温故知新な生活の始まりです。


月日と共に味わい深くなっていく、この家が楽しみです。
庭先に植えられた花々も、季節ごとに変化し、ずっと昔からあったような庭になるでしょう。
ふぅたmama
家づくり日記
4 0

thema:家づくり日記 - genre:ライフ


くつろぎ時間。

GW、皆さんはどのようにお過ごしになりましたか。

私は、大半の時間を群馬の実家で過ごしました。

 

昔からの仲間に、その子供たちが我が家へ集まり、呑み処にて宴の始まり。

そこには母の手料理を囲みながら、美女軍団(笑)? と大騒ぎの父の姿あり。

 

夜になり、また別の友人がやってきて・・。

今度はウッドデッキへ場所を変えて まったりトーク。

35_20090506200315.jpg 

「どぉ? 婚活は・・?(笑)」

「いい人 見つかったょ・・。 でもねぇ・・」

 

なぁ~んて、恋のお悩み相談所の始まり始まり~。

11_20090506200308.jpg 

10_20090506200213.jpg  

月灯りの下で、ぷわ~っと煙草を吸うのが心地いい私です。

 

「室内の3帖より、室外の6帖」 いつも心に思っている気持ち。

 

気分は夜cafe~な感じで、ライトアップされたデッキにて過ごす。

は~ぁ~~っっ、 ふぅ~~っっ

呼吸と共に、悩み・不安・不満・・etc 体外へ出ていくイメージ。

 

私の最高の寛ぎ時間でした。

ふぅたmama
家づくり日記
0 0

thema:家づくり日記 - genre:ライフ


| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。