スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふぅたmama
スポンサー広告


結婚生活の始まり no.9
私は偶然に入った書店でたまたま目にした文庫本を手にした・・。

文庫本など全く興味のない私が、人生で初めて、自分の意志で購入した本との出逢い。
それは、わずか数十分足らずの列車の乗り継ぎで立ち寄った、駅構内の書店だった・・・。

 賢い女は男を立てる ~この人と、もっと幸せになるために~
            ローラ・ドイル 著 / 中山庸子 訳


「男を立てるなんて、なんて時代遅れの話でしょう?!」 と、思った女性にこそ、最高の特効薬。


彼を信じよう・・、心の中ではそう思っていたものの、やはり何度も裏切られるとそう簡単には
元通りの関係に戻ること、いや、もう一度信じてみようと思うこと自体が、困難な心境だった私。

積み重なる彼への不信感を 怒りでしか表現出来なかった私・・。 会話は討論会のよう・・。
喧嘩ごしに会話されて気持ちよく応える人など この世に1人もいないであろうに。
私は、彼のイイところが全く見えずに、目につくところは、優柔不断で頼りないところばかり・・。
“他人と過去は変えられない” 変えられるのは、自分と未来だけ・・ 想っても行動に移せない。

今思えば、そんな変えられるわけのない他人である、彼をコントロールしようとしていたのかも。
昔からそうだった・・。 頼んで伝わらなければ自分でやってしまった方が苦労してでも構わない。
どうせ、理解してもらえないなら、もういい結構! 勝手に解決してしまう私の悪い癖だ・・。
それが、悪循環を生んでいたことすら気づいていなかったのだから、苦労を買ってるようなもの。

何度も、自分から変わろう!昨日までのことは過去のこと・・、そう思って試してきた夫婦関係。
しかし、10を1から噛み砕いて、まるで無知な幼子に伝えるように説明することに疲れていた私。
いや、疲れてることを1つの理由にして、彼との会話が 「面倒くさいこと」 になっていたのかも・・。

なんで、また分かってもらえないの? どうして理解できないの? あなた日本語分かります?

そして、躊躇な日本語で もごもごと自信なさそうに語る彼を見ては激怒・・。 そうじゃない!
答えを決めてかかって、彼に問いただす。 理不尽な行動に目をつぶることが出来なかった。
先を読むことに敏感なことが裏目に出て、信用していないことをほのめかしていたようだった私。


そんな時に、この本に出逢った・・。 出逢うべくして出逢った1冊の本だったのだと思う。

 「パートナーをコントロールしようとするのをやめて、自分が変わると、パートナーは
  昔、自分が好きだった頃の優しい男性に自然と戻っていき、2人の関係が出来あがる」

私は、ドキッとした。 と、同時に恐怖感を感じた・・。 夫婦関係を壊していたのは私のせい?

  ・男はいつでも、女に尊敬してもらいたい
  ・「一歩引く」 この賢さから魅力が溢れ出す
  ・家計は思い切って全部、彼に任せましょう
  ・女の 「感謝の言葉」 は男を英雄気分にする
  ・女が 「期待」 してあげると、男は奮起できる
  ・女はときには 「女優」 に、時には 「外交官」 に   ・・・他、 次々と胸に突き刺さる項目。

 そして・・・、  最後に、あなたが幸せだから、彼も幸せなのです・・。    幸せって?!


特に、私はここに書かれていた 「嫌な女の“7つの習慣”」にまんまと当てはまっていたのだった。
ページを捲るたび、私の言動をそのまま記載されているようで、なんだか彼に詫びたい気分に・・。

 そうだ!今からでも未来は変えられる・・。 彼を信じよう! そして、私から変わろう!!

本を読み終えた私・・。 この本に出逢えたことに運命を感じた。 そして、心から感謝した。
悶々としていた憂鬱感は、スッキリと晴れ渡った雲1つ無い空のようだったのを憶えている・・。


       こうして、迎えた里帰り・・・・。 もう、何の戸惑いも不安もなかった。


1%だって、彼に対する不信感は消えていた・・。 心から信じた、それなのに・・・・・・・・・・・。
この時、私はまだ知らなかった・・。 私と楓太を裏切るようなことをまたしてしまうなんて・・・。           
スポンサーサイト
ふぅたmama
結婚生活の始まり/続棚卸
1 0

thema:赤ちゃんに会えるまで・・・ - genre:結婚・家庭生活


結婚生活の始まり no.8
*** 2007.3.19   ~Futa Dialy~

楓たーん、 約束の期限になってしまったねぇぇ・・。 今日 確認したら、まだ逆子ちゃん・・。
今日までに治らなかったら、帝王切開ってことで、ママは病院にTELしたのょ、予約のために。
そしたらね、楓太の誕生日決められちゃった・・。 4/12だって。 なんか複雑な心境だなぁぁ。
でもね、ちょっと笑っちゃったんだけどさ、楓太ね、左右にグルッと回転してたの!!(笑)
頑張って回ってくれたんだね・・。 でも、ちぃーっと回り方が違ったのね・・ 可愛いぃ・・。
もぅ、ギューーーって抱きしめたくなっちゃうょ、楓太。
ママあと少し、諦めないで体操するし、ツボマサージも頑張ってみる。逆立ちだってしてるょ!
だから楓太も一緒にもう1回グルッと、今度こそ “上下に” 回ってみよ~ぉ!

里帰りまであと残りわずか・・。 パパ1人で大丈夫かなぁ・・。
ママとパパが出逢ってから思えば、こんなにも会わないでいることはなかった気がする・・。
寂しいけど、一緒にいると喧嘩ばかりだから少し離れてママの大切さを知ってくれたらいいな。
ま、パパを信じて、ママは楓太との残り少ないマタニティライフ&里帰り生活を楽しもうっと!!



*** 2007.3.24   ~Futa Dialy~

今日が千葉で過ごす最終日ッス!
次にこのテーブルに座って こうして日記を描いてる時は、ベッドに楓太がいるんだなぁ~っ。
なんだか、思えば思うほどに不思議・・。 でも、すっごく幸せな気持ちでいっぱいだょ・・。
パパとママと、そして楓太の3人で、新たな生活がスタートするんだね・・。楽しみだなぁ。
今日はこれから荷物をまとめて、夜パパに群馬まで送ってもらうんだ。 いざ、出発~!



そして、ついに里帰りが始まることに・・。
なんとか、今日までに物件を完成させ、ギリギリまで働き続けた私。
仕事に関しては悔いはなかった・・、やれるだけのことをやったから・・。 

でも・・、1つ。 そぅ、パパを1人にさせることへの 正直 不安というか、不信感というか・・。

心の中で思っても、決して口には出さずに、パパのこと信じてるんで全然心配ないよって、
心とは裏腹な気持ちを精一杯の笑顔で伝えた・・。 任せとけ! 彼はそう言った・・・・・・。

そして、私は偶然に入った書店でたまたま目にした文庫本を手にした。
文庫本など全く興味のない私が、人生で初めて、自分の意志で購入した本との出逢い。

不安な気持ちを笑顔に変えて、離れ離れになったパパに優しく接することが出来たのは、
紛れもないこの本のお陰だった・・。  この出逢いは偶然ではなく、必然だったのだろう。

不信感や心配事があるたび、携帯を握りしめて ダイヤルをプッシュする代わりに本を開いた。
すると、不思議と怒りや不信感が消え、パパを信じようとする不思議な気持ちへと変わった。
そして、常に 心穏やかな状態を保ち、出産間際には彼への不安感は ほぼ消えていた・・。

彼も1人で頑張ってくれている・・。 だから、私も今は自分を大切にこの生活を楽しもうって。
彼に対する敬意さえ芽生えていたくらい・・。 だから、私も里帰りを満喫することが出来た。

こうして、私は里帰りを思う存分楽しんだ・・。 朝から大きなお腹を抱えてすっ飛びまくり。
毎日のように、ランチやカフェでのスイーツ巡り・・ 友人たちとの楽しいひと時を過ごし・・、
祖母や親戚たちとのお茶べりに花が咲き、帰宅してからは、母の手料理を満喫したのだ!
ふぅたmama
結婚生活の始まり/続棚卸
0 0

thema:赤ちゃんに会えるまで・・・ - genre:結婚・家庭生活


結婚生活の始まり no.7
*** 2007.3.1   ~Futa Dialy~

ついに春だ~って感じ、もう3月に入ったょ。
楓太、ママ復活したょん。 多少の胃のムカつきはあるものの、スタバでお茶time楽しんだ!
食いしん坊ママは、病み上がりを忘れて大暴走・・。 甘いモノには目がありましぇぇん・・。
でも、食べられるって幸せ! 改めて、食べモノが食べられることに感謝の意を胸に・・・。



*** 2007.3.6 time/pm7:00  ~Futa Dialy~

この間の点滴の失敗の跡・・・・・・・。 腕が痛くて痛くて、痛々しいママの腕。
特に手の甲なんか、見れたもんじゃないっての(怒) あいつメ~! 

楓たん、お腹の中はどぉ? 今日は少し肌寒いょ・・。 けど桜が咲き始めたの、ほんと暖冬。
今年はほんっと暖かいからあんまり寒い思いはしてないなぁー、あと1ヵ月で会えるんだね・・。
あ~、なんだか不思議な気分。 今日も張り切って “逆子体操” するぞぉー!
だから、楓太も頑張って回って・・。 お願いよん!



*** 2007.3.9   ~Futa Dialy~

楓太くん、こんちにわ! 今日も健診で群馬だょー! 2086gになってたね。
目指せ、2000gだったから 目標達成だね、やったぁー!
しかーーし、逆子ちゃんのまま。 楓たんね、とっても厄介な格好してるの・・ 回りずらい格好。
だからね、治りずらいかも・・って。 んーーー、悩むところだなぁー ><;
次回の健診、2週間後ではもう間に合わないらしいょ・・。 来週までに治らなければ・・?!
そぅ、、、帝王切開決定らしい!! 嫌ーーーっっ、切りたくない!
だから、楓太頑張って回ってぇやぁ~ぁ。 先生もよく動く子だねって感心してるけど、
その勢いでクルクルっといっちゃって欲しいところだゎ。 お願いします・・。

パパは最近、大塚愛の歌に合わせて ♪チューリップが開かない~ とか、ふざけてる・・。
ひどい話でしょ?! 頑張ろうね、楓太ん! チューリップ、開きますから(笑)

あと、今日4D写真が撮れたんだ! すっごいリアルなの。
パパは、ふてくされたママの顔にそっくりだって言うけど、それでも可愛いーって嬉しいママです。
早く会いたいなー、 どんな顔してるんだろう・・。

そしてそして、、、体重が増えすぎて注意されまくりのママでありますが少し気をつけますか・・。
でも、こんだけ間食しまくり、食べまくり、好き勝手やってきてコレステロール以外は正常!
逆に不思議なくらいさ・・ あはははは~。 きっと里帰りしたら、順子(母)さんの手料理で
きっと少し体重管理できるはず?! ママ1人だと、時間も量も気にせず暴走しちゃうからね。
                                                  mamaより
ふぅたmama
結婚生活の始まり/続棚卸
0 0

thema:赤ちゃんに会えるまで・・・ - genre:結婚・家庭生活


結婚生活の始まり no.6
*** 2007.2.27   ~Futa Dialy~

これが悪夢ならいいのにぃ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

昨日は夕方からT邸で打ち合わせ予定だったの・・。 AMは陶芸教室にも寝坊で行けず・・。
ぐーっすり寝て、夕方 いつも通り車を走らせて、長丁場になる打ち合わせに望んで向かった。

でも、なんかおかしい・・。 ハンドルを握ってるのが精一杯・・。 気持ち悪い・・あぁーー。
昨日はパパの現場が珍しく近くだったから差し入れ持って、打ち合わせ前に寄ってみたの。
で、そのままT邸に向かおうとしたんだけど・・、 途中で完全にDOWN↓↓ どうしたの?
とにかく気持ちが悪い・・・・・・。 そのまま、打ち合わせキャンセルして家に引き返したの。

で、家に帰ってトイレで一発。 オェーーッッ。 口を開いた途端、全てが出てきた。 オェー。
結局、そのまま何度もベッドとトイレの往復を繰り返した。 水を飲むだけでももよおす吐き気。

深夜、何度も病院に行こうか迷ったの。 でも、夜間診療はただの対処。
辛くて耐えきれないほどに夜が長かったけど、とにかく我慢して朝になるのを待ったんだ。
朝まで、一滴の水分さえも飲めない・・・・。 口がカラカラ、飲めば吐き気との戦い・・・・・・。
一体、、朝までに何度吐いたのだろう・・。

ママの不安は楓太のことしかなかった・・。 すっごく心配だった・・。 楓太は大丈夫か?!
けど、いつも通りお腹で動き回ってる胎動が伝わり、ママは安心出来たんだぁ。


朝、ついに朝がやってきた! やっと病院へ。
受付だけ済ませてすぐ処置室へ。 1時間半くらいしてやっと回ってきたママの順番・・・・・。
とにかく脱水症状がひどいので、すぐに点滴をすることになった。
「あのぉー、、、 水が飲めるようにして下さい・・・」 乾いた唇を必死で持ち上げ言った言葉。

それから、また痛みとの闘い・・・。
水分を摂らず12時間以上が経過している上、血管が細く脱水症状で針が刺せない看護婦。
何度もパチパチ腕を叩いては、んー?!と言っては失敗を繰り返す・・。 助けて、早くぅ~!
痛いーーーーー! 痛いーーーー! 痛いーーーーーッッ! 針を刺したままグリグリ・・・。
右腕に3箇所、左腕に2箇所の失敗跡。 同じ場所を何度も繰り返しグリグリしたママの腕は
あっという間に腫れ上がり、ラクダのようにボコンボコンといくつもの山が現れてしまったのだ。
あまりに時間のかかるのを見兼ねてやってきた婦長らしき人が、ついに一発で血管命中!
「助かりました・・。」 かすれた声で、懸命に伝えたありがとうの気持ち。

あんにゃろ~ぉ(怒) 元気があったら嫌味の一言でも言ってやりたかったょ、あいつメ!

それからだ、数袋もの大量の点滴の始まり、始まりぃ~。 ひとまず、これで安心・・・・・。
でも、我が子は大丈夫か?? 胎動が少なくなってきているのは気のせいか??

1日かけて終了した点滴の後、婦人科へ回された私、どうしてもとお願いして診てもらった。
「いやー、お母さん。 元気、元気! すっごい元気ですよー!」って。 ふふふ、さすが楓太。
相変わらず、体育座りして逆子のまま、戻る様子もないままらしい・・ ><;

今日は散々な1日だったけど、1800gに成長していた楓太に思いがけなく会えたからいっか。
結局ママは、過労による疲れと、そこへ風邪的なウィルスが感染した嘔吐だったよう。

しばらくは、身体一番! 現場も、外出も控え目にして、イイ子にプレママしていまぁーす。
                                                mamaより


ふぅたmama
結婚生活の始まり/続棚卸
0 0

thema:赤ちゃんに会えるまで・・・ - genre:結婚・家庭生活


結婚生活の始まり no.5
この頃から、2~3週間サイクルで、地元の産婦人科へと通っていた私。
里帰り出産準備のため? 親孝行のため(笑)。 


そんな楽しみの1つだった検診&楓太の成長記録ダイアリー。


*** 2007.2.16 time/pm6:00  ~Futa Dialy~

今ね、病院のロビーでこの日記描いてまぁーす。
今日は、3D4D写真をバッチリ撮ろうと思っていたのに、両手と片っぽの足3本で顔をブロック。
ガッチリガードされてて、顔見えませんでした・・。ママに見せて欲しかったなぁー。また次回。

でね、楓太どんどん大きくなってて、なっ、なんと1680g。 すっごいじゃん!大きいょぉー!
でも、、、、まだ、逆子だって・・。 だから右側を下にして横向きで寝るようにって言われた。
逆子ちゃんだと余計にお腹が張るんだって・・。だから、なるべく触らないようにして下さいって。
今は子宮を柔らかい状態にするのが大切だって。 また、2週間後に会いに来るからね!
その時はお顔をママに見せてね! 頑張ってクルンって回ろう!ママと一緒に頑張ろうっっ!



*** 2007.2.23   ~Futa Dialy~

逆子治すぞーーーーーーーーーー! っと張り切って “お灸” を 購入。 部屋が くっ、くさい・・。
ママ、頑張ってるよー。 熱いけど気持ちはよいわょ。



*** 2007.2.24 time/pm11:55   ~Futa Dialy~

久々に日記らしい日記を描こう。 
最近、仕事が忙しくて・・。 ママ、出産費用のため頑張ってます(笑)!
最近ずっとお灸を購入して毎晩ツボに試してる。昨日なんか何本もやっちゃったょ・・。
ママね、いっつも裸足だったし、冷え症のくせに靴下履かないおバカさんだから逆子なのぉ?
楓太ごめんょ、楓太が安心して下に向けるように、これからはママ頭寒足熱で足温めますから。

でね、、、、、 今日、ビックリすることがあった!!
すっごい横揺れ感じてさ、 「じっ、地震?!」って思ったら、楓太の胎動なの・・・ ウケル。
相当なキック力だわ、ママびっくりして爆笑しちゃったょ。
あと、むにゅ~っっって動く時があってさ、くすぐったくて1人でにやけて笑っちゃう怪しい人だょ。
一体、、、どんな動きしてんのぉ?? 足を5本も口に入れてたり・・ お腹は楽しい??

今日、ママね ベビーベッド組み立てたよ! 義母さんがもらってきてくれたやつ。
ママの大好きなホワイト、とっても可愛いょ~。 かなり腹が邪魔してたけど、頑張ったょ!
早く、楓太がここに居て3人で生活するの楽しみ。 きっとパパも同じ気持ちだと思うょ。

パパに聞いてみたの・・。 「ねぇ・・、パパになる実感あるぅ??」ってさ。 そしたら・・。
なんと30%にまで達してたょ! この前は確か、2~3%くらいだったって言ってるょ。
ま、男性は仕方ないでしょ。(笑) 楓太が生まれたらいっぱい手伝ってもらわないとだから。
今は、ゆっくりでいいからパパになる準備をしてね!きっと不安もあるだろうけど楽しみなはず。

パパ、頑張れ~! フレーフレー、パパ! ぢゃ、楓太おやすみぃ・・zzZ       mamaより
ふぅたmama
結婚生活の始まり/続棚卸
0 0

thema:結婚生活 - genre:結婚・家庭生活


結婚生活の始まり no.4
彼は泣いていた・・・・・。 私も泣いていた・・。 

共にこの家で、涙するのはこれが初めて。 以来、一度も彼の涙を見ていない・・。

まぁ、色々うんぬんかんぬんあって、夫婦関係に早くもピリオドを打とうとしていた私。
この人は未練がある・・。 私と一緒になって幸せになれるのか? 自問自答の日々。
彼の中にある、気持ち丸ごと包み込んであげられる器量が今の私に果たしてあるだろうか?

 「ねぇ・・、戻る? 私、大丈夫だょ! 今なら大丈夫・・。悔しいけど、頑張れる!」
精一杯の無理をして彼に言った一言。 不思議と心は穏やかだった。
式に参列してくれた皆の笑顔が鮮明に脳裏を過った。 おじいちゃんごめんね・・と囁きながら。

過去に執着したくない、未来を2人で築いていきたい・・ だから過去のことは彼に聞かなかった。
けれど、彼自身にその終止符が打てなかった以上、私がきちんと彼に尋ねる必要があった。

ついに解禁・・。 内に秘めていた心の叫びを穏やかな波長に乗せて、そっと、ゆっくりと・・・。
すると彼が口を開け、いつもとは違った口調で話し始めた・・。

 「俺は戻るつもりはない・・。 だから、○○と結婚したんだ。○○と楓太は俺が守るから・・。
  だけど、前妻に未練があるわけじゃないけど、子供には何の罪もない・・。
  あいつ(前妻)は、ヒステリックだから、せめて養育費を多く渡すことで、そのお金が
  心の余裕に繋がって、子供を育ててくれれば・・ そう思って、ずっと送金してきた・・。
  だから、それだけはさせて欲しい。 あの子には金でしか愛情を送れないんだよ、俺は・・」

確かに月々10万もの送金は彼以上に、家計を守る主婦である私の方がその重みを知っている。
もし、これが生活費や家賃、医療費に使えたら・・? 家計を苦しめる彼の借金に回せたら・・?


けれど、離れ離れになった我が子を想う彼の気持ちが、痛いほど伝わってきた。
彼の苦しみ、悲しさ、、私に言えない淋しさを、その日初めて知った私、何も言えなかった・・。

 「わかった・・。 養育費の件は何も言わないし、承知の上で一緒になったから。
  でもね、お金の問題じゃないの。 私と楓太を守るって、その言葉が聞けて良かった。
  ありがとう、話してくれて・・。 ごめんね、何もわかってあげられなくて・・。」

 「これから生まれてくる楓太は抱っこしたり、一緒に遊んだりしてあげられる・・。
  でも・・・・・・、(涙、涙、涙・・)    あの子には・・・・・・  ・・。」

言葉に詰まる彼を見ていて苦しかった。 胸が張り裂けそうなくらいその悲しみが伝わってきた。

 「もういいょ・・。 大丈夫。 わかったから・・。 ありがとう・・・・・・。」


こうして、あの事件をきっかけにして、夫婦に1つの絆が芽生えたような気がした・・・・・。



*** 2007.2.13 time/pm9:30  ~Futa Dialy~

楓太! もう心配しなくても大丈夫だからねっ。やっと、リラックスした気持ちに戻ってきたょ。

ママは反省することばっかだなぁ・・。 パパの気持ち、何も分かってあげられていなかった。
私と楓太のために何1つ行動を起こしてくれなかたことも、全部一方的に責め立ててたママ。
いつからだろう・・ パパに文句ばかり言って、何か頼むことも甘えたくても全てが裏返し・・。
素直になれないママの強がりと、パパに対しての頼りないところに怒りでしか対処出来なくて。

そんな毎日をパパはよく我慢してたなぁーって、今は思える。
ママみたいに思ったことを何でも口にして、すぐ態度に表せたらきっと誰もが楽だろう・・。
けどね、楓太のパパは優しいから自分の気持ちを押し通さずに耐えてくれてたんだと思う。
ほんっと、情けなくなっちゃうぅ・・。 気付けなかったパパの優しさを改めてママは知ったの。

先日、パパが前の奥さんと子供のことを思って涙したの。 正直ね、悔しさにも嫉妬もあった。
けどね、分かったんだ・・。 パパはパパなりに ママたちには言わないけれど色々なことを
彼なりに思って、今こうして私と一緒の人生を選んでくれたんだってこと。
----- 気付けなかったの、ママ。 パパの辛い気持ちを少しも理解してあげられなかったの。

だからね、楓太・・ 聞いて。 ママが毎日泣いてたのはパパのせいじゃないょ!
ママがね、ちっぽけだっただけ。 今こうしてパパと2人でいられることを本当に幸せに思うょ。
だから、安心して。 2人で楓太に会えるその日を楽しみに待ってるから・・。
                                                mamaより
ふぅたmama
結婚生活の始まり/続棚卸
0 0

thema:結婚生活 - genre:結婚・家庭生活


結婚生活の始まり no.3
*** 2007.2.11   ~Futa Dialy~

今日で、謝るのは最後にする・・。 ごめんなさい、楓太。 大切な楓太・・。

ママ、いっつも泣いてばかりだね。 今、一番大切なことは私たち夫婦が仲良くいること・・。
それなのに・・。  本当はね、毎日、この大切な今を 写真に撮ったりしたかったょ。
でも、あと少し時間あるから諦めないでパパと仲直りして、楓太がお腹にいる時の思い出を
たっくさん残しておくからね。 

 楓太は望まれて生まれてくる子だょ!  これだけは事実。

明日から、今度こそ反省して、パパに優しくするって決めた!
深夜に家を飛び出して、行くあてもなく、幕張の海を見ながら感じたの。
きっと、いつか、また出逢った頃のように笑いの絶えない毎日がくるって・・。

改めて、パパのこと、好きなんだなぁって思ったょ。
この気持ちに嘘はない・・。 大切にしたいこの気持ち。 これで ごめんは最後だょ。  
                                                 mamaより
ふぅたmama
結婚生活の始まり/続棚卸
0 0

thema:結婚生活 - genre:結婚・家庭生活


結婚生活の始まり no.2
*** 2007.2.9 time/pm8:00  ~Futa Dialy~

楓太、今日久しぶりに楓たんに会えたね!(* 妊婦検診によるエコー)
ママね、楓太見て本当に安心したんだ!この前の件からママの調子おかしかったから・・。
けど、1300gまで成長してたから、少しホッとしたょ。 本当に心配だったから・・。

だけどね、楓たんね、逆子なんだって。 ママと同じ方向向いちゃってるの・・。(笑)
他の赤ちゃんはね、楓たんと逆なんだぞぉー! 可愛いぃね、ママと一緒に体操して、
来月までには 逆向けるように頑張っていこうね。

でね、今日病院に行って薬をもらったの。 すっごく怖い薬・・・。 飲めるかなぁ・・。
飲まないと早産の危険性あり。 でも、飲んだら手が目で見てみ分かるくらいブルブル震えたり、
心臓がバクバクしちゃう薬なんだ。 ただでさえ、最近またパニック障害が出てきてるから
出来ることなら薬飲みたくないなぁー。 でも、飲まなかったら楓たんが早く出てきちゃうぅ・・。
 ----- どうしよう。 
でも、精神的に落ち着かせてから飲めば、そんなに酷く症状が現れないってゆうから
パパに1日も早く、ママが落ち着ける環境を作ってもらわないとね・・。
このままだと、“絶対安静” で入院だょー ><; 楓太、ママと一緒に頑張ろうね!
ママ、強くなるから・・。 だから、安心してね・・。

今日までパパに文句ばかり言ってきた。 だってね、楓太とママのこと守ってくれるか・・?!
本当に本当に不安で不安で仕方なかったの。 今も、怖いょ・・。 
けどね、信じてみようかなぁ~って思ってる。

今日、早産の危険性にさらされてることを聞いて、これ以上ママがストレス貯めちゃったら、
絶対だめだ!!!って、心から思ったの。 
きっと、不器用なパパはパパなりに何等かは考えてくれたハズ・・。 きっと・・・。
だから、これから先を見て、信じてみる! ママの愛したパパだから・・。
またいつか、心から “アイシテル” って言えるようになるって、そう信じて。
プラス志向なママは、自分から変わってみせる! ママから変わるょー!      mamaより
ふぅたmama
結婚生活の始まり/続棚卸
0 0

thema:結婚生活 - genre:結婚・家庭生活


結婚生活の始まり no.1
 2007.1.13 私たちは広尾のリストランテagapeにて結婚式を行った。
 
 苦を幸に変換するための儀式、・・ 彼の再起をかけた誓い・・
    それはそれは、  笑顔に包まれた束の間の 幸せな1日だった。


幸せを誓ったあの日から、わずか1ヵ月足らず・・。  ----- 事件は起こってしまったのだった。

そぅ、前妻の妹からの突然の連絡・・。 「姉が事故った・・。」 私たちは急いで病院に向かった。
彼は途中ハンドルを握りしめながら、泣いていた・・。私のために一度として流したことのない涙。
頬をつたう程度の涙は、やがて溢れ出た滝壺のように止まらない・・ 声を出して泣く彼の姿・・。

--- 彼が泣いている・・。 前妻のために、私の隣で泣いている・・。 けれど、私は見守った。
「きっと、大丈夫だょ!」そう励ましながら。 でも、高鳴る私の鼓動は楓太には伝わったはず・・。

何さ、今さら・・。 音沙汰もない、ただただ、毎月高額な養育費を振り込むだけの前妻なのに、
どうして、こんなにも彼は泣くのだろう・・。 やっぱり、彼はまだ彼女を愛しているのか・・?!
ふと過った第6感・・。 あの時、私の母の前で言えなかった一言、それは前妻に対する未練?
自分の意見は胸にしまったままの彼が、一方的に突きつけられた「離婚届」、やはり・・・・・・。

でも、質問に対する答えなど返ってこないと知っている私は、過去のこととして封印していた。
もし、この涙が答えだとしたら・・・?? 高鳴る鼓動を必死で抑えながら向かった前妻の病院。

「1人で行っておいで!私は車で待ってるから・・。」 必死で言った言葉。 でも、、
そこには単純に、嫉妬という一言では片付けられない女としての、いや、母親としての心情が。
思わず、車から降り、大きなお腹で深夜の錦糸町の裏通りを一人、徘徊し始めた私だった・・。

病院から出てきた彼・・。 涙は消えていた。ほっとした様子が何事もないことを知らせてくれた。
「良かったね、たいした怪我じゃなくって・・」 精一杯の作り笑顔で励ます私の瞳には大粒の涙。
心のどこかで思った・・。 もう私の元へ戻ってこないんじゃないかって・・。それでもいいと思った。
彼が自分の気持ちに正直になってくれるのであれば、私は1人になってもいいとさえ感じた。

 翌日・・・、前妻の母から連絡があった。
 それがきっかけになり、私は彼を信じようとする気持ちが押し潰されてしまったのだった。

 彼は言った。
 「お前は強いから大丈夫! でも、前妻は・・・」 

 私、強くなんてないょ・・。知ってるでしょ?!ただの強がりなだけ・・。 本当は弱虫だょ。
 そぅ、他でどんなに強くてもあなたの前では弱くいたかった・・。甘えさせてもらいたかった・・。

 彼は、私と結婚したことを前妻に伝えていなかった。もうすぐ生まれる子供のことももちろん。
 いくらダメな男でも、そこだけはケジメをつけて欲しかった。 
 月々10万ものお金を送金するだけでも大変なこと。それを愚痴ったことなど一度もない私・・。

 せめて、私の知らぬところで、新たな家庭を持つことの報告くらいはしてほしかった。
 それが、私とこれから生まれてくる子供に対しての、今できる父のケジメだと私は思った。

 ----- 前妻はじめ、母親、妹は混乱していた・・。 よりを戻したい?! はぁ・・???


 混乱するのは、あなたたちじゃない・・。 彼でもない・・。 ここにいる私でしょ・・・・・・・・・・。

 彼がきちんと報告していなかったことが招いた、とんでもない悲劇は始まった。

 「私はあと少しで子供が生まれるんだょ!! きちんと伝えてょ、今守るべきはどっちなの?」
 「・・・・・・・・・。」 言葉に詰まる彼。

 マジかぃ?? 私と楓太じゃないの?(怒) 嘘でしょ??答えてよ、ねぇ、答えてょ・・(涙)
 お願いだから・・・・、今、大事なのはどっちなの?? お願い・・ 教えて・・・・・・・・・・ (涙)


 無言は次第に怒りになって、私を苦しめた。
  「今はまだ言えない・・、 お前は強いけど・・・      ・・・。」   


式からわずか1ヵ月足らずの私たち夫婦。 私のお腹には子供がいる、もうすぐ生まれてくる。
私の神経は 昼も、夜も、寝ているときでさえ休まることはなかった。 
そして、隣で眠る彼を眺めながら、殺意さえ芽生えたくらいだ。 消えて無くなって欲しい・・と。

けれど、根底にある怒りを押し殺し、私は前を向いて楓太に会えるその日を楽しみに生きた。

 



 *** 2007.2.6 time/pm11:30  ~Futa Dialy~

 今日から楓太日記をつけよう!って、さっきお風呂に入った時に急に思い立って・・ 
さっそくね、memo を 取り出してみたんだ。
 昨日ね、パパのこと心から憎いって思った。いっつもいっつも逃げてばかり、自分が傷つかない
方法で肝心なことから目を反らしてばかり・・。 今回のことも、そう、私とこれから生まれてくる
楓太のこと、きちんと守ってくれるのか?本当に不安で仕方なくて、悔しいのと情けないのとで
ママはパニック状態だったの・・。

 前妻と子供をかばう発言も許せなかったし、たぶん一生忘れられないパパの言動だと思う。
ものすごく、ママは淋しい気持ち・・。 だから、悔し涙が止まらなくて、発狂することくらいしか
その気持ちを伝えられる手段がなかったの・・。 会話にならない。 いや、彼には通じない・・。
 途中、苦しくてクラクラしてお腹も張ってきた・・。(当時:妊娠8ヵ月)どうしようもなく不安で、
でも、そんな自分を止めることが出来なかった。 
 ただ、ただ、楓太にごめんね。って そう言い続けたの。 ごめんね、楓太って・・。

 一夜明けて、今日がやってきたょ。

 全てを受け入れて、パパと2人で幸せにならなくちゃって心では思っても素直に表現できず。
やっぱり、憎いから悔しいから、ついつい文句言ってしまう・・。 本当は甘えさせてもらいたい。
昨日、淋しかった分だけ、今日は特別に甘えさせてもらいたかった・・。
 けれど、何でだろう・・。また言っちゃった。 「別れる!あなたは私に必要ない!」って・・。
優柔不断で頼りない人って承知の上で、そんなの覚悟で結婚したのに・・。
 まだまだだなぁー、私も。 弱っちぃなー、私。 あー、こんなことくらいでさ、情けないやぁ。


 そんな風に反省しながらね、さっきお風呂に入ったの。 いつものおっぱいマッサージ・・。
そしたらね、にゅ~って、少し黄色っぽい母乳が出たの! えぇ?母乳?って驚いたけど、
もう、嬉しくって嬉しくって、たまらなかったんだ。 
 初めてママにしか出来ないことがしてあげられた感じで、本当に本当に嬉しかったんだ!
思わずね、楓太ーーーー!って、叫んじゃったょ、ママ。(笑)

 きっと、昨日あんなに狂って、大声だして発狂した私に、もうやめて!って楓太が教えてる。
私はもうママなんだからって、ママになることをこの子が教えてくれたんだって思った。
 私の母乳が出たタイミング・・ 絶対にそうだ、そうに違いないって、楓太ありがとう・・。

 楓太が教えてくれた。 もう1人じゃないょって、ママになるんだよって・・。
あーー、反省だょ、ほんっと反省。 私もパパもダメダメだょ・・。
楓太の方が、よっぽど私たちよりしっかりしてるのかも。

 今日から精神的にも落ち着かせて出産に臨もうって思う。 そのための楓太日記。
私は今、妊娠8ヵ月のプレママ・・。 左手の薬指にもしっかり指輪をしている・・。これが現実。
そう、パパと2人、楓太に会える日を楽しみに これから残り少ない妊娠生活を楽しまなきゃね。
 もう、怒ったり、発狂したりしない・・。 楓太のために・・ ママになる自分のために・・。

絶対に幸せになるんだー!! 幸せにしてあげるからねーー、楓太!!!   mamaより 
ふぅたmama
結婚生活の始まり/続棚卸
0 0

thema:結婚生活 - genre:結婚・家庭生活


続:棚卸し再開します!
 心の棚卸し、しばらくの間 怠ってしまっておりました・・。


結婚までの 短くも濃ーーい棚卸しにより、過去にタイムスリップしては脳がドッと疲れてしまう。
しかし、このblogを通じ、描くことが過去のトラウマから解放させてくれるのも紛れもない事実。

しかし、結婚生活は 戸惑いと不安に押し潰されそうになり、もがき苦しみながら始まった・・。
何をどう描いていいのか? 強烈な苦悩の日々が今でも私をフラッシュバックで苦しめることも。


 でも、描く! そう、描かねば・・。 吐き出して、吐き出して、、そして、今に繋げよう・・。


始まったばかりの結婚生活は、幸せを実感する間もなく、突然の事件によって悲劇の幕開け。
本当にこの人と結婚して良かったのか?? 一言では伝えきれないほどの混乱状態だった私。
きっと、それは彼自身にも伝わっていたのだろうと、時間が経った今なら分かるような気がする。

私たちの夫婦関係は、始まったばかりの生活とは思えないほどに、今にも崩れそうだった・・。
それは、きっと勢いでやらねば出来なかったであろう結婚式、そぅ、その式が重荷になっていた。
そぅ、ついに指輪の交換をしてしまった・・。 皆の前で誓ってしまった・・。 引き戻せない・・。

 笑顔で見守ってくれた参列者の人たちの温かさが、心に突き刺さるようで耐えられなかった。


誰にも言えない・・。 ついこの間、幸せにします! そう誓ってくれた彼の裏切りで泣く日々・・。

そして、その悔しさはやがて怒りに変わり、私は敵から子供を守ろうとする野生動物のように、
彼に牙をたてるかのような、そして、同じ場所で生活することも、許せない・・ 怒りはピークに。
そして、いつからだろう・・ その怒りが徐々に薄れ、感情さえも表に出すことが面倒になっていく。
もう何を言っても彼には伝わらないのでは・・? 伝えることの気力が私にはもう無かった・・。


これから先は、現在パートナーであり、楓太のパパである彼に対するほんの少しの敬意を払って、
具体的な出来事は避け、当時つけていた自身の日記をもとに、blogにしていこうと思う。

どんなに辛くても悲しくても、寂しくても・・その気持ちを一番身近なパートナーである彼に言えず、
彼が寝静まったあと、1人でコツコツと必死で涙を堪えながら、明日を生きるために描いていた・・。 

それは、お腹の赤ちゃんに話しかけるように・・ そして、自分自身の乱れた心を抑えるために・・
彼を信じようとする心を保つために・・  そぅ、幸せになるために描き綴られた日記。


さて、さて、やっと解禁します! 私たちの結婚生活の始まり・・。 心の棚卸し再開です!
ふぅたmama
結婚生活の始まり/続棚卸
0 0

thema:結婚生活 - genre:結婚・家庭生活


PD回復へ向かって。
 ただいまぁ・・。  無事に実家に帰ってくることが出来ました!

 やっぱり、生まれ育った この地に立ち、ここの空気を吸っていると子供に還れる、不思議・・。
 「ねぇ、お母さ~ん、お腹減ったぁ~!」 なぁーんて、ごろ~ぉんと一眠り・・。


 それは余談として、 今回 なっ、なんと 私にとっての素晴らしい前進がありましたぁぁ!

 PD障害になって、鬱を併発してからの私の生活は・・ 洗車機にも入れないほどの恐怖症に。
一時は、人も、のどかな田園風景も、夜の暗さも、我が子さえも・・ 恐怖の源となっていました。


エレベーターもドアが閉まると同時に一気に不安が発作への恐怖と導き出し、慌てて開を押す。
それが、次第に1階ごとに乗れるようになり、高層階まで行き、不安になりながらも景色を堪能。
かと思えば、先日、PDに初めてなった高速道路さえ、運転が出来るようになった私・・。
まだ、700円領域の首都高は難しいが、徐々に恐怖が自信と共に軽減しているのがわかる。

 今回、バスに乗り、電車に乗車し、(しかも、初めての快速デビュー!)、新幹線にもトライした。

PDの人にしか分からないだろうが、自由のきかない場所=自己のコントロールの利かない
特定の場所になると一気に不安が恐怖へと達し、その恐怖はパニック発作として現われてしまう。
私の場合、その特定の場所は「乗り物」に多い、というか、ほぼ乗り物恐怖症と同じだった。


鬱を併発して以来の初めての電車デビュー時には、安定剤である頓服を握りしめ、生きた心地の
しない、それはそれは恐怖に満ちた状態だった。人の乗車の少ない時間、乗り換えのないルート、
そして、地下鉄は回避しながらなんとか千葉の自宅に荷物を引き取りに帰ったのを憶えている。
 
一度、地下鉄に入ったら最後・・・・・・。 ドアが閉まります、ご注意ください! というアナウンスと
共に閉まるドアを見つめながら、心臓は口から出てしまいそうなほどに高鳴り、恐怖で体が震る。
「助けてーーー! 私を降ろしてーーーーー!!」 大きな声で叫びたいほどに恐怖で包まれる。
いざという時の頓服を無造作に口に放り投げ、「大丈夫・・ 私は死なない・・、大丈夫・・。」
そう言い聞かせながら、呼吸を整え必死で座っていた私・・。
地上に出たと同時に、次の駅で下車。 いくつもの電車を乗り過ごし、勇気を出してまた乗車・・。
ただ、乗って移動するだけ・・ そんな簡単なことなのにって思われるかもしれないが、一大事。


そんな私が、各駅トレーニングをしながらクリニックの通院のために実家へと戻る練習を重ねた。
もちろん、ベビカに大きな荷物を下げて、そこにはまだ歩けないやんちゃな怪獣が一緒なのだ。
初めのころは、大丈夫かなぁ・・?!もし、何かあったらどうしよう・・と不安から頓服は手放せず。

けれど、いつからだろうか・・  なんか平気かも・・って何度も何度もトレーニングを重ねた結果、
あっ、もう各駅は大丈夫かも!って、そう思えるようになったんだ。 あんなに怖かったのに・・。

 それと同時に芽生えた心、それが我が子の心強い支えだと気付いた。

泣きわめく声も、奇声さえもが、私を必要としている声に聞こえてきたのだ・・。
「僕がここに一緒にいるから大丈夫だよ!」 そんな風に思えてきたから、これまた不思議。

私は一人じゃ無い、2人なんだから大丈夫! 「大丈夫かな? が 大丈夫!」 に 変わった。


そして、今回、1つ1つの駅で止まる安心感のより高い各駅列車から、快速へとチャレンジした。
多少の不安はあったものの、なんだか大丈夫!何かあったとしても誰か助けてくれるだろう。
そんな軽い気持ちで構えずに当り前のように乗ってみた。 恐かったら途中で降りればいいや!

でも、あれれれれ・・ 全然怖くなかった! 子供を通じた世間話さえもしている自分がいた・・。
実際に自分の発作の心配をしているほど甘くはなく、怪獣で手いっぱいっていう現実もあるが、
そんな手いっぱいの状態をこなせる自分に戻っていることが、更に大きな自信につながった。

   そして、東京駅での乗り換え・・。
   よーーし、新幹線いってみっか!! 向かった先は、新幹線乗継手続き窓口・・。

不安はなかったわけではない、けれど、乗ってみたい気持ちがそれを打ち消したのだった。
「乗れるかも・・ 今なら大丈夫かも・・。」 目的地までの半分、大宮までの切符を購入した私。
新幹線が初となる楓太との記念撮影をしながら、お弁当を買って列に並んだ途端・・ 
   「あっ・・」 一瞬、怖い!そう思ってしまった・・。
でも、初めて見る新幹線に大興奮の楓太の楽しそうな顔を見た瞬間、この子と一緒に新幹線を
思いっきり楽しもう♪ 不安がここでまた楽しみに変わった。また、我が子に助けてもらった私。

そんな不安はどこへやら? 快適な新幹線での移動で私は久々の旅気分を味わったのだった。
あー、こんなことなら高崎まで購入すれば良かった~><;って思えるほどに、快適だった新幹線。

 新幹線ホーム ← 楓太、初の新幹線。  天むす ← 天むす旨いっ


夢のまた夢・・ つい最近までそう思っていた新幹線にまた乗れた!!! これは凄いこと!
回復している・・。 そして、確実に不安に対処できる自分になってきていることが分かる。


 回避することでしか、前に進めなかったPD&鬱が併発した私の生活・・。

けれど、何度も不安になり、その不安を自分自身で打ち消すことができることがわかったから、
あきらめずにチャレンジしてみようって思えるようになれたような気がする。 そして・・、
こんな私に一番の勇気と安心を与えてくれたのは、紛れもない我が子の成長である。

 
「おぃ、ママ!お前が怖がってどうする!俺はまだ一人じゃ何も出来ないんだぞぉ~!笑」って。
     もし、今言葉が話せるとしたならば、きっとこう言っているのかな・・。

これが、大人しくて静かな子だったら私の症状は改善していないかもしれない。
恐ろしいほどに手がかかり、やんちゃで生意気な怪獣だからこそ、回復しているのかも・・って。


 徒歩に始まり、バス、電車、新幹線、、高速道路、、、  どんどん出来ることが増えてるょ!


いつか、飛行機にまた乗りたいなぁ~って、空を飛ぶ飛行機を見て思えるまでに回復しました。
これは、単にPDが改善したのではなく、それ以上に恐ろしい鬱の状態を経験した生き地獄を
体験したからこそ、PDの一時的な発作に対処できるまでになたのかもしれませんが、それでも、
あきらめずに日々病気と付き合いながらも、ゆっくり大切に一日に感謝しながら生きることで
きっと、きっと PDの方たちにも素晴らしい前進の日が来ると信じて、これを描いています。

私もまだまだ患者の身です・・。 けれど、だからこそ伝えられることがあればと思っています。 
ふぅたmama
「PD+うつ病」 ・・ing
0 0

thema:パニック障害(PD) - genre:心と身体


明太子***
 私の小さな夢の1つ。

   「明太子」 を 迷わずにカゴに入れられる主婦になること・・。 ぇえ?!って笑われそう。

 大好物の1つである明太子。 パスタを食べに行くなら迷わず タラコor明太子パスタ。
 で、1280yenパスタランチ・・ とか、平気で食べに行くのに、1パック598円が買えない私。


 物事に対し、直感的で、何事にも優柔不断ではない性格の私だが、こればかりは迷う。
 カゴに入れて、あぁー高いなぁ・・ でも、外で食べると思えば・・ でも・・ で、カゴから戻す。

 結局、1人暮らしを含め11年もの間 自宅においてのシェフをしている私でありますが、
 自宅で明太子料理をしたことなど、ほとんどありましぇん・・。 ><;

 
 でも、、 願いって思ったら外に出す! そぅ、アウトプットし続けることで叶うんです。
 「明太子大好きー!! でも・・・ 買えない・・(淋) 食べたいーー!」 って。(笑)

 そしたら、、 なんと大量にいただきました! 
 でも・・・・・・。  嬉し過ぎて、これまた使用出来ず・・。 しばらく冷凍庫行き・・。


 しかーーーし、 また週末からクリニックの通院&静養で実家へ帰る私・・。
 冷凍庫の肥やしにするわけにはいかん! 旨いうちに美味しく食べねば!!!


 ということで、 久々に我が家のテーブルに "明太子" 料理が登場したんです。

     めんたいパスタ

 どう料理してくれよう・・?! なぁーんて言って、初めから決まってたパスタ料理。
 でも、今日は 「和パスタ」 に アレンジしてみました。

 *明太子と青しそのパスタ* <にんにくの香りが効いてる 大人なパスタに仕上げました>

 オリーブオイルでにんにくを炒め、風味がオイルに移ったら明太子と適当に相性の良さそうな
 具材を炒め、青しそを最後に加え、茹で上がったパスタを加え、酒&めんつゆで味を付ける。
 (※今回使った具材は、冷蔵庫の余り野菜の玉ねぎと水菜でしたぁ・・)
 なんとも簡単なずぼらレシピなので、是非お試し下さい~!

               私の小さな、、  いや、大きな大きな幸せでしたぁ
ふぅたmama
あれこれ
0 0

thema:私のちぃさな幸せ - genre:結婚・家庭生活


また1つ。

 「何年もの時を経て、この形になるのょ・・」 
 「あっ、もし良かったら 紐も持っていく?! 自分で作ってみてょ!」

 そぅ言って、この世に1つとして同じ形のない貴重な貝を3つ、そしてコットンコードを頂いた。
 たった3つの貝を選ぶにも、どれにしようか・・って、じっくり吟味して大切に持ち帰った。


 
 ハンドメイド作家さんである、彼女とは ひょんなことがきっかけで先日出逢ったのだ。
 彼女の作る作品は、どれも素材の表情を生かした、手を加えすぎない素敵な作品ばかり。
            (※作品を載せられなくて残念・・。 話に夢中で撮るの忘れました・・)


  「すっごい可愛いぃー」 って、ずーーっと 眺めてた私は、
  きっと はじめてのモノを見た子供のように、彼女には映ったのかなぁ・・?!
 

 何か、この出逢いに必然を感じ、お互いに連絡先を交換し、またの機会を作るつもり・・。
 というか、純粋にまた会って、色々お話したいなぁーって思いました・・。 楽しみ。
 
    シェル
 私なりに家にある材料で、夏に向けての試行錯誤の末、作ってみました・・。 
 ハンドメイド作家でもなんでもない、ただの主婦なのであしからず・・。  *ネックレス&リング*
ふぅたmama
手作りのある暮らし
2 0

thema:ハンドメイドの作品たち - genre:趣味・実用


手で作る、生きる喜び。
できるかぎり自分で。
 「手でつくる、生きる喜び 」


この世に生まれてきたとき。

私たちの世界はたくさんのものに溢れ、
なにをするにも この上なく便利でした。

昔の人たちの絶え間ない、つくる努力の上に
私たちは立っていると思うと、ありがたいな、と思います。

食べるものも身につけるものも
当たり前のように買えるから、といって、
そのありがたみに気付くことを忘れ、
自分でやってみよう、工夫しようと
思う心を失ってしまっては、生きていて残念。

つくることで初めて知ること、
知ることで広がること、
できるとわかって自信になること。
つくる過程に、たくさんの発見があり、
学びがあり、喜びがあり。

暮らしを他人事ではなく、自分ごとにしていきたい、
自分のことを自分でできる人になりたい、
できるようになって 自分をよし!と思えたならば、
初めて人を大事にすることができるのかもしれない。

自分の今をもっとよく生きようと思えてくるのかもしれない。


  
 これは、ある雑誌の1ページにあったメッセージ・・。 
 お気に入りを貼り付けた無造作なスクラップ帳を 久々に拝見し、そして 発見。

 短結表現の1コマに、深いメッセージを感じさせられる。
 blogを始めたら、紹介したかったメッセージの1つだったから なんか嬉しいな。



  生きてること、は、生かされていること。
  過去の命を受け継いで、今、自分がここにいること。 
  そして、そのかけがえのない 「今」 に 感謝しながら生きること。
  今日が 「明日」 に 変わる前に 何か1つでも感謝できるような1日を過ごしたい。   
ふぅたmama
伝えたい コト・モノ/ 気づき
0 0

thema:幸せになる考え方 - genre:心と身体


小さな遊び場。
 お外が大ーっ好きな楓太。 ほんっと、生まれ持ったアウトドア気質・・。


で、日々 外に連れ出して遊んでいるのでありますが、ベビカに乗って優雅に散歩・・とはいかず、
ま、アスファルトであろーが、砂利であろーが、まぁまぁ 地面があれば、そこに降りて大暴走・・。

 よちよち歩きは何処へ??  高速ハイハイの味を占めたか・・ どこでも基本はハイハイ。

となると・・・・・・・、 手・足・おしり・・ のみならず、全身が泥、砂、汚れまみれになりわけで、
日焼けした肌に どす黒い汚れがつけば、まるで原始人化されるってこと。 あだ名は縄文ベビ。

だからと言って、汚くなるからお外はダメ!なんて言いたくないし、思いっきり遊ばせてあげたい。

          でも、、、 そぅ、その後が大変なわけなのょ。 
  まだ、1人で手足を洗えないからギャンギャン号泣・・ なのに、洗ってあげて、叱られて・・ 
  ママは大変ょー、、なので、少しでもその負担を軽減させるべく、考えた結果、実行たのは?


  ということで、本日 ベランダに ベビたちの遊び場を作ってあげましたぁぁ・・。 

  人工芝 *人工芝で Kid's Playland 風に・・

 人工芝って、好きな部類ではないけれど・・  水はけの面やメンテを考えるとね・・。

 でも、意外や意外・・・・・。 案外これが良かった!! 大正解って感じ。
 長方形の決して広くないベランダだけど、お外が見える部分にだけ敷き詰めてみたんだけど、
 楓太にとってはちゃんとした 「お外」 カテゴリに入るようですっかり気に入ってくれましたぁ!

 「ブーブー(車、バイク、飛行機)!」 「チッチ(鳥)!!」 指をさしながら大興奮の1日。

 ベビ仲間のママたちにも大好評で、今度はここでベビを遊ばせながらゆっくり茶でも・・。(笑)


 余談だが、この団地は昔、イトー○ーカドーの社宅だったの。 IYといえば・・ 鳩のマーク?!
 知ってか知らずか、この団地は鳩に占領されている・・ いゃ占領されていた・・が正しい表現。

 「ポロッポ、ポッ、ポロッポ・・」 うわぁー、卵温めてるょー!って、我が家で2回の巣立ちあり。
 その後、策を練った末、ベランダの全面に鳩よけネットを張られてしまった・・。 あぁ~><;

  でも、でも・・・、  臭いし、うるさいし、不衛生だし・・ etc 仕方なかった案。

 しかし、そのネット策によって、私のガーデニング意欲が一気にダウンしてしまった・・↓↓
 とにかく、洗濯の回数が多い我が家。 たっくさんのモノが干せればそれでいい・・。

そんな矢先に、我が家のコンクリート色のベランダに、久々のグリーンがお目見えしたわけだ。

 
 人工でも、何だか心地よいのは何故だろう・・。 子供が楽しそうにしているからか・・?!


 何でも口にしてしまう、破壊王怪獣のいる生活なのでベランダガーデニングとはいかないが、
 この狭くて小さな空間で、大きな喜びを共に味わいたいと思う。 笑顔の花を咲かせるか!(笑)

            僕の遊び場だょ・・  ベランダ遊び 
ふぅたmama
怪獣&ママ育て/1歳~
0 0

thema:男の子育児 - genre:育児


*** キターーーーっ"
 先日行われた、2次オーディションの結果・・。 


 つっ、ついに、届きましたぁぁあーーーーーーーーー!!


 出かけて戻るたび、集合ポストを覗いては、「あぁ、まだ来ないかぁ・・ ドキドキ・・」
 で、結局、夜になっちゃって、明日かなぁ?!って思っていた私。 すると・・

 「ただいまぁー」 と パパ。 片手に郵便物が!!  ぇえ?!何故、それを???
 そうなんです、玄関ポストってゆうのがあるんですょね、、(笑) 開かずの箱・・;

 「ほーら、結果が来てるぞぉー!」って。
 あたしったら・・・・・・・、 こんな近くに通知があったなんて・・。 お恥ずかしいゎ。





 で、結果ですが・・・・・。






 表情が印象的で可愛かったです。人見知りをしない活発な赤ちゃんです。
 健康は素晴らしいことです。  個性的なキャラクターは好感を持てました・・・。




 というわけで、、、  



 総合芸能学院テアトルアカデミー&劇団コスモスの2次実技審査、合格 しましたぁぁあー!


 今回は 123期生という なんとも縁起のよさそうな連番数字・・。

 で、応募者総数が なっ、なんと 2.302名! で、1次合格者が 612名だったそう。
 その中の1人が うちの怪獣で、 今回の審査で 合格者が 165名だったそうです!


 キャー、びっくり。 ほんっとびっくり。
 
 お気軽にって言ってたじゃぁーーん!!  で、お気軽に受けたオーディションだったのにぃ。
 それが、良かったのか、楓太の個性というべき、活発さを瞬時に察してくれたのか?!笑


 まずは、おめでとぅということ。 すごいなぁ・・ 楓太って。    我が子なのにちょっと尊敬。
 
 

 で、、、、 入学金を支払えば、すぐに赤ちゃんタレントとして登録されるわけですが・・・。

 
 金額うんぬんよりも、スタジオに通うこと、レッスン等々・・etc 家族会議が必要みたい。


 ママ個人的には、 「ok、やっちゃおっっ!」 って 即効、入金したいくらいだけど・・。

 武勇伝として、合格したって事実だけでもいんじゃん?って言う パパの小姑っぷりが。
 そのくせ、「俺ははじめっから楓太は合格すると思ってたょ!!」 だって・・。 はぃはぃ・・。

 
 ま、何をさせるにもお金はかかるし、何よりも 私はこの怪獣の個性をぐ~んと引き出して、
 怪獣が怪獣のまま、らしく感性豊かに育ってくれる 「環境」 を 与えてあげたいなぁ~と。

 あれしちゃダメ! これしちゃダメ! じゃなくって、「ぉおー!こんなことも出来るんだ!」って
 そんな風に、楓太のわんぱくで活発な生まれ持った気質を 個性として認めてくれるところ・・。


 たった一度の人生だもん・・ そして、たくさんのお友達が出来れば、それが一番の宝物かと。
 今でも、日常生活で十分楽しみはあるけれど、また一味違った世界も覗いてみたいなぁ・・。


 そんな親心もちらり・・。
ふぅたmama
怪獣&ママ育て/1歳~
0 0

thema:男の子育児 - genre:育児


乗れたょ、高速! しかも・・。
パニック障害(以下、PD)になり、そして、鬱病を併発した私・・・。

 ----- もう 二度と乗り物に乗れないかも・・。 運転なんて遥か先の夢・・。
 ----- 高速道路が怖い、怖い・・。
 
 後部座席に乗ることさえもが、発作との格闘だった1年前の私でした。 


 PDって、瞬間湯沸かし器みたいに一気に 水から沸点に達する感じで発作がやってくる。
 そして、その沸点に達することで 自制の一切効かない 過酷な恐怖で心身が包まれる。

 動悸、息切れ、冷や汗、、、 恐怖に包まれ呼吸さえ出来ない、そして過呼吸へ。
 過呼吸になった身体は、酸素を脳に運ぶことが出来ずに身体はまるで金縛り状態。
 そうなると、言語麻痺のみならず、手足の震えは一気に硬直されたただのモノとなる。
 紙袋を自分の手で持つことさえ困難。 しかし、まずは呼吸を整えることから始める。

 「絶対、死なない! 大丈夫、大丈夫!!」  そぅ、心で自分に勇気付けながら・・。

 渦中の本人には、数時間にも感じられる時間の流れだが、ごくごく短時間で治まる。
 しかし、これが 予期不安となって、心の不安が募っていき、行動範囲が制限されてきた。

 
 けれど、昨年の8月あたりから・・・・・。
 その、一時的で治まるはずのPD発作の一歩手前、温度で言えば沸点手前の90度強。

 怖い、怖い、怖い・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

 10月半ばには、四六時中が PD発作の渦中のような日々だった。

 

しかし、昨日・・。  そんな私が子供を乗せて 高速道路を運転した! 運転出来たのだ!!

 これはまさに私にとっての “記念日” だ!! おめでとうって、嬉しくて仕方なかった。
 途中、ちょっと不安になった・・  でも、意識しないで平然を保ちながら、無理せず・・と、

 そんな時、後部座席のチャイルドシートに乗った楓太から 「プップー♪」 と ラッパ音が・・。
  「あっ、楓太がいるんだ! 1人じゃない、大丈夫!」 ラッパの声援に我に返った私。
 いつもはグズリがひどい怪獣も、イイ子で乗っていてくれた上、恐怖を安心に変えてくれた。


        この子がいれば大丈夫! 心から想った、私の強い心の支えだと。


 
 そして、ゴールで待っていたのは久々に会う親友たち、その子供たち・・。 そして・・。

 そぅ、この日は、大切な親友がママになったお祝いのための会合。
 新たな仲間に加わった Lilico(リリコ)に会うため、ゴールを目指して向かったのだった。

 お祝い会合
 もともと以前勤めていた同期仲間たち。 よきライバルであり、尊敬すべきセンスを持つ面々。
 皆、結婚退職し、最後に結婚した私が3番目?! 今回は、セレブmamaのゆっきんの番。
 これで一通り、仲間4人がmamaになったというわけ。

 妻として、主婦として、mamaとして、1人の女性として、、 輝き続ける女性でいたいね!

 んで、一番年上の美咲は 怪獣のお世話係を任命・・。    美咲&楓太
 ほんっと、可愛いぃの。 お疲れだったね、みぃちゃん。


  
そして、勢いにのった私・・。 次に向かったのは、楓太の彼女の1人である、Cocone宅。
 
 心音&楓太
 楓太より2ヶ月ほど遅く生まれたのに、既にスタスタ歩いてんの・・。 小っちゃくて可愛いぃの。
 ねぇねぇ、見てぇ~ この後ろ姿・・。 恋人同士みたいじゃない?? イイ~ぃ感じ

 あたしは・・? というと、久々に集まった親友たちに元気をもらいつつも、はしゃぎ過ぎて、、
 ココmamaに遊んでいただき、まるで我が家のよーにリラックスで畳にごろ~ぉんで ダウン↓
                                      ありがとねぇぇ・・ ひひひ



んでんで、、 さらにハシゴょ!! 凄いでしょ・・ もうPDなんか怖くないって感じの勢い!


 この日はパパの中学時代プチ同窓会。 で、私と楓太も一次会にちょこっと参加。
 可愛くて、生意気な怪獣を自慢したかったみたいで・・。 前夜に同じ髪型にしてくれって・・。

 mohimohi.jpg モヒモヒ親子の巻き。

 いつも可愛がってくれる姉さんたちとの楽しいひと時・・。
 「お前いらねぇから、○○ちゃん置いてってょ~!」 なぁ~んて言われてるうちのパパ(笑)

 ほんっと、この人の妻・・ってゆうと居心地が悪いんで、大好きな姉さん友達akiさんの妹として
 今度からお邪魔させてもらうことにしましたぁ♪  にゃははははぁ~


 そんな夫婦関係を写真にすると・・。  凸凹夫婦
 うゎ~ぁ、すっげぇ顕著に現れてるぅ~!(笑笑笑)
 また、パパに抱っこされて嫌そうな怪獣の顔が泣かせるねぇ・・



と、いうわけで、いきなり高速デビュー!!と思ったらこんなに激しい1日になっちゃったりして・・。


 私、大丈夫ぅ?! って不安が 楓太にも伝わっちゃったかな? ただの興奮余韻かなぁ??
 パパの実家に泊まったんだけど、、、、 超がつくほどの夜泣き・・。 号泣の荒らし・・。

パパは夜中まで帰って来ないゎ、義母さんの愚痴話の相手させられるゎ、号泣&夜泣きだゎ・・
いやいやぁ・・ 1日が う~んと長くて濃かったょ。 久々に常薬以外に睡眠薬をプラスしました。



 でも、、、、、 こんな1日をクリアできた私。 すっごーーぉい回復してるって実感 → 自信へ。
 

で、本日。我が家までちゃんとマイカーで帰宅しましたょ! 高速に乗って・・ しかも大雨の中・・。
こうして振り返ってみると、嬉しさの中に妙な震えが走るけど、前に進んでることは確かだょね!


 さて、今夜は 吉と出るか凶と出るか・・・・・?! 眠れることを願って・・。 おやすみなさい
ふぅたmama
「PD+うつ病」 ・・ing
2 0

thema:パニック障害(PD) - genre:心と身体


*** 模様替え
 そろそろ本格的に梅雨入りかしら・・。 ><;
 すっぽりと厚~い雲に覆われた空、湿気交じりの空気。 ん~、これは・・。

 あっ、、 やっぱりぃ~。 ポツポツ・・・・・ 雨、雨、雨、、、、 じとじとの始まりね。


これから、家で過ごすことも多くなる季節。 少しでも快適に、気分だけでもHAPPYに!
っということで、ちょっくら “模様替え” してみた。 「外はじめじめでも部屋はすっきり」?!

まずは玄関・・。 そぅ、私 玄関とか、そーゆー居室ではない小さな空間が大好きなんです。
通りすがるだけ、ちょっと用をたすだけ・・ そんな空間にこそ、こだわりたいって私って変わり者?

 
 夏向きに模様替え
 北側で電気を付けないと暗~い玄関・・。 だから、せめて明るいイメージしたくて白を基調に。
 半畳強ほどのスペースしかないこの空間、それでも季節感を演出したい一番の場所。
 よちよち歩きの始まった楓太の靴もだんだん増えてきて、、 嬉しい喜びを飾ってます!

 鏡も移動 鏡の向こう側

 もともとリビングにあった鏡は、少しでも空間を広く見せるために・・ 玄関に移動しました。
 下のラックは以前作って納戸で寝ていたモノで、玄関スペースに移動させリメイクしました!
 そんな鏡の対面は、ディスプレイ&実用を兼ねた 装飾壁になっています。
 ちょこっと掃除用のお気に入りのホウキ、母の手作りコーン、ニワトリの鍋掴み(キッチン用)・・。
 
 
 最近では、「お出かけするょ~!」と声をかけると、高バイで勢いよく玄関へと近寄ってくる怪獣。
 「はぃ、クック履いてねぇ~」って言うと、ちゃんと片方ずつあんよ出してくれすんです・・。
 「おんも~!おんもぉ~!!」って叫びながらも、ちゃんと履き終わるまで待っていてくれます!
 
 そして、 靴を履いて、準備すると・・。 
 「ェエイッ!」 って、鏡に写る自分に挨拶しながら、一気にご機嫌になって出発する楓太です。


 そんな小さな物語が この小さな玄関スペースで始まるのです。
 私は、そんなやりとりの出来る、この場所が気に入ってます。 
ふぅたmama
手作りのある暮らし
2 0

thema:インテリア - genre:趣味・実用


花の香りに包まれて・・。
 千葉に住んで早11年・・。  なのに、昨日初めて行った 「花の美術館」。

 *** ラベンダー展 ***

   その、淡い紫色の文字から 日頃の凸凹夫婦のぎくしゃくに癒されたいと感じた私・・。
      「あ~、ラベンダーの香りに包まれたい!」 

 そんな私の思い気のままのアドリブにいつも付き合ってくれる哲平ママと初の美術館へ。

 ラベンダー1
 まだ、満開とは言えないけれど、それでも十分なほどのラベンダーに思わず、ホッ・・ っと。

   ・・・ねっ?!  見てるだけでも匂ってきそうでしょ。 ふわぁ~ぁんって。
             そのうち、画面から香りがお届けできる日がくればいいのに・・。


 楓太&哲平=哲太コンビは、1台のベビカに乗せて、これから園内をぐる~り。

 哲太     2人用なんですか? って聞かれて・・
                     --- いいぇ、AB型シングルです。 違法ですかねぇぇ?(笑)


 あじさい フラワープランタ
  *桜の花びらのようなあじさい               *元気いっぱいフラワープランタ

 キッチンガーデン 南国リゾート
  *キッチンガーデン (レタスやバジルって面白い!)  *まるで南国リゾートだ!

 中庭へ入ると・・ ぉおっと、ジャングルクルーズ!?ジャングルクルーズ
 子供たちは、滝に大喜び! 200円(入場料)でディズニー気分~っ♪ ※ベビは無料


 バリリゾート
  「photo in BALI」 とでも言えそうな雰囲気に、素ッぴんでもテンション上がりっぱなし・・。

 気分は海外

 
 ただただ、自分の命いっぱいに咲き誇る植物たちから、、う~んとエネルギー補給しました。
 まだまだ開拓してない身近なスポット狙って、またレポートしまぁーす!   
ふぅたmama
怪獣&ママ育て/1歳~
4 0

thema:ちょっとおでかけ - genre:育児


思い出の海で。
    
  稲毛の浜

  妊娠中、何度となく 深夜に泣きながら車を走らせ、意味もなく向かった稲毛の浜・・。


   「あんたとなんか、結婚しない! 1人でお腹の子を産んで育てるから!!」
  玄関のドアをガチャンと閉めて、行く当てもなくただただ号泣しながら向かった海・・。

  追いかけてきてくれるのを本当は願いながら、そのまま朝を迎えたことも多々あった。

  そぉっと玄関を開け、部屋に入ると何もなかったようにいびきをかいて寝ている彼の姿。
  それを見て、また部屋を飛び出しては、流す涙がなくなってしまうほど泣いていたあの頃。

  冬の寒空の下、号泣する私のお腹でこの子はどんな気持ちで過ごしていたのだろう・・。
   「ごめんね、ごめんね・・。 ママ、いっぱい迷惑かけてるね、ごめんね・・(涙)」

  そう言って、いっつもお腹をさすりながら語りかけていた、私の切ない胎教の数々・・。



     その浜に、こうして我が子がいる。   その海を見つめている・・・・・・・・・。


  なんだか、不思議だけど・・  今があることに感謝しなくちゃね。 楓太、ありがと!
ふぅたmama
あれこれ
2 0

thema:日々のつぶやき - genre:育児


束の間のリセット***
 早朝から足にまとわりつく怪獣・・。

 ご飯作って食べさせて、洗濯して、掃除して、お外で遊ばせて、、、
 

            あっ! やっと寝てくれたぁぁぁあーーーー ・・zzZ 

   dreaming.jpg
   

     束の間の、そぅ、ほんの束の間のリセットタイム。  --- いい夢見ろよぉ~♪
ふぅたmama
怪獣&ママ育て/1歳~
2 0

thema:ママの息抜き - genre:育児


* 小さな 「模様替え」 *
 楓太の場所を作ってみた・・。

 ご飯食べて、遊んで、、etc  色んな遊び方が出来る ちっちゃなデスク&チェア。
   deskchair.jpg
 *パイン材で作ったオリジナル。 (※テーブルは、パイン材の集成)

     よいちょ   えっこらしょ   1人で出来たょ
         ・・・・・ ぇえーっと、よいちょ、えっこらしょ、、 っと、出来たぁぁ! 

 すっかり自分の場所と心得ているようで、朝っぱらから椅子に腰掛けて遊んでます・・。



 でも・・・ 実はこのデスク、、、 チェアでもあるんです。
dining.jpg dining2.jpg
 *cafeサイズの奥行きにこだわった手作りテーブル。 (※パイン材のフローリングで)


 * ダイニングチェアとして・・  * 楓太の遊び場として・・  小さな模様替えでしたぁぁ。
 
ふぅたmama
手作りのある暮らし
2 0

thema:ハンドメイドと素敵な育児 - genre:育児


* 梅雨を吹っ飛ばせ *
  我が家の小さな玄関スペースを夏に向けて・・ 鮮やかな新緑で元気に!
 新緑で

母の手編みカゴ <あけびの蔓>  手編みカゴ

計算のない “いびつ” で “温もり” ある、世界にたった1つのオリジナル。
蔓の太さや癖をそのまま個性として編んでくれたモノ。 グリーンとの相性がたまりません。

ジメジメ、じとじとした入梅のこの時期・・、せめて この子たちを見て元気いっぱい過ごしたいな。
植物の成長って、未知なるパワーをもたらしてくれますね・・。  --- 「しあわせの素」だょね!
ふぅたmama
手作りのある暮らし
0 0

thema:しあわせの素 - genre:心と身体


本日、オーディション。
ジャジャーーン・・・・・。  本日、2次のオーディションでした!

昨夜は、前夜祭?ってことでスタミナつけましょ~って、お好み焼き屋で祝杯を・・。
 「楓太、明日は本番ですょ~。 頑張って下さいねっっ!」 とかなんとか。

 鉄板焼きデビュー① 鉄板焼きデビュー②
 *鉄板焼きデビュー戦の前夜祭の風景・・。  もんじゃ初体験のお味はいかが?  

しかし、パパは、チューハイで泥酔・・。 こんにゃろ~ぉ!おめぇが酔ってどぉする??(怒)


で、当日を迎えた今朝・・。 

ピピピ・・・、 眠気と過労で目覚まし音が遠ーく、夢なのか現実なのか・・ 朝からグッタリ。
身支度をして、 「ほらぁ~、さっさと起きやがれぇぇー!」 と、パパを起こすのに一苦労・・。

寝起きの悪いグズグズパパとは反対に、目覚めた瞬間から 「マンマ~ぁ!」 と怪獣・・。
 「今日は、朝マックだ!! 急いでぇ~!」 急かされる怪獣は猛ダッシュで脱走

ワンコパン
 * わんこパンを見つけ、これぞ勝負飯!! 


そんなこんなで、なんとかオーディション会場である、目白にAM9:00には到着。
 「社長、勝負の場所に辿り着きましたきょ・・(笑)」 と、パパからの声援。
 「ま、お気軽にって感じで、今日は楽しもう!!」 と、すっかりいつも通りの私。

で、怪獣は?というと、朝からお出かけでルンルン♪ ラッパを吹きながら余裕顔・・。


しかーーーし、続々と集まる人、人、人・・・・・・・・・・・・・・・・。 ありゃ、本格的~!


正直、こんなにたくさんの家族連れが集まるなんて、、想定外! そして、受付へ。
もらったNo.48の札を右袖につけ、審査基準となる用紙を手渡され、待合室に通された。

手渡された用紙にはいくつかの質問項目があった・・ような気がする。

・赤ちゃんを笑わせる必勝法は?
・どんな性格ですか?                     ・・etc そんな感じだったかな?


鏡張りのスタジオには、No.1~50までの赤ちゃんと、+α 付き添いの家族やら、もろもろ。
そんな人に溢れた空間に、子育て広場さながらの怪獣。 大興奮し、暴れまくり・・。(困) 

何を描いたか? 的を得た答えを描いたか?? 仕上がった用紙は怪獣のらくがきで散々・・。

ま、仕方ありませんね・・。 私の子供ですから・・。
これも、お絵かきって特技と見なしてくれるくらいの器でないとねってことで。(笑)


しかし、描きましたょ!私ったら、やっちゃってます。 ここでも・・・。
 □必勝法は?   --- ちんちんは?と尋ねること。 キレイなお姉さんを見る。

そぅ、最近の楓太は下ネタに異常に反応よし! ケラケラ笑って、ちんちんを教えてくれる。
おっぱいだって知っている・・。 そして、裾をまくり、お腹まわりの皮下脂肪を揉み揉み・・。
 「NO! そこは、おっぱいじゃないでしょ?!(笑)」 
そう答えて欲しくてわざと間違える! ね? 立派な特技であり、必勝法ですよねぇぇ?!


そして、待つこと数十分。 大きなカメラを持った人が部屋に入ってきた・・・・・。
名前と月齢を述べ、メッセージを一言。 その表情はいつものような表情でとの指示。

すっかり保育園気分で楽しんでいた怪獣、これなら大丈夫さ! と、思ったのにぃ・・。

 「じゃ、次はNo.48の楓太くん!」 と呼ばれ、カメラが デンと目の前にくると、、、
おょょょょ・・・・、 ぇえーーん、ヒックヒク・・  あれれれ? 怪獣、すっかり泣き出した。

マジかょーーーーーーー?!    これって、本番に弱いパパ譲りの性格を映したよう。
ビックリ泣きしてしまった怪獣は、結局、カメラテストでは ・・・・・・。 という結果でした。


そして、次は各界の面々がずらりと勢ぞろいした立派な質疑応答の時間がやってきた。
地下へと場所を移した私たちにまっていたのは、1人1人を映し出した巨大スクリーン!

大勢の前で、5人ずつ前に出て椅子に座って、ママ&子供のセットでの質疑応答・・。
その様子が、目の前の巨大スクリーンに映し出されるというわけであった。


ぉおーーーっと、かなり本格的ですなぁ~。 と、興奮で気分がのってきましたぁぁ~!

プレッシャーに強いというのか、お祭り騒ぎが好きというのか、、本番に強いんです、私。

でも、ちょっと高鳴る興奮からくる鼓動が、発作を招くようで若干恐怖感もあったけど、
怪獣の武勇伝になる今日と言う日を、思いっきり楽しもう!という気持ちがそれを消沈。

 「では、続きまして・・・ 楓太くん!」 そう呼ばれて、私に抱っこされた怪獣と前へ。
質問に答える私・・・、その間、しっかり子供を観察している面々たちの視線を強く感じた。

きっと、これは質疑応答の時間に、子供の表情を観察するだけであって内容は無関係?
そんな感じがしたけれど、一応、母として子供のことを真剣に答える私・・・。

それなのに、、怪獣ったら 私に向けられたマイクを、
 「俺の前にマイクを持ってくるんじゃねぇ!!(怒)」 と 言わんばかりに抵抗し続ける。
結局、質疑応答でも ・・・・・・。 と言った具合。  眉間にシワがすっげけの!(爆笑)

 「元気なお子さんなんですね!」 な~ぁんてMCの方からのフォローがありーの、
そのMCの女性の腕をさりげなぁーく、ずーっと左手で触ってスリスリしていた怪獣。


   こいつぁ~ぁ、でけーぇ奴になりそぉだ!!  そぅ、心から実感した私・・・。


結果は1週間以内・・・。 1/4に絞られたはずの、この数百人の中から更に厳選される。
一体どれくらいの子が残れるんだろう?! もしかしたら、出遭った子がTVに出るかも?!


ま、合否はどうでもいい! 貴重な1日を十分に楽しんだもん。 楽しめるようになれたもん。

 ワーゲンに? *そんな帰り道・・、目黒の一角に怪しげな路駐車発見!
                  よ~ぉく覗いて見ると??? あらま、ちっちゃな運転手さん。

 小さな運転手

余裕ぶっこいて、ハンドルを握り 「ブーブー♪~」 と、なんとも楽しそうっ。 そして、、
回転寿司でたらふく腹を満たした怪獣は、その後、寝もせず、帰宅後 う○ちを大量に4回も!

ふふふ、、、これが楓太様ょ・・。 


                             怪獣ょ、本日は大変お疲れ様でした・・・。
ふぅたmama
怪獣&ママ育て/1歳~
2 0

thema:キッズモデル・読者モデル - genre:育児


加齢臭を超えたモノ??笑
 昨夜の出来事・・・・・。

久々に帰ってきた我が家。 プチ里帰りの後は決まっていつも大掃除・・。

何故なら・・、パパ1人の 「男の住処」 と 化してしまう我が家。
脱ぎっぱなしの作業着、左右不揃いのソックスがあちらこちらに、食べかけのエサ・・etc
それでも、こうして実家へ月に1度、静養させてもらえているので、そこは目をつぶりましょ。

しかーーーーーーーーーーーし、問題なのは・・・。 そぅ、臭い! 匂いじゃありません。

「加齢臭」ってヤツね!(苦;)

玄関を開けるたび、もわぁ~ぁ~んと湿気交じりの異様に鼻につく、そぅ、まさに男の臭い・・。
入るや否や、即効、換気! 「くっせぇぇーーー!!」って言いながら・・。

昔は、この臭いを 「お父さんの臭い」 だと思っていた私でした。
枕から、もわっと漂うその臭いがお父さんのようで、臭くもあり、温かくも感じられたあの頃。
それもそのはず、まるでアンパンマンのような ツルっとした父には遮るモノは一切なし!
脂はそのまま枕へと移り、若干、黄ばみがかったあの枕・・ 忘れられませんなぁ~。

そぅ、それこそが、、男性特有の加齢臭!

で、順ずるようにパパにも番が回ってまいりました。 いつからだろう・・?! はて・・。

そんな換気に、寒かろうが暑かろうが窓を開け、しっかり空気を入れ替えする私です。

が、今回はというと・・? んん・・ん?!臭わない・・。 クンクン・・。 おやゃぁ~?!
 「あれぇ? 臭くないじゃん?! どーしたぁ? やるじゃん!!」 と、パパを褒めた。 
そんなことで褒められて調子に乗るパパもどうかと思うが、 
 「だろぉ?! 俺はクリーンな男なんだょ!!」 と 自慢げに胸を張る姿に爆笑・・。

 「んだな、これだけ状態を保ってれば、90点クラスだょ!たいしたもんだ!」 と 私。
 「だろ~ぉ、、だって、俺1部屋だけで生活してるんだぜ、汚れないようにね(笑)」 だって。
臭わぬ、我が家の状態に90点をもらったパパは得意げでありました、もちろん私もね!


も、束の間・・・・・・・・。    リビングへ向かう私、そこで目にしたモノは一体・・・?!


 「なんじゃこりゃーーーーーぁぁ!!!(驚) 抜け過ぎだろ~ぉがょ!! おぃ!!」

大声を上げる私に、いそいそと駆け寄るパパ。 「何だよ~ぉ、今回は文句ねぇだろぉ?」

 「文句ってゆうか、、、、ちょっと見て!!!!!」 そう言って、クッションに注目・・。

クッションカバー、そして、ソファカバーまで、まるで極細ゼブラを描いたように抜け毛が!
あっちゃぁーーーー、 お前どんだけ抜けてんだょ!!って、腹を抱えて笑い転げた私です。

だってぇぇー、カバーの色、みーんなアイボリーなんです・・。 目立つったらありゃしない。

 「そろそろ考えた方がいいょね・・。」 ポツリと私。
 「ウィッグするか?!」       ----- そう言うパパ、あなたどこに止めるんですか?!

 「じゃ、エクステか??笑」           ----- そうだね、、その方がいいかもね・・。


キテマス! キテマス! 本当に・・。 いやぁ~、深刻になってきましたょ~ぉ!!!

ついに、加齢臭を超えました・・。  今朝は晴天、朝からカバーをせっせと洗う私・・。
そして、水に流されてしまった 大切なパパのお毛毛たち・・  さよならぁ~
ふぅたmama
『凸凹夫婦の関係』
0 0

thema:旦那さんのこと。 - genre:結婚・家庭生活


ありゃまっ・・。笑;
今日は、千葉からパパが来て 久々の家族生活・・。

お疲れ~ってことで、焼肉屋へGo!! あ~食った食ったって言いながらハシゴ・・。
帰宅後、皆で 身長・体重 の 話で盛り上がった 我が家の野郎ども。

156cmしかない小っちゃな親父は 「俺は160cmがちょっと欠けるくらいだ・・」って。
そりゃょぉ~、ちょっと見栄張りすぎじゃんかょ~ぉって、ブーイング↓↓(笑)

そして、175cmの筋トレ、筋肉増強中の弟と 同じ体重で なっ、なんと 68kgも!!
「俺は、動きが違うんだょ! お前らとは筋肉のつきが違うんだ!」って、、、はいはい・・。

メタボパパは、私が実家に帰ってくるたび、外食王に変身し、あっという間に増量!!
このたびも、、 ぇえ?って 妊婦ぅ?? ビックリするほどの腹回りに爆笑・・。

で、「ってゆうかさ、○○だって太ってんじゃんかょーー!」って 私に視線が・・。 ぇぇ?

腹回りの肉をドーーンと見せると、、、一同 唖然・・・。 「スゲェーー!」って。(笑)
「姉ちゃん、意外とやるじゃん・・。 ついてんねぇーーいいのが!」 って、ハイお肉です!

で、体重計などというものに 久々にのってみた私・・・・・・・・・・・・・・。

確か・・・ぁ、こちらに来る ほんの10日ほど前よりも なっ、なんと5kg弱も増えてる!!
ウギョーーーー! 出産時に20kg弱も肥えてしまった私ですが、この勢いは・・。(笑)

昨夜、仲間たちに 「痩せてるょね!」 なぁんて言われてみても ??? と感じた私。
その疑問は 的中! 質のイイ筋肉とイイもん持ってるのょ・・ +α 気痩せ効果ょ~♪


さすがに、静養という言葉の通り、、、、 食って寝て食って寝て・・  遊んで食って・・・。
という、快適な育児放棄生活?!のお陰もあって、幸せ太りさせていただきましたぁぁ~。

またまた、明日から千葉へ戻って、日々 大運動会のような生活に戻ってしまうんだから、
ここらでスタミナつけとかなあかんでしょ・・。 ま、予想外に肥えてましたが、良しとしましょ。

 「美味しい~ぃ!」って食べられることって、とっても幸せなことですょね!
 そして、1人より2人・・ 家族で食べるご飯は最高ですよね!! ふふふ・・

そんな私の母は・・・・・。 このプチ里帰り中に 2~3kg 痩せて、骨皮筋子になってます
ごめんねぇ~、母ちゃん! ありがとぉぉ~母ちゃん!! 次も頼むょぉ~!!!
ふぅたmama
あれこれ
0 0

thema:美容と健康 - genre:心と身体


* プチママ会合 *
実家でのんびり過ごす貴重~ぉな時間も 今日でファイナルとなりましたぁ・・。

昨夜は、小・中学からの友人と集まって食事を楽しんできました
最後の夜・・ってことで、両親に楓太を預け、私は久々にゆっくり食事が出来ました。

地元を離れて11年・・、こんな近くにこんなお店があったんだぁ・・と興味深々の私。
ちょっと小洒落たイタリアン、創作料理の店・・、古民家を改修した料亭風の店・・etc
車でちょっと走れば、未だ知らぬNEWSHOPがあちらこちらにあるんだねぇ~、ビックリ!

ぇえーー? ここ知らない?!っていう、新たな発見と喜びで興奮していた昨夜の私。


そこに集まったのは、、、 気さくな仲間であり、大切な友人であるママたちばかり。
珍しく独身族は、1人としていなかったなぁ~。 気がつきゃ、ママ、ママ・・ 私もね!(笑)

ママ5人に対し、子供が8人って・・ いつの間にか、子供の数の方が増えてる・・・。
少子化?? ってお尋ねしたくなるほどょね(笑)。 しかも、さらに、、、
これから、第3児を・・ 第2児を・・  って、産み分け頑張ってるママもいたりして・・。

まだまだ新米ママの私・・。 2人、3人・・と育てている友人は、尊敬に値する先輩ママ。
自分が子供を 授かって、育てて、改めて彼女たちに対し、凄いなぁ~って思っちゃった。

そして、忙しい中 いつもこうして集まってくれる仲間たちの優しさに感謝だねぇぇ・・。
それにそれに、、子供たちとのふれあいが楽しくって仕方ないのょ・・。
たっくさんの笑顔と、元気なパワーをもらって帰ってきました。 ありがとね、Kid's・・。

だから、地元通院&静養は、薬以上の効果があるってもんょ!! 皆、ありがとぉ!


また、次回も楽しみにしてるよぉぉ~。  次は、Let's 夜遊び~ぃ 
ふぅたmama
あれこれ
0 0

thema:ちょっとおでかけ - genre:育児


お出かけ日和。
今日は久々の晴れってことで、朝からお出かけ。

妹のような存在である、友人の彼の経営するSHOPに 新たな Kid's専門がOPEN!
OPENイベントで、ポニーさんに乗れるょってことで・・ Let's go~!

そこで、その妹の片割れ(双子)ママと一緒に Jin&Ririna&Futa を 連れてお買いもの。
今日はOPENということもあり、子連れのママたちでSHOPは大賑わいっ。

そんな子供たちがたっくさんいる場所は、楓太にとって一番の刺激であり心地よい場所。
ウーウーっ♪ って奇声をあげながら大はしゃぎ・・。 やっぱり人混みが大~っ好き・・。

まるで弟が出来たかのように面倒を見てくれたJin。 「Jinが抱っこする~ぅ!」って。

スリムな手足で一生懸命抱っこして、しっかりとお兄ちゃんになってくれました!!
そんな姿を見て、ママたちは微笑ましく、ジェラート片手に一服しておりました(笑)

 jinfuta.jpg ありゃま、楓太の方が顔デカイ・・。


                         kidsたち
カッコイイ~!皆で乗ってみました!!
こ~んな遊具なら、子どもよりママが夢中になってしまいそうっ・・ 欲しい!


 で、ポニーさんは?? というと・・。 こちら↓。
 と~っても イイ子で子供たちを乗せてくれました!

 でも、、、、、 楓太は? というと・・・。
 実は、これで ポニーさん2回目なんですが、またまたビビって 乗れませんでした・・。><;
 デカイ態度のくせに ビビりっぷりが ウケル!  そのギャップに笑えます・・。 

 ポニーさんと 

 とってもcuteなKid's服や雑貨のSHOP。 今日も、ギフト購入させていただきました!
 カフェでは、ジェラートはじめ、様々なドリンクやスイーツが楽しめますょ♪

                                  *LUCKY*PERSONS にて*
ふぅたmama
怪獣&ママ育て/1歳~
0 0

thema:ちょっとおでかけ - genre:育児


よちよち歩き・・。
 怪獣くん、本日、モヒカンに変身しましたぁ~っっ!

昨日までは、片側だけ短くカット&ラインを入れてたんだけど、
思いのほか、毛が伸びるのが早いので・・。 ここら辺でちょっと遊ばせて頂いて・・と。

まー、毎回 ママ美容室なのでハッキリ言ってかなり適当です・・。(笑)
でも、小ざっぱりしたので “良し” としましょうっ! にゃはは~ぁ。

                  モヒカン?! ← んんん?
                          
                        柔らかい毛なので微妙~っ。分かりずらっ・・ぃ。


立ったぁ~! それと、ここ2~3日前から、1人で立てるように!
                               時間にして、わずか数秒だけど・・。

そして、ついに本日・・・・・・・・・・・・。

 「あんょ」 が出来るように!!(驚) あんょ
 微妙なブレは、動いてる証?!

 トットトト・・、おっとぉ・・、  1.2.・・.5歩くらい歩けましたぁぁ~! 
 
 おめでとぉぉ~、怪獣ょ。 バンザーイッ!  でも、更にパワーアップしそうで怖い(笑;)
ふぅたmama
怪獣&ママ育て/1歳~
0 0

thema:成長の記録 - genre:育児


*家づくり日記* no.1
今、こうしてblogを描いている 生まれ育った この実家は 私と同じ年。

両親が苦労に苦労を重ねて手に入れたマイホーム・・。 
小さな建売だけれど、想い出がいーっぱい詰まった大切な家。

けれど、この家で過ごす時間も あと半年余りとなりました。

実は、車で15分足らずの場所にある 祖母の家に引っ越すことになったのです。
まだまだ元気な祖母だけど、元気なうちに皆で暮らせたらいいね・・という願いと、
シロアリ、雨漏り・・etc 蝕まれたこの家が限界値に達した・・ という訳で。

しかし、祖母の家にそのまま入るというのは、嫁の立場である母にとっては・・。
ただでさえ、辛抱強い性格で さらに十二分に細部まで気を遣う母は窮屈かも?
口ではそんなこと言わなくても、私には十分理解できる・・。

今の土地で建て直しするか? 思い切って場所を移すか?
検討した末、やはり今後の祖母との時間を共有したいという家族の優しさから
祖母の家に、新築をくっつけるような形で一部改修工事をするというリフォームが決定。


昨年、10月・・・・。

ちょうど、私が心身の限界を感じ、実家へ静養をしに、この家に戻ってきた・・。
まるで、亡くなった祖父が私に乗り移ったかのように、この話がトントン拍子に進んだ。

「1人残された婆ちゃんを頼むぞ!」と言わんばかりに、私はリフォーム計画を進めた。
恐怖で1分先も不安な状態で、唯一私を救ってくれたのが、家のプランニングだった。

何かをしていないと気が狂ってしまいそうだった。そんな自分に怯え、恐怖でいっぱい。

脳には電磁波が流れているような、常にビリビリとした感覚が続き、恐怖と不眠が続く中、
1つの希望が見えた・・。 それが、このリフォーム計画であり、私の生き甲斐となった。

まだ早いだろう?! 反対される親族に真剣に話をする私・・。 必死だった・・。
祖母を説得し、家族に理解を得て、親族はじめパートナーにも、夢を語った私がいた。

不思議と夢を語っているとき、私は正気でいられた・・・・・。 それが束の間であっても。
本当に、この仕事が好きで好きで仕方ないんだなぁ~と、心から思った私であった。


11月、祖父の三回忌を迎えた。

私に宿った祖父が 私を動かした・・・。 家族にその想いが伝わったのだ!!
想い・・・、その裏には、この土地に帰ってきたい・・ ここで暮らしたい・・という気持ちも。
そして、この狭い、壊れそうな家で頑張ってやりくりしている母へプレゼントとして・・。

「よーし、じゃ、お前プランしろ!」

厳格な父が、私にokをくれたのだ。 早速、待ってました~と行動を起こした私。
もし、家をつくる日がくるなら・・ ここにお願いしたい!! そう決めていた会社へ。

惚れ込んだ 「家づくり」 をしていることはもちろん、そこに住まう人を一番に想っている。 
だから、1件として同じ間取りもなければ、同じ形もデザインもない・・。
その家族の生活や希望、夢を、その家族に見合ったようにデザインし、形にしてくれる。


初めて出逢った時から決めていた・・。 もし、出来るなら・・ いつか、きっと・・・。

こうして、社長はじめ、スタッフの方に加わって、デザインに参加させていただいた。
想いを言葉に変換できない両親の想いを私が通訳しながら・・ 進められたプラン。

安く早く作ろうと思えば、どこの会社に依頼したっていい・・。 でも、、、

大切な家族が住む空間・・・ 何より大切な我が家・・ そこで集う人たちの笑顔・・
やっぱり、ここだけは譲れない!という強いから、父との抗争が始まった。

 「家なんか、住めりゃいいんだょ!」 高価な見積もりに対し、父が反論。
 「そうじゃない! 悪いもの使って安価に作る家じゃダメなんだょ!
  家は生活の基盤だよ! 安心して、安らげる一番の空間にしたいんだょ!」 

理想と現実の狭間でもがく私、、、 まざまざとそれを肌で感じたのであった・・・。
わがままを言っていることくらい分かってた。 でも・・・。 きっと、父なら分かってくれる。


それからだ、建材、素材、建て方・・について聞く耳を持たない父に日々語りかけた私。
 「絶対に、後悔はさせないから!」

数か月に及ぶ抗争の末、父からのGo!を頂き、ついに始まりつつあるリフォーム工事。


平面図からは読み取れない、完成した3D空間が私の脳裏を駆け巡る・・・。

自然素材を多用し、安心して、安全に住めるのはもちろん、そこに集う人たちが
心底 ホ~っと一息ついてしまうような安らぎに満ちた、癒しの空間・・。

そして、人間が老いていくのと同じように 月日を経て味わいが増すような家。

先日、本契約をして プランが現実へとなりつつある・・・。
決して安くない金額・・、けれども、住みながら愛着が湧く、住まいを作りたかった。


今までは提案する側の私・・・。 今回が、初めてのクライアント・・。

ここなら安心して任せられる! そう信じて、昨日仕様打ち合わせをしてきた。
完工予定は、今年の12月中旬・・。 そぅ、来年を新たな住まいで迎えるのだ!

そして、、、、 完成した暁には・・ 千葉から身をここ、群馬に移したいと願う私・・。
いつになるか分からないけれど、想いをアウトプットし続けていれば、いつかは叶う。
そして、いつかは・・・。 この地で、ほのぼのとカフェを開きたい・・ いつかは・・。


このカテゴリでは、これから始まる家づくりの過程を描いていこうと思います。

月1でこの地に通院している私、、通院&静養+家づくり日記が加わるのである。
家族の不安を笑顔に変換するためにも、しっかりサポートしたいと思います! でゎ


施工前:既存写真

 ※ 現在の祖母の家。 皆、集まって外部の建物を壊し、平地に均しスタンバイok!

施工前:既存写真2

 ※ この茶色い部分を壊し、既存内部と2階建ての新築部を接合します。
   祖母のお茶べり処である部屋は、そのまま残してあげることにしました。

 さ~ぁて、ここからどうやって工事が進むのでしょうか?! 楽しみであります!!
ふぅたmama
家づくり日記
0 0

thema:家作り日記 - genre:ライフ


| HOME | next
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。