スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふぅたmama
スポンサー広告


続:棚卸し再開します!
 心の棚卸し、しばらくの間 怠ってしまっておりました・・。


結婚までの 短くも濃ーーい棚卸しにより、過去にタイムスリップしては脳がドッと疲れてしまう。
しかし、このblogを通じ、描くことが過去のトラウマから解放させてくれるのも紛れもない事実。

しかし、結婚生活は 戸惑いと不安に押し潰されそうになり、もがき苦しみながら始まった・・。
何をどう描いていいのか? 強烈な苦悩の日々が今でも私をフラッシュバックで苦しめることも。


 でも、描く! そう、描かねば・・。 吐き出して、吐き出して、、そして、今に繋げよう・・。


始まったばかりの結婚生活は、幸せを実感する間もなく、突然の事件によって悲劇の幕開け。
本当にこの人と結婚して良かったのか?? 一言では伝えきれないほどの混乱状態だった私。
きっと、それは彼自身にも伝わっていたのだろうと、時間が経った今なら分かるような気がする。

私たちの夫婦関係は、始まったばかりの生活とは思えないほどに、今にも崩れそうだった・・。
それは、きっと勢いでやらねば出来なかったであろう結婚式、そぅ、その式が重荷になっていた。
そぅ、ついに指輪の交換をしてしまった・・。 皆の前で誓ってしまった・・。 引き戻せない・・。

 笑顔で見守ってくれた参列者の人たちの温かさが、心に突き刺さるようで耐えられなかった。


誰にも言えない・・。 ついこの間、幸せにします! そう誓ってくれた彼の裏切りで泣く日々・・。

そして、その悔しさはやがて怒りに変わり、私は敵から子供を守ろうとする野生動物のように、
彼に牙をたてるかのような、そして、同じ場所で生活することも、許せない・・ 怒りはピークに。
そして、いつからだろう・・ その怒りが徐々に薄れ、感情さえも表に出すことが面倒になっていく。
もう何を言っても彼には伝わらないのでは・・? 伝えることの気力が私にはもう無かった・・。


これから先は、現在パートナーであり、楓太のパパである彼に対するほんの少しの敬意を払って、
具体的な出来事は避け、当時つけていた自身の日記をもとに、blogにしていこうと思う。

どんなに辛くても悲しくても、寂しくても・・その気持ちを一番身近なパートナーである彼に言えず、
彼が寝静まったあと、1人でコツコツと必死で涙を堪えながら、明日を生きるために描いていた・・。 

それは、お腹の赤ちゃんに話しかけるように・・ そして、自分自身の乱れた心を抑えるために・・
彼を信じようとする心を保つために・・  そぅ、幸せになるために描き綴られた日記。


さて、さて、やっと解禁します! 私たちの結婚生活の始まり・・。 心の棚卸し再開です!
スポンサーサイト
ふぅたmama
結婚生活の始まり/続棚卸
0 0

thema:結婚生活 - genre:結婚・家庭生活


結婚生活の始まり no.1
 2007.1.13 私たちは広尾のリストランテagapeにて結婚式を行った。
 
 苦を幸に変換するための儀式、・・ 彼の再起をかけた誓い・・
    それはそれは、  笑顔に包まれた束の間の 幸せな1日だった。


幸せを誓ったあの日から、わずか1ヵ月足らず・・。  ----- 事件は起こってしまったのだった。

そぅ、前妻の妹からの突然の連絡・・。 「姉が事故った・・。」 私たちは急いで病院に向かった。
彼は途中ハンドルを握りしめながら、泣いていた・・。私のために一度として流したことのない涙。
頬をつたう程度の涙は、やがて溢れ出た滝壺のように止まらない・・ 声を出して泣く彼の姿・・。

--- 彼が泣いている・・。 前妻のために、私の隣で泣いている・・。 けれど、私は見守った。
「きっと、大丈夫だょ!」そう励ましながら。 でも、高鳴る私の鼓動は楓太には伝わったはず・・。

何さ、今さら・・。 音沙汰もない、ただただ、毎月高額な養育費を振り込むだけの前妻なのに、
どうして、こんなにも彼は泣くのだろう・・。 やっぱり、彼はまだ彼女を愛しているのか・・?!
ふと過った第6感・・。 あの時、私の母の前で言えなかった一言、それは前妻に対する未練?
自分の意見は胸にしまったままの彼が、一方的に突きつけられた「離婚届」、やはり・・・・・・。

でも、質問に対する答えなど返ってこないと知っている私は、過去のこととして封印していた。
もし、この涙が答えだとしたら・・・?? 高鳴る鼓動を必死で抑えながら向かった前妻の病院。

「1人で行っておいで!私は車で待ってるから・・。」 必死で言った言葉。 でも、、
そこには単純に、嫉妬という一言では片付けられない女としての、いや、母親としての心情が。
思わず、車から降り、大きなお腹で深夜の錦糸町の裏通りを一人、徘徊し始めた私だった・・。

病院から出てきた彼・・。 涙は消えていた。ほっとした様子が何事もないことを知らせてくれた。
「良かったね、たいした怪我じゃなくって・・」 精一杯の作り笑顔で励ます私の瞳には大粒の涙。
心のどこかで思った・・。 もう私の元へ戻ってこないんじゃないかって・・。それでもいいと思った。
彼が自分の気持ちに正直になってくれるのであれば、私は1人になってもいいとさえ感じた。

 翌日・・・、前妻の母から連絡があった。
 それがきっかけになり、私は彼を信じようとする気持ちが押し潰されてしまったのだった。

 彼は言った。
 「お前は強いから大丈夫! でも、前妻は・・・」 

 私、強くなんてないょ・・。知ってるでしょ?!ただの強がりなだけ・・。 本当は弱虫だょ。
 そぅ、他でどんなに強くてもあなたの前では弱くいたかった・・。甘えさせてもらいたかった・・。

 彼は、私と結婚したことを前妻に伝えていなかった。もうすぐ生まれる子供のことももちろん。
 いくらダメな男でも、そこだけはケジメをつけて欲しかった。 
 月々10万ものお金を送金するだけでも大変なこと。それを愚痴ったことなど一度もない私・・。

 せめて、私の知らぬところで、新たな家庭を持つことの報告くらいはしてほしかった。
 それが、私とこれから生まれてくる子供に対しての、今できる父のケジメだと私は思った。

 ----- 前妻はじめ、母親、妹は混乱していた・・。 よりを戻したい?! はぁ・・???


 混乱するのは、あなたたちじゃない・・。 彼でもない・・。 ここにいる私でしょ・・・・・・・・・・。

 彼がきちんと報告していなかったことが招いた、とんでもない悲劇は始まった。

 「私はあと少しで子供が生まれるんだょ!! きちんと伝えてょ、今守るべきはどっちなの?」
 「・・・・・・・・・。」 言葉に詰まる彼。

 マジかぃ?? 私と楓太じゃないの?(怒) 嘘でしょ??答えてよ、ねぇ、答えてょ・・(涙)
 お願いだから・・・・、今、大事なのはどっちなの?? お願い・・ 教えて・・・・・・・・・・ (涙)


 無言は次第に怒りになって、私を苦しめた。
  「今はまだ言えない・・、 お前は強いけど・・・      ・・・。」   


式からわずか1ヵ月足らずの私たち夫婦。 私のお腹には子供がいる、もうすぐ生まれてくる。
私の神経は 昼も、夜も、寝ているときでさえ休まることはなかった。 
そして、隣で眠る彼を眺めながら、殺意さえ芽生えたくらいだ。 消えて無くなって欲しい・・と。

けれど、根底にある怒りを押し殺し、私は前を向いて楓太に会えるその日を楽しみに生きた。

 



 *** 2007.2.6 time/pm11:30  ~Futa Dialy~

 今日から楓太日記をつけよう!って、さっきお風呂に入った時に急に思い立って・・ 
さっそくね、memo を 取り出してみたんだ。
 昨日ね、パパのこと心から憎いって思った。いっつもいっつも逃げてばかり、自分が傷つかない
方法で肝心なことから目を反らしてばかり・・。 今回のことも、そう、私とこれから生まれてくる
楓太のこと、きちんと守ってくれるのか?本当に不安で仕方なくて、悔しいのと情けないのとで
ママはパニック状態だったの・・。

 前妻と子供をかばう発言も許せなかったし、たぶん一生忘れられないパパの言動だと思う。
ものすごく、ママは淋しい気持ち・・。 だから、悔し涙が止まらなくて、発狂することくらいしか
その気持ちを伝えられる手段がなかったの・・。 会話にならない。 いや、彼には通じない・・。
 途中、苦しくてクラクラしてお腹も張ってきた・・。(当時:妊娠8ヵ月)どうしようもなく不安で、
でも、そんな自分を止めることが出来なかった。 
 ただ、ただ、楓太にごめんね。って そう言い続けたの。 ごめんね、楓太って・・。

 一夜明けて、今日がやってきたょ。

 全てを受け入れて、パパと2人で幸せにならなくちゃって心では思っても素直に表現できず。
やっぱり、憎いから悔しいから、ついつい文句言ってしまう・・。 本当は甘えさせてもらいたい。
昨日、淋しかった分だけ、今日は特別に甘えさせてもらいたかった・・。
 けれど、何でだろう・・。また言っちゃった。 「別れる!あなたは私に必要ない!」って・・。
優柔不断で頼りない人って承知の上で、そんなの覚悟で結婚したのに・・。
 まだまだだなぁー、私も。 弱っちぃなー、私。 あー、こんなことくらいでさ、情けないやぁ。


 そんな風に反省しながらね、さっきお風呂に入ったの。 いつものおっぱいマッサージ・・。
そしたらね、にゅ~って、少し黄色っぽい母乳が出たの! えぇ?母乳?って驚いたけど、
もう、嬉しくって嬉しくって、たまらなかったんだ。 
 初めてママにしか出来ないことがしてあげられた感じで、本当に本当に嬉しかったんだ!
思わずね、楓太ーーーー!って、叫んじゃったょ、ママ。(笑)

 きっと、昨日あんなに狂って、大声だして発狂した私に、もうやめて!って楓太が教えてる。
私はもうママなんだからって、ママになることをこの子が教えてくれたんだって思った。
 私の母乳が出たタイミング・・ 絶対にそうだ、そうに違いないって、楓太ありがとう・・。

 楓太が教えてくれた。 もう1人じゃないょって、ママになるんだよって・・。
あーー、反省だょ、ほんっと反省。 私もパパもダメダメだょ・・。
楓太の方が、よっぽど私たちよりしっかりしてるのかも。

 今日から精神的にも落ち着かせて出産に臨もうって思う。 そのための楓太日記。
私は今、妊娠8ヵ月のプレママ・・。 左手の薬指にもしっかり指輪をしている・・。これが現実。
そう、パパと2人、楓太に会える日を楽しみに これから残り少ない妊娠生活を楽しまなきゃね。
 もう、怒ったり、発狂したりしない・・。 楓太のために・・ ママになる自分のために・・。

絶対に幸せになるんだー!! 幸せにしてあげるからねーー、楓太!!!   mamaより 
ふぅたmama
結婚生活の始まり/続棚卸
0 0

thema:結婚生活 - genre:結婚・家庭生活


結婚生活の始まり no.2
*** 2007.2.9 time/pm8:00  ~Futa Dialy~

楓太、今日久しぶりに楓たんに会えたね!(* 妊婦検診によるエコー)
ママね、楓太見て本当に安心したんだ!この前の件からママの調子おかしかったから・・。
けど、1300gまで成長してたから、少しホッとしたょ。 本当に心配だったから・・。

だけどね、楓たんね、逆子なんだって。 ママと同じ方向向いちゃってるの・・。(笑)
他の赤ちゃんはね、楓たんと逆なんだぞぉー! 可愛いぃね、ママと一緒に体操して、
来月までには 逆向けるように頑張っていこうね。

でね、今日病院に行って薬をもらったの。 すっごく怖い薬・・・。 飲めるかなぁ・・。
飲まないと早産の危険性あり。 でも、飲んだら手が目で見てみ分かるくらいブルブル震えたり、
心臓がバクバクしちゃう薬なんだ。 ただでさえ、最近またパニック障害が出てきてるから
出来ることなら薬飲みたくないなぁー。 でも、飲まなかったら楓たんが早く出てきちゃうぅ・・。
 ----- どうしよう。 
でも、精神的に落ち着かせてから飲めば、そんなに酷く症状が現れないってゆうから
パパに1日も早く、ママが落ち着ける環境を作ってもらわないとね・・。
このままだと、“絶対安静” で入院だょー ><; 楓太、ママと一緒に頑張ろうね!
ママ、強くなるから・・。 だから、安心してね・・。

今日までパパに文句ばかり言ってきた。 だってね、楓太とママのこと守ってくれるか・・?!
本当に本当に不安で不安で仕方なかったの。 今も、怖いょ・・。 
けどね、信じてみようかなぁ~って思ってる。

今日、早産の危険性にさらされてることを聞いて、これ以上ママがストレス貯めちゃったら、
絶対だめだ!!!って、心から思ったの。 
きっと、不器用なパパはパパなりに何等かは考えてくれたハズ・・。 きっと・・・。
だから、これから先を見て、信じてみる! ママの愛したパパだから・・。
またいつか、心から “アイシテル” って言えるようになるって、そう信じて。
プラス志向なママは、自分から変わってみせる! ママから変わるょー!      mamaより
ふぅたmama
結婚生活の始まり/続棚卸
0 0

thema:結婚生活 - genre:結婚・家庭生活


結婚生活の始まり no.3
*** 2007.2.11   ~Futa Dialy~

今日で、謝るのは最後にする・・。 ごめんなさい、楓太。 大切な楓太・・。

ママ、いっつも泣いてばかりだね。 今、一番大切なことは私たち夫婦が仲良くいること・・。
それなのに・・。  本当はね、毎日、この大切な今を 写真に撮ったりしたかったょ。
でも、あと少し時間あるから諦めないでパパと仲直りして、楓太がお腹にいる時の思い出を
たっくさん残しておくからね。 

 楓太は望まれて生まれてくる子だょ!  これだけは事実。

明日から、今度こそ反省して、パパに優しくするって決めた!
深夜に家を飛び出して、行くあてもなく、幕張の海を見ながら感じたの。
きっと、いつか、また出逢った頃のように笑いの絶えない毎日がくるって・・。

改めて、パパのこと、好きなんだなぁって思ったょ。
この気持ちに嘘はない・・。 大切にしたいこの気持ち。 これで ごめんは最後だょ。  
                                                 mamaより
ふぅたmama
結婚生活の始まり/続棚卸
0 0

thema:結婚生活 - genre:結婚・家庭生活


結婚生活の始まり no.4
彼は泣いていた・・・・・。 私も泣いていた・・。 

共にこの家で、涙するのはこれが初めて。 以来、一度も彼の涙を見ていない・・。

まぁ、色々うんぬんかんぬんあって、夫婦関係に早くもピリオドを打とうとしていた私。
この人は未練がある・・。 私と一緒になって幸せになれるのか? 自問自答の日々。
彼の中にある、気持ち丸ごと包み込んであげられる器量が今の私に果たしてあるだろうか?

 「ねぇ・・、戻る? 私、大丈夫だょ! 今なら大丈夫・・。悔しいけど、頑張れる!」
精一杯の無理をして彼に言った一言。 不思議と心は穏やかだった。
式に参列してくれた皆の笑顔が鮮明に脳裏を過った。 おじいちゃんごめんね・・と囁きながら。

過去に執着したくない、未来を2人で築いていきたい・・ だから過去のことは彼に聞かなかった。
けれど、彼自身にその終止符が打てなかった以上、私がきちんと彼に尋ねる必要があった。

ついに解禁・・。 内に秘めていた心の叫びを穏やかな波長に乗せて、そっと、ゆっくりと・・・。
すると彼が口を開け、いつもとは違った口調で話し始めた・・。

 「俺は戻るつもりはない・・。 だから、○○と結婚したんだ。○○と楓太は俺が守るから・・。
  だけど、前妻に未練があるわけじゃないけど、子供には何の罪もない・・。
  あいつ(前妻)は、ヒステリックだから、せめて養育費を多く渡すことで、そのお金が
  心の余裕に繋がって、子供を育ててくれれば・・ そう思って、ずっと送金してきた・・。
  だから、それだけはさせて欲しい。 あの子には金でしか愛情を送れないんだよ、俺は・・」

確かに月々10万もの送金は彼以上に、家計を守る主婦である私の方がその重みを知っている。
もし、これが生活費や家賃、医療費に使えたら・・? 家計を苦しめる彼の借金に回せたら・・?


けれど、離れ離れになった我が子を想う彼の気持ちが、痛いほど伝わってきた。
彼の苦しみ、悲しさ、、私に言えない淋しさを、その日初めて知った私、何も言えなかった・・。

 「わかった・・。 養育費の件は何も言わないし、承知の上で一緒になったから。
  でもね、お金の問題じゃないの。 私と楓太を守るって、その言葉が聞けて良かった。
  ありがとう、話してくれて・・。 ごめんね、何もわかってあげられなくて・・。」

 「これから生まれてくる楓太は抱っこしたり、一緒に遊んだりしてあげられる・・。
  でも・・・・・・、(涙、涙、涙・・)    あの子には・・・・・・  ・・。」

言葉に詰まる彼を見ていて苦しかった。 胸が張り裂けそうなくらいその悲しみが伝わってきた。

 「もういいょ・・。 大丈夫。 わかったから・・。 ありがとう・・・・・・。」


こうして、あの事件をきっかけにして、夫婦に1つの絆が芽生えたような気がした・・・・・。



*** 2007.2.13 time/pm9:30  ~Futa Dialy~

楓太! もう心配しなくても大丈夫だからねっ。やっと、リラックスした気持ちに戻ってきたょ。

ママは反省することばっかだなぁ・・。 パパの気持ち、何も分かってあげられていなかった。
私と楓太のために何1つ行動を起こしてくれなかたことも、全部一方的に責め立ててたママ。
いつからだろう・・ パパに文句ばかり言って、何か頼むことも甘えたくても全てが裏返し・・。
素直になれないママの強がりと、パパに対しての頼りないところに怒りでしか対処出来なくて。

そんな毎日をパパはよく我慢してたなぁーって、今は思える。
ママみたいに思ったことを何でも口にして、すぐ態度に表せたらきっと誰もが楽だろう・・。
けどね、楓太のパパは優しいから自分の気持ちを押し通さずに耐えてくれてたんだと思う。
ほんっと、情けなくなっちゃうぅ・・。 気付けなかったパパの優しさを改めてママは知ったの。

先日、パパが前の奥さんと子供のことを思って涙したの。 正直ね、悔しさにも嫉妬もあった。
けどね、分かったんだ・・。 パパはパパなりに ママたちには言わないけれど色々なことを
彼なりに思って、今こうして私と一緒の人生を選んでくれたんだってこと。
----- 気付けなかったの、ママ。 パパの辛い気持ちを少しも理解してあげられなかったの。

だからね、楓太・・ 聞いて。 ママが毎日泣いてたのはパパのせいじゃないょ!
ママがね、ちっぽけだっただけ。 今こうしてパパと2人でいられることを本当に幸せに思うょ。
だから、安心して。 2人で楓太に会えるその日を楽しみに待ってるから・・。
                                                mamaより
ふぅたmama
結婚生活の始まり/続棚卸
0 0

thema:結婚生活 - genre:結婚・家庭生活


結婚生活の始まり no.5
この頃から、2~3週間サイクルで、地元の産婦人科へと通っていた私。
里帰り出産準備のため? 親孝行のため(笑)。 


そんな楽しみの1つだった検診&楓太の成長記録ダイアリー。


*** 2007.2.16 time/pm6:00  ~Futa Dialy~

今ね、病院のロビーでこの日記描いてまぁーす。
今日は、3D4D写真をバッチリ撮ろうと思っていたのに、両手と片っぽの足3本で顔をブロック。
ガッチリガードされてて、顔見えませんでした・・。ママに見せて欲しかったなぁー。また次回。

でね、楓太どんどん大きくなってて、なっ、なんと1680g。 すっごいじゃん!大きいょぉー!
でも、、、、まだ、逆子だって・・。 だから右側を下にして横向きで寝るようにって言われた。
逆子ちゃんだと余計にお腹が張るんだって・・。だから、なるべく触らないようにして下さいって。
今は子宮を柔らかい状態にするのが大切だって。 また、2週間後に会いに来るからね!
その時はお顔をママに見せてね! 頑張ってクルンって回ろう!ママと一緒に頑張ろうっっ!



*** 2007.2.23   ~Futa Dialy~

逆子治すぞーーーーーーーーーー! っと張り切って “お灸” を 購入。 部屋が くっ、くさい・・。
ママ、頑張ってるよー。 熱いけど気持ちはよいわょ。



*** 2007.2.24 time/pm11:55   ~Futa Dialy~

久々に日記らしい日記を描こう。 
最近、仕事が忙しくて・・。 ママ、出産費用のため頑張ってます(笑)!
最近ずっとお灸を購入して毎晩ツボに試してる。昨日なんか何本もやっちゃったょ・・。
ママね、いっつも裸足だったし、冷え症のくせに靴下履かないおバカさんだから逆子なのぉ?
楓太ごめんょ、楓太が安心して下に向けるように、これからはママ頭寒足熱で足温めますから。

でね、、、、、 今日、ビックリすることがあった!!
すっごい横揺れ感じてさ、 「じっ、地震?!」って思ったら、楓太の胎動なの・・・ ウケル。
相当なキック力だわ、ママびっくりして爆笑しちゃったょ。
あと、むにゅ~っっって動く時があってさ、くすぐったくて1人でにやけて笑っちゃう怪しい人だょ。
一体、、、どんな動きしてんのぉ?? 足を5本も口に入れてたり・・ お腹は楽しい??

今日、ママね ベビーベッド組み立てたよ! 義母さんがもらってきてくれたやつ。
ママの大好きなホワイト、とっても可愛いょ~。 かなり腹が邪魔してたけど、頑張ったょ!
早く、楓太がここに居て3人で生活するの楽しみ。 きっとパパも同じ気持ちだと思うょ。

パパに聞いてみたの・・。 「ねぇ・・、パパになる実感あるぅ??」ってさ。 そしたら・・。
なんと30%にまで達してたょ! この前は確か、2~3%くらいだったって言ってるょ。
ま、男性は仕方ないでしょ。(笑) 楓太が生まれたらいっぱい手伝ってもらわないとだから。
今は、ゆっくりでいいからパパになる準備をしてね!きっと不安もあるだろうけど楽しみなはず。

パパ、頑張れ~! フレーフレー、パパ! ぢゃ、楓太おやすみぃ・・zzZ       mamaより
ふぅたmama
結婚生活の始まり/続棚卸
0 0

thema:結婚生活 - genre:結婚・家庭生活


結婚生活の始まり no.6
*** 2007.2.27   ~Futa Dialy~

これが悪夢ならいいのにぃ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

昨日は夕方からT邸で打ち合わせ予定だったの・・。 AMは陶芸教室にも寝坊で行けず・・。
ぐーっすり寝て、夕方 いつも通り車を走らせて、長丁場になる打ち合わせに望んで向かった。

でも、なんかおかしい・・。 ハンドルを握ってるのが精一杯・・。 気持ち悪い・・あぁーー。
昨日はパパの現場が珍しく近くだったから差し入れ持って、打ち合わせ前に寄ってみたの。
で、そのままT邸に向かおうとしたんだけど・・、 途中で完全にDOWN↓↓ どうしたの?
とにかく気持ちが悪い・・・・・・。 そのまま、打ち合わせキャンセルして家に引き返したの。

で、家に帰ってトイレで一発。 オェーーッッ。 口を開いた途端、全てが出てきた。 オェー。
結局、そのまま何度もベッドとトイレの往復を繰り返した。 水を飲むだけでももよおす吐き気。

深夜、何度も病院に行こうか迷ったの。 でも、夜間診療はただの対処。
辛くて耐えきれないほどに夜が長かったけど、とにかく我慢して朝になるのを待ったんだ。
朝まで、一滴の水分さえも飲めない・・・・。 口がカラカラ、飲めば吐き気との戦い・・・・・・。
一体、、朝までに何度吐いたのだろう・・。

ママの不安は楓太のことしかなかった・・。 すっごく心配だった・・。 楓太は大丈夫か?!
けど、いつも通りお腹で動き回ってる胎動が伝わり、ママは安心出来たんだぁ。


朝、ついに朝がやってきた! やっと病院へ。
受付だけ済ませてすぐ処置室へ。 1時間半くらいしてやっと回ってきたママの順番・・・・・。
とにかく脱水症状がひどいので、すぐに点滴をすることになった。
「あのぉー、、、 水が飲めるようにして下さい・・・」 乾いた唇を必死で持ち上げ言った言葉。

それから、また痛みとの闘い・・・。
水分を摂らず12時間以上が経過している上、血管が細く脱水症状で針が刺せない看護婦。
何度もパチパチ腕を叩いては、んー?!と言っては失敗を繰り返す・・。 助けて、早くぅ~!
痛いーーーーー! 痛いーーーー! 痛いーーーーーッッ! 針を刺したままグリグリ・・・。
右腕に3箇所、左腕に2箇所の失敗跡。 同じ場所を何度も繰り返しグリグリしたママの腕は
あっという間に腫れ上がり、ラクダのようにボコンボコンといくつもの山が現れてしまったのだ。
あまりに時間のかかるのを見兼ねてやってきた婦長らしき人が、ついに一発で血管命中!
「助かりました・・。」 かすれた声で、懸命に伝えたありがとうの気持ち。

あんにゃろ~ぉ(怒) 元気があったら嫌味の一言でも言ってやりたかったょ、あいつメ!

それからだ、数袋もの大量の点滴の始まり、始まりぃ~。 ひとまず、これで安心・・・・・。
でも、我が子は大丈夫か?? 胎動が少なくなってきているのは気のせいか??

1日かけて終了した点滴の後、婦人科へ回された私、どうしてもとお願いして診てもらった。
「いやー、お母さん。 元気、元気! すっごい元気ですよー!」って。 ふふふ、さすが楓太。
相変わらず、体育座りして逆子のまま、戻る様子もないままらしい・・ ><;

今日は散々な1日だったけど、1800gに成長していた楓太に思いがけなく会えたからいっか。
結局ママは、過労による疲れと、そこへ風邪的なウィルスが感染した嘔吐だったよう。

しばらくは、身体一番! 現場も、外出も控え目にして、イイ子にプレママしていまぁーす。
                                                mamaより


ふぅたmama
結婚生活の始まり/続棚卸
0 0

thema:赤ちゃんに会えるまで・・・ - genre:結婚・家庭生活


結婚生活の始まり no.7
*** 2007.3.1   ~Futa Dialy~

ついに春だ~って感じ、もう3月に入ったょ。
楓太、ママ復活したょん。 多少の胃のムカつきはあるものの、スタバでお茶time楽しんだ!
食いしん坊ママは、病み上がりを忘れて大暴走・・。 甘いモノには目がありましぇぇん・・。
でも、食べられるって幸せ! 改めて、食べモノが食べられることに感謝の意を胸に・・・。



*** 2007.3.6 time/pm7:00  ~Futa Dialy~

この間の点滴の失敗の跡・・・・・・・。 腕が痛くて痛くて、痛々しいママの腕。
特に手の甲なんか、見れたもんじゃないっての(怒) あいつメ~! 

楓たん、お腹の中はどぉ? 今日は少し肌寒いょ・・。 けど桜が咲き始めたの、ほんと暖冬。
今年はほんっと暖かいからあんまり寒い思いはしてないなぁー、あと1ヵ月で会えるんだね・・。
あ~、なんだか不思議な気分。 今日も張り切って “逆子体操” するぞぉー!
だから、楓太も頑張って回って・・。 お願いよん!



*** 2007.3.9   ~Futa Dialy~

楓太くん、こんちにわ! 今日も健診で群馬だょー! 2086gになってたね。
目指せ、2000gだったから 目標達成だね、やったぁー!
しかーーし、逆子ちゃんのまま。 楓たんね、とっても厄介な格好してるの・・ 回りずらい格好。
だからね、治りずらいかも・・って。 んーーー、悩むところだなぁー ><;
次回の健診、2週間後ではもう間に合わないらしいょ・・。 来週までに治らなければ・・?!
そぅ、、、帝王切開決定らしい!! 嫌ーーーっっ、切りたくない!
だから、楓太頑張って回ってぇやぁ~ぁ。 先生もよく動く子だねって感心してるけど、
その勢いでクルクルっといっちゃって欲しいところだゎ。 お願いします・・。

パパは最近、大塚愛の歌に合わせて ♪チューリップが開かない~ とか、ふざけてる・・。
ひどい話でしょ?! 頑張ろうね、楓太ん! チューリップ、開きますから(笑)

あと、今日4D写真が撮れたんだ! すっごいリアルなの。
パパは、ふてくされたママの顔にそっくりだって言うけど、それでも可愛いーって嬉しいママです。
早く会いたいなー、 どんな顔してるんだろう・・。

そしてそして、、、体重が増えすぎて注意されまくりのママでありますが少し気をつけますか・・。
でも、こんだけ間食しまくり、食べまくり、好き勝手やってきてコレステロール以外は正常!
逆に不思議なくらいさ・・ あはははは~。 きっと里帰りしたら、順子(母)さんの手料理で
きっと少し体重管理できるはず?! ママ1人だと、時間も量も気にせず暴走しちゃうからね。
                                                  mamaより
ふぅたmama
結婚生活の始まり/続棚卸
0 0

thema:赤ちゃんに会えるまで・・・ - genre:結婚・家庭生活


結婚生活の始まり no.8
*** 2007.3.19   ~Futa Dialy~

楓たーん、 約束の期限になってしまったねぇぇ・・。 今日 確認したら、まだ逆子ちゃん・・。
今日までに治らなかったら、帝王切開ってことで、ママは病院にTELしたのょ、予約のために。
そしたらね、楓太の誕生日決められちゃった・・。 4/12だって。 なんか複雑な心境だなぁぁ。
でもね、ちょっと笑っちゃったんだけどさ、楓太ね、左右にグルッと回転してたの!!(笑)
頑張って回ってくれたんだね・・。 でも、ちぃーっと回り方が違ったのね・・ 可愛いぃ・・。
もぅ、ギューーーって抱きしめたくなっちゃうょ、楓太。
ママあと少し、諦めないで体操するし、ツボマサージも頑張ってみる。逆立ちだってしてるょ!
だから楓太も一緒にもう1回グルッと、今度こそ “上下に” 回ってみよ~ぉ!

里帰りまであと残りわずか・・。 パパ1人で大丈夫かなぁ・・。
ママとパパが出逢ってから思えば、こんなにも会わないでいることはなかった気がする・・。
寂しいけど、一緒にいると喧嘩ばかりだから少し離れてママの大切さを知ってくれたらいいな。
ま、パパを信じて、ママは楓太との残り少ないマタニティライフ&里帰り生活を楽しもうっと!!



*** 2007.3.24   ~Futa Dialy~

今日が千葉で過ごす最終日ッス!
次にこのテーブルに座って こうして日記を描いてる時は、ベッドに楓太がいるんだなぁ~っ。
なんだか、思えば思うほどに不思議・・。 でも、すっごく幸せな気持ちでいっぱいだょ・・。
パパとママと、そして楓太の3人で、新たな生活がスタートするんだね・・。楽しみだなぁ。
今日はこれから荷物をまとめて、夜パパに群馬まで送ってもらうんだ。 いざ、出発~!



そして、ついに里帰りが始まることに・・。
なんとか、今日までに物件を完成させ、ギリギリまで働き続けた私。
仕事に関しては悔いはなかった・・、やれるだけのことをやったから・・。 

でも・・、1つ。 そぅ、パパを1人にさせることへの 正直 不安というか、不信感というか・・。

心の中で思っても、決して口には出さずに、パパのこと信じてるんで全然心配ないよって、
心とは裏腹な気持ちを精一杯の笑顔で伝えた・・。 任せとけ! 彼はそう言った・・・・・・。

そして、私は偶然に入った書店でたまたま目にした文庫本を手にした。
文庫本など全く興味のない私が、人生で初めて、自分の意志で購入した本との出逢い。

不安な気持ちを笑顔に変えて、離れ離れになったパパに優しく接することが出来たのは、
紛れもないこの本のお陰だった・・。  この出逢いは偶然ではなく、必然だったのだろう。

不信感や心配事があるたび、携帯を握りしめて ダイヤルをプッシュする代わりに本を開いた。
すると、不思議と怒りや不信感が消え、パパを信じようとする不思議な気持ちへと変わった。
そして、常に 心穏やかな状態を保ち、出産間際には彼への不安感は ほぼ消えていた・・。

彼も1人で頑張ってくれている・・。 だから、私も今は自分を大切にこの生活を楽しもうって。
彼に対する敬意さえ芽生えていたくらい・・。 だから、私も里帰りを満喫することが出来た。

こうして、私は里帰りを思う存分楽しんだ・・。 朝から大きなお腹を抱えてすっ飛びまくり。
毎日のように、ランチやカフェでのスイーツ巡り・・ 友人たちとの楽しいひと時を過ごし・・、
祖母や親戚たちとのお茶べりに花が咲き、帰宅してからは、母の手料理を満喫したのだ!
ふぅたmama
結婚生活の始まり/続棚卸
0 0

thema:赤ちゃんに会えるまで・・・ - genre:結婚・家庭生活


結婚生活の始まり no.9
私は偶然に入った書店でたまたま目にした文庫本を手にした・・。

文庫本など全く興味のない私が、人生で初めて、自分の意志で購入した本との出逢い。
それは、わずか数十分足らずの列車の乗り継ぎで立ち寄った、駅構内の書店だった・・・。

 賢い女は男を立てる ~この人と、もっと幸せになるために~
            ローラ・ドイル 著 / 中山庸子 訳


「男を立てるなんて、なんて時代遅れの話でしょう?!」 と、思った女性にこそ、最高の特効薬。


彼を信じよう・・、心の中ではそう思っていたものの、やはり何度も裏切られるとそう簡単には
元通りの関係に戻ること、いや、もう一度信じてみようと思うこと自体が、困難な心境だった私。

積み重なる彼への不信感を 怒りでしか表現出来なかった私・・。 会話は討論会のよう・・。
喧嘩ごしに会話されて気持ちよく応える人など この世に1人もいないであろうに。
私は、彼のイイところが全く見えずに、目につくところは、優柔不断で頼りないところばかり・・。
“他人と過去は変えられない” 変えられるのは、自分と未来だけ・・ 想っても行動に移せない。

今思えば、そんな変えられるわけのない他人である、彼をコントロールしようとしていたのかも。
昔からそうだった・・。 頼んで伝わらなければ自分でやってしまった方が苦労してでも構わない。
どうせ、理解してもらえないなら、もういい結構! 勝手に解決してしまう私の悪い癖だ・・。
それが、悪循環を生んでいたことすら気づいていなかったのだから、苦労を買ってるようなもの。

何度も、自分から変わろう!昨日までのことは過去のこと・・、そう思って試してきた夫婦関係。
しかし、10を1から噛み砕いて、まるで無知な幼子に伝えるように説明することに疲れていた私。
いや、疲れてることを1つの理由にして、彼との会話が 「面倒くさいこと」 になっていたのかも・・。

なんで、また分かってもらえないの? どうして理解できないの? あなた日本語分かります?

そして、躊躇な日本語で もごもごと自信なさそうに語る彼を見ては激怒・・。 そうじゃない!
答えを決めてかかって、彼に問いただす。 理不尽な行動に目をつぶることが出来なかった。
先を読むことに敏感なことが裏目に出て、信用していないことをほのめかしていたようだった私。


そんな時に、この本に出逢った・・。 出逢うべくして出逢った1冊の本だったのだと思う。

 「パートナーをコントロールしようとするのをやめて、自分が変わると、パートナーは
  昔、自分が好きだった頃の優しい男性に自然と戻っていき、2人の関係が出来あがる」

私は、ドキッとした。 と、同時に恐怖感を感じた・・。 夫婦関係を壊していたのは私のせい?

  ・男はいつでも、女に尊敬してもらいたい
  ・「一歩引く」 この賢さから魅力が溢れ出す
  ・家計は思い切って全部、彼に任せましょう
  ・女の 「感謝の言葉」 は男を英雄気分にする
  ・女が 「期待」 してあげると、男は奮起できる
  ・女はときには 「女優」 に、時には 「外交官」 に   ・・・他、 次々と胸に突き刺さる項目。

 そして・・・、  最後に、あなたが幸せだから、彼も幸せなのです・・。    幸せって?!


特に、私はここに書かれていた 「嫌な女の“7つの習慣”」にまんまと当てはまっていたのだった。
ページを捲るたび、私の言動をそのまま記載されているようで、なんだか彼に詫びたい気分に・・。

 そうだ!今からでも未来は変えられる・・。 彼を信じよう! そして、私から変わろう!!

本を読み終えた私・・。 この本に出逢えたことに運命を感じた。 そして、心から感謝した。
悶々としていた憂鬱感は、スッキリと晴れ渡った雲1つ無い空のようだったのを憶えている・・。


       こうして、迎えた里帰り・・・・。 もう、何の戸惑いも不安もなかった。


1%だって、彼に対する不信感は消えていた・・。 心から信じた、それなのに・・・・・・・・・・・。
この時、私はまだ知らなかった・・。 私と楓太を裏切るようなことをまたしてしまうなんて・・・。           
ふぅたmama
結婚生活の始まり/続棚卸
1 0

thema:赤ちゃんに会えるまで・・・ - genre:結婚・家庭生活


結婚生活の始まり no.10
*** 2007.3.25   ~Futa Dialy~

里帰り初日だょ! 楓たん、どぉ? 群馬はいかが?!

昨夜、仕事が終わってからパパに乗せてきてもらったばっかりなのに・・、ママったら・・・。
ストーブ消し忘れたかも?って 前科があるので本気で心配になって、パパは早朝、千葉へ。
あ~、最後の日なのに、申し訳ないことしてしまったぁぁ・・、ママって本当におっちょこちょい。
淋しいけど、楓太もいるし、家族の皆もいるから大丈夫さ、パパごめんねぇ~。

パパも明日から また、仕事と家事の両立頑張ってね! まっ、独身気分でウッキウキだろう。
少しは楽しみも与えてあげたいし、楓太が生まれてから思いっきりパパ仕事してもらわないと
だから、千葉に戻るまでは、とにかくパパを信じて、リラックスした気分で里帰りを楽しみたい。
もう、ここまで来たらママはドーーーンっと構えますわょー!!

ついに、出産までカウントダウンが始まった感じ・・。 わずか3週間弱・・・・・・・・・・・・。
今日は、頂き物のベビ服を洗ったり、この間買った生地でスイングを縫ったり・・etc
ママは、もう準備に入ってますょ! お腹の中でグルングルン動く楓太を想いながらね・・。



*** 2007.3.26   ~Futa Dialy~

今日は、里帰りしてからの初健診。 なんと、楓太くん2800gにまで成長してたょ!デカイ!
これなら帝王切開でも十分なサイズだね。(笑) ママの食いっぷりが行き渡ってるかなぁ?!
今日はね、逆子が治ってなかったら、手術前検査ってゆうことで、またまた採血、しかも4本も。
だけど、上手な看護婦さんだったから助かったぁ・・・・・。 心電図と胸部レントゲン撮って終了。
来週の検査結果が出たら、「ご家族の方と一緒に」って、、ぅわぁー、なんか、手術って感じ・・。
あー、やっぱり不安ありありだぁ! 切りたくないょーー! 怖いょーー! って叫びたいけど、
楓太が安全に出てきてくれる方法が、帝王切開なら仕方ないね・・。ママ、頑張らなくっちゃ!



*** 2007.4.2   ~Futa Dialy~

今日は、お母さんとお婆ちゃんと3人で楓太に会いに来たんだょ!
でも、袋の中いっぱいいっぱいで、顔はよく見えなかったなぁ・・。けど、相変わらず逆子ちゃん。
今日、手術の説明をしてもらいましたょ。 なんだか、出産の楽しみより手術の不安の方が多い。
でもでも、ママ、楓太と会えるのを楽しみに頑張るょ! オーーーッッ。 あーー、頑張ろっと。
4/12に出産して、19には退院できるらしいょ。 早いねぇぇぇー。
人生の中の、ほんの少しの出来事さ・・。 楓太と一緒だもん、大丈夫さ。 大丈夫!!

帝王切開の切り方についての説明を受けたんだけど、横切りってやつで目立ちにくいらしい。
10cmくらい切って、すぐに細かい糸で縫うんだって。そんで医療用のボンドで傷口を覆うって。
術後2日でシャワーもokだとか・・。10日間シャワー浴びれないつもりでいたから嬉しいなぁ。
しかも、抜糸しないから1週間で退院予定。 それも嬉しい。 のんびりしてられないぞぉー!
よぉーーーーし、手術だ! ママ頑張ってーーーーーぇ! 手術だ、手術だ! あぁ・・・・・・。



*** 2007.4.8   ~Futa Dialy~

今日はすごくいい天気で、お花見に行ったの。 楓太に会える5日前・・・。
ママは心から春の桜を満喫してきたょ。楓太がお腹にいて桜が満開で・・ なんて素敵なこと。
来年は一緒にお花見しようね! パパと3人でね。

あー、ついに本格的にカウントダウン・・・・・・。 本当に生まれてくるんだね・・。
でも、不思議・・。 生まれてくる日が近づいてくるにつれて、ドーンと構えられるもんだね。(笑)
母は強ってこのことだねぇ・・。 何の不安もないょ! 後は、楓太を無事に出産するだけ。

明日は最後の妊婦検診だー!



この時は、不思議なほどに不安が消え去り、心から安堵感に満ちた温かな気持ちだった・・。
手術に対する不安よりも、楓太に会える楽しみの方が大きくて・・。 怖いものはなかった・・。


あの時、もっときちんとこちらから質問をすれば良かったのか? 
でも、正直、初めてのお産で、何を聞けばいいかすら分からなかった・・。

念のために、手術の同意書に 目立つように記載し、さらに言葉を加えたPD障害の不安・・。

「これがうちのやり方です! 傷も目立ちにくいし、皆、この切り方ですから。
 翌日にはシャワーに入れる人もいるんですから・・ はははは・・」 

そう、経験豊富で自信に満ち溢れた 医院長の言葉・・。 そして、不安そうな私に言った。
「大丈夫ですょ、安心して手術に臨んで下さい!」 不安を消してくれたあの言葉は嘘だった。
ふぅたmama
結婚生活の始まり/続棚卸
0 0

thema:赤ちゃんに会えるまで・・・ - genre:結婚・家庭生活


| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。