スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふぅたmama
スポンサー広告


和食week 2日目
和食week 2日目、今晩のおかず。

   鶏肉とれんこんの味噌炒め煮 +千切り野菜の昆布あえ
 和食御膳a
 本日は、白米。 新米が美味しい~! ん~、噛めば噛むほどに甘味が増します。
 十穀米に文句ブーブーのパパさん、やっぱり男ってのは白米ですかねぇぇ~?!

超ーー、簡単の簡単レシピ↓ 昆布和え 味噌炒め煮

 千切り野菜の昆布あえ
 ・3種(大根・にんじん・きゅうり)の野菜を千切りし、
  水切りしたものに、ゴマ油と塩昆布を加えて、お好みの味に混ぜるだけ。

  とりあえず・・ の一品に試してみてはいかがでしょう。
スポンサーサイト
ふぅたmama
あれこれ
0 0

thema:うちのごはん - genre:結婚・家庭生活


和食 week!
今週の我が家の夕食は、題して・・。 “和食 de week”

野菜が大好きな楓太のため・・、メタボ対策パパのため・・。


育児中、昼間は手をかけられず、パンやおにぎりなどのちょい食い→炭水化物に偏る傾向あり。
要は、座らせる、片付ける、掃除する・・etc  食事以外の +α作業 が 多いったら、多いっ 。

 ぇぇぇえええーーーー?! マジーー? 嘘でしょ??  ウギョーーッッ! こんな感じ・・。


夕食くらいは 栄養バランス、そして、野菜や植物性タンパク質などの摂取をさせてあげたい。
ということで、外食がちで偏りがちだったこともあり、偏った食事を修復すべく自宅で和食御膳!!



 ①日目。 “イカ大根” +いろいろキノコとほうれん草のバター炒め、厚揚げの味噌だれ焼き

    和食御膳1    
    手作り器です→ 和食御膳3  和食御膳2


 作る楽しさ、器を選ぶ楽しさ、盛り付ける楽しさ、見る楽しさ、食べる楽しさ・・ 
 色んな思いを盛り込んだ和食御膳リポートを今週はご紹介していきまぁーす!!

 さぁて・・っと、いっただきまぁーーーす。
ふぅたmama
あれこれ
0 0

thema:うちのごはん - genre:結婚・家庭生活


変わらぬ友情に・・ 乾杯~♪
18で生まれ育った群馬を離れ、早いもので12年もの月日が経過している・・。

あれから、12年・・・・・。 
色んなことがあり、色んなことを学び、変わりゆく月日を経て、大切な今がある。


でも、変わらないものもある。
それは、友情。


昨日、群馬での高校生活を共に過ごした親友たちが(悪友?笑)遊びに来てくれた。
同じように18で地元を離れて、都内で活躍する仲間たち。 三十路軍団だ!!!
仕事に恋愛、育児・・etc 多忙な中、皆の時間を合わせて集合してくれたことに感謝。

 友情
                          Welcome to CHIBA 変わらぬ友情に乾杯~♪

30という、ある意味 女の分岐点。 

そんな第2の人生の舞台を前に、新たな恋や仕事の始まり、そして、様々な話で盛り上がる。
「・・・で、どんな感じぃ~??」 どっぷり育児に浸かったママ2人は恋の話に興味深々・・(笑)
しばらく忘れていた、恋のトキメキという刺激を少々頂いちゃいました。 ご馳走様。



↓ちょうど2年前、私たち仲間は多忙なスケジュールの合間、箱根へ旅行に行った。
仲間のうち 2人目の結婚が決まり、Sの祝いを兼ねた、婚前旅行 <友情編> だった。

 箱根1
 箱根2

結婚という二文字・・頭の片隅にはあったものの、彼との別れを決意していたちょうどあの頃・・。
この時、私のお腹にはすでに楓太が宿っていたことも知らなかった・・。
そして、わずか1ヶ月しか変わらないKにもまた、かけがえのない命が宿っていたことも・・。

大いに笑い、大いに楽しんだ・・。

PD障害も何のその、完治したとさえ思っていたあの頃・・。 2枚目の写真はロープウェイの中。
この時は、電車に乗る恐怖も、温泉も、岸壁も、、、  全てが癒しそのものでしかなかった・・。

「じゃ、次の旅行は 冬だなぁ!」  ・・・そう言ったまま、決行されることのなかった旅行計画。
私、そして、K、 この2人の不意の妊娠から始まった、結婚ストーリーがその裏にはあるのだ。



そぅ、わずか2年前・・。 
けれど、なんだか遠い記憶にさえ思えてしまう。

人生に起こる、最も重要であろう要素がここぞとばかりに詰め込まれた高密度な2年間。



今、時を経て・・・・・。
そして・・・・・。

今だから、今の私だから、全てを笑顔で振り返ることが出来る。

 友情2 友情3 

今やYの息子、みっくんにも楓太という弟子が。群馬に帰ればKの娘、妃和という姫もいる。

それぞれが、それぞれの人生を歩みながら、また新たなスタートを踏み出して生きている。
だからこそ、個性ある仲間との時間は楽しいのだ!変わらぬ友情に・・。 皆、ありがとう!!!


しかーーし、まぁ、相も変わらず よく飲んでましたゎ、T大丈夫かーぁ?? 
帰りのタクシーまで缶ビール片手に・・><; 親父か?!ってーの。
ま、それが ある意味=らしくって、オバちゃんは安心したょ! いひひひひ~ぃ


そして、この冬・・・・・。 

地元、群馬での温泉旅行計画あり。 新たに加わったちびっ子引き連れて Go!Go~!!
ふぅたmama
あれこれ
0 0

thema:今日の出来事 - genre:日記


タコ八 リベンジ!笑
昨日のアンパンマン・・・・・、まるでタコ八 (///▽///;)

 というわけで、チキンピラフでリベンジ! 今度こそ目指せ、アンパンマン~♪
 
 アンパンマン?

 ・・・・・・・?! 佐藤B作???(笑)


その後・・、正義の味方アンパンマンは、あっという間に楓太怪獣にやられてしまいました ((><;

グニュッと片手で一発KO負け↓ 

続いて、見るも無残に野菜ジュースをガーーっと浴びせられ水没。 まるで、トマトリゾット・・。(悲)
そして、床に叩きつけられ・・・  あぁぁーーー!! 誰かーーーぁ・・、SOS! という具合↓↓↓

ま、食事はいつもこんな感じでごわんす。  はははははぁ~
ふぅたmama
怪獣&ママ育て/1歳~
0 0

thema:男の子育児 - genre:育児


たかが食事・・、されど食事!
こんな時間にblogが描ける時間が持てるなんて~っ、幸せ♪

だってぇ~、いつもこの時間は足にまとわりつく楓太を抱っこしながらの夕食作り・・
ちょっとでも離れると、すぐに怪獣から甘えん坊くんに変身ですから・・、家事は大変。
せめて10分でもいいからTVを見てくれたり、玩具で1人遊びしてくれたらなぁ~なんて。

でも、ママの姿を見て一緒になって料理のお手伝い?のつもりか、
あっちこちの引き出しから色んなモノを取り出し、ダーーっとぶちまけたり・・etc ウッギョー!

しかし、今日はお昼寝もなく朝から色んな刺激を受けたようで、お疲れモード・・。
なっ、なんとこんな時間に仮眠してくれてるの・・。 なんて、嬉しいことでしょう♪


  その嬉しさを表現したくて、今日のご飯をUPしちゃいます!
 
 今日のご飯2
 
 ひき肉が安かったので、今日はずぼらハンバーグ。 所要時間20分! イェイ~
 つなぎに使ったのは “ツナパン”・・、ざっくりちぎって、混ぜ混ぜ・・。

 いつもは写真なんて撮ってる暇なんて一切ないから~、今日は特別です・・。(笑)
 そして、いい子に寝ている楓太のために・・、 大好きなアンパンパンを添えて・・。

 アンパンバーグ

 コレ・・・・・・・、アンパンマンじゃなくって、タコ八?!(笑;) ま、いっかぁ~。 テヘっ・・


 食事って、たかが食事・・と思われる方もいらっしゃるようですが、とっても大事ですょね!
 だって、人間の身体は食べたモノで作られていると言っても過言ではないんですから・・。

 そして、その食事をいかに有難く、楽しく、身体に取り入れることが出来るか・・。

 あぁーー、おいしそう♪ 唾液が思わず、ジュルっと出てきてしまうような盛り付けも重要。
 どんなに栄養素を重視しても、食べてくれなければ努力の甲斐なし・・。
 素材の風味を最大限に生かしながら、遊び心を取り入れて野菜の切り方なんかも工夫して。

 そうやって、作るとママも楽しいし、食卓も華やかに・・。 

 そんな食卓を囲む私たちの美味しいね~♪って言いながら美味しそうに食べる姿を
 子供に見せていくことで、食事の時間が楽しい時間になってくれればと思います。

 だーーーかーーーーらーーーーーー、かな?

 こんなハンバーグ、ぺロッと食べちゃうんですから・・。 あっという間に!


 両手で鷲づかみして、ガンガン口に入れて、ダーダーこぼしながら・・。
 そんな坊ちゃんだから、食事時間は大変!!! でも、そんな怪獣っぷりも成長の1つ。

 わずか1歳5ヶ月なのに、恐らく・・ 少食の成人女性くらいはたいらげますょ、うちの坊ちゃん。
 

 大きくなぁ~れ! 
ふぅたmama
怪獣&ママ育て/1歳~
0 0

thema:こどもと一緒に♪ - genre:育児


鬱なる私に出来ること
先週、いつもの月1 クリニック通院でのこと。

 「素晴らしい回復だょね。病気に感謝できることはこの上ない財産になるょ!」 

それは、医師からの一言で始まった。


私がクリニックを訪れたのは今からちょうど1年前・・、心身が蝕まれている実感に包まれながら
恐怖に怯える日々に、「首から上を切ってくれ~ぇ、助けて~ぇぇ」 と、叫んでいた、生き地獄。

見渡す限り続く田園風景が、それだけで癒しを与えてくれるようなクリニックの待合室でさえ、
私の心臓は高鳴り、動悸、息切れ、冷や汗・・。 そして、恐怖感がおさまることはなかった。


誰に何を言われてもいい、私が心身の健康を取り戻さねば、いとおしい我が子が可哀相・・。
実家のこと、親のこと、家のこと、旦那のこと、お金のこと、義母たちからの反感のこと・・・・etc
全く機能せず状態の脳で、色々考えて・・ 勇気を持って、初めて親を頼った決断だった。

長い人生の中のたった数ヶ月・・・、これは神からのお告げ!「休みなさい・・」そう思うことにした。
そんな覚悟の末、生後半年の楓太を連れ実家に戻り、週1の通院から始まった私の闘病生活・・。



あれから1年が経過・・・・・・・・。

毎回、医師も驚くほどの順調な回復ぶりだという。

しかし、先日初めて耳にした医師からの言葉。
 「1年前は本当にひどい状態だった。 今だから言えるけど症状で言えば、重症!」

毎日何十人という数の専門医からの発言に、当時のことを頭に思い浮かべた私だった・・。
けれど、もう揺るがない自分がここにいることに気付いた。 私は確実に回復している!と。
そして、あんなにも苦しくて辛かったことを第三者的に受け止められる自分がここにいる。
とは言うものの、まだ闘病中・・。 けれど、病気になって初めて得た「気付き」を与えられた。
だから、これから先もきっと大丈夫だろう! そう心から素直に思える自分がいるのである。

今、鬱をはじめ「心の病」を持つ患者さん同士の横のつながりや辛さの共有、理解、再発の防止、
そして、患者さんに関わる家族のあり方などを目的としたグループカウンセリングがあるらしい。
自分だけではないんだ・・という安心感や、病気への不安が減少し、効果が非常に高いという。

私の通院しているクリニックでも半年ほど前から、同じようにカウンセリングを行っているようだ。



そこで、医師から驚きの言葉あり。

 「次回のカウンセリングで、○○さんの鬱体験をありのまま話してもらえないかな?」

 「ぇぇえーー?! 私がですかーー???」

 「いやぁー、○○さんのように病気を前向きに受け止めて、今がある姿を見せてあげたいんだ」

 「あぁ・・・ぁ・・、はい。 ありのままに・・ですょね?? ほぉー、お役に立てますかね?!」

 「医師からの話よりもずっといいと思うんだ! だから、講師やってくれないかね?!」

 「講師ですか??? いやーぁ、話をするのは好きですが・・・。 誰かの役に立てるなら!!」

 「じゃ、非常勤講師 決定だね! 宜しくね!!」


というわけで、来月のグループカウンセリングにて、講師?(笑)を引き受けることになった私・・。
もともと、blogを描き始めたのも、同じように辛い思いをしている方たちに勇気と希望を与えたいと
そんな気持ちから始まったものだった。 これは願ってもないチャンスだと、そう受け止め、承諾。

今の私なら、揺るがない・・・・・。 大丈夫・・・・・・・・、大丈夫・・・・・・・・・・・。


鬱は、プチうつ状態から始まり、自ずから命を絶ってしまうまで、症状は千差万別である。
今日は元気でも明日には・・・ という、悲しい現実が頻繁に起きている現実だというのだ。

けれど、自殺に至るまでの重度の患者さんは、クリニックへ通えないことが一番の原因らしい。
しかし、きちんと現実を受け止め、通院・治療の上、医師の指示のもと薬を服用していくことで
鬱は必ず回復していく病気であること、そして、それを乗り越えた先に得るものは非常に大きい。


     鬱なる私に出来ること、しっかりとこの気持ちを伝えてこようと思います。


 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ ← 心の支えになります! それぞれ1クリックお願いします。
 
ふぅたmama
「PD+うつ病」 ・・ing
2 0

thema:うつと暮らす - genre:心と身体


呼吸時間・・
何も考えずに、そっと目を閉じて・・・・・・・。


心のシコリを全てを呼吸と共に出しきるように、鼻からスーっと息を出し切って・・

頭の中は真っ白・・   全部、そぅ、全部吐き出してしまえ・・  何もかも全部・・


今、この瞬間、生かされていることに感謝する気持ちと共に、呼吸にだけに意識を向けて・・
自分の吐き出している呼吸が、自分の耳で聴こえていますか・・?  感じていますか・・?


何もかも全部吐ききったら、今度は深ーーく鼻から吸ってみましょう。

真っ白な頭の中を幸せ色で染めるイメージで・・ 口角を上げてハッピースマイルでね・・
大ーきく、そして深ーーく息を吸って・・ 呼吸が聴こえますか・・? 感じていますか・・?


深ーーく吸いきったら、また、シコリを出しきるようなイメージで吐き出して・・ 
どんどん心身の中から不要物が出されていくの・・ 身体が軽くなっていくイメージ・・

そして、また、深ーーく息を吸い込んで・・   細胞の中にまで吸い入れるイメージ・・



吐き出して空っぽになるまで、何度でも 呼吸を繰り返して・・


意識を呼吸にだけ集中させることで、呼吸と共に心のシコリが出て、幸せが入り込んでくる・・

次第に、心が落ち着いて、今の自分をそのまま受け入れられるようになってくる・・
自分を受け入れられるようになって初めて、今を受け止め、今を許せるようになる・・
                                (※今とは、コト・ヒト・モノ全てを含めて)

許しが与えてくれる気持ちの安らぎは、張りつめた心を柔軟にしてくれる・・
柔らかくなった心を得て初めて、今というかけがえのない日々に感謝が出来るようになる・・


そんなふうに、日々に感謝できる素直な心を持てる自分・・  それこそが幸せに値する・・
その見えない幸せに気付けた時・・ 自分も、今も、丸ごと好きになれる・・ 大丈夫だって・・



少し前まで、深く呼吸をすることが出来なかった私・・。
呼吸が教えてくれたのは、心の安らぎと感謝の気持ち。  何よりの安定剤・・。

だからこそ、伝えたい。 目を閉じて・・・・・・・・・・。


1日の終わりに、自分と向き合う "呼吸時間" 作ってみてはいかがでしょう。

そんな自分時間には、TVを消して、キャンドルなどの灯りで心身のリラックスを・・。
メンタル(心)、フィジック(身体)、ミュージック(音楽)の3要素の融合で自宅セラピーを!

* オススメサウンドSHOP → 天使のやすらぎ 心と身体に優しいCDが豊富です。


 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ ← 読んで頂けたら、それぞれ1クリックお願いします。
ふぅたmama
伝えたい コト・モノ/ 気づき
0 0

thema:うつと暮らす - genre:心と身体


"かかと"美人
私のコンプレックス・・、肌質。

まぁ、これに関しては生まれ持った資質とでも言うべきでありますが・・。
ツルツル肌であったのは、わずか1歳までの期間、母曰く、あっという間にガサガサに・・。(笑;)

幼少期はアトピー性皮膚炎にはじまり、アレルギー体質ということで乳製品も口に出来ず。
そして、ガサガサと乾燥した鮫肌に、これでもかと言うほどにヒビ割れした指先・・。
汗をかけば、あせもがただれ、あっという間に広がり、寝ている時以外はかゆみとの戦い。
親指から小指まで、関節ごとに大きなヒビが入った指には常にバンソウコウが貼られていた。

かゆくて、かゆくて・・・、我慢の限界を超した時、畳に血が出るまで擦り続けていたあの頃・・。


今でも、アレルギー性の結膜炎により、目薬も手放せず、コンタクトにも制限がある現実。
そして、春先や季節の変わり目は、ひぃっくしょんっっ!くしゃみと鼻水地獄であーる。

しかしながら、思春期あたりから体質が変わり、食べ物にも制限がなくなった。 と同時に、
ニキビなどの吹き出物、そして、鮫肌を除けば、大きな損傷は見当たらないまでに回復。
肌質が大きなコンプレックスだった私には、地黒を生かし、日焼けサロンでこんがりと
毛穴や肌質を焦がすように焼くことで隠し続けるしか術は残っていなかった・・。


で、今は・・・?というと、相変わらず、地黒で鮫肌ではありますが、
母となった今、そんなことどうでもよいとまでは言いませんが、小さな小さなコンプレックスです。

しかーし、高温多湿な夏にさえ、ハンドクリームが手放せない私のガサガサ肌は健在。
一番ひどいのは、そぅ、かかと! もぉ、大丈夫ぅ~?ってくらいに気の毒な私のかかと。

もともと素足族な私・・。 
夏は裸足でサンダルが定番。 ちょっとくらいなら、サンダルも無しでササッと歩くことも。(笑)
ゆえに、怪獣育児が加わった私のかかとは、常に硬ーーく、黒ずんで、、なのにヒビあり。

 「なんで、夏なのにヒビが切れてんだょーーーーぉーーぉぉーっ」 ま、毎年のことですが。


そこで、1年前にとある、温泉場で出逢ってから手放せない必需品。 かかとケア商品をご紹介。
ぇえーっと、これに出逢ってから、私のかかとは、みるみるスベスベに変化している優れモノ!

      ←クリックで商品詳細・購入ページへ 
     
     "かかとキレイ"(裏表で荒さの違う2種のやすりは抜群!)                  
     "かかとクリーム"(しなやかにのびて、しっかり保湿の優れもの)
 

もぉ、素足の時期もこう肌寒くなってくると考えモノ・・。><;
末端冷え性の私、家の中ではモワっとした厚手のソックスでかかとをいたわってやりたいもんだ。
そして、ここぞ!という時の外出時には、パンストを伝線させることなく一発で履いてやるぅ~。

この夏を乗り越え、頑張ってくれた自分のかかとを感謝の気持ちで労わりながらケアしてみて!
すっごく教えたいけど、秘密にしておきたい・・   そんな私のお気に入りアイテムです。

     オシャレは足元から・・・ ではなく、 キレイな "かかと" から~♪  私
ふぅたmama
女っぷり上昇計画↑↑↑
4 0

thema:ボディケア - genre:ヘルス・ダイエット


* 上州名物
 今、私のいる実家ココ、群馬の名物と言えば・・。 

“かかあ殿下 と 空っ風” 。 ふふぅ~ん、一見聞くと群馬の女性は強いと聞こえが悪いが、
 実は、これ・・ 上州の女性は働き者という比喩であり、最高の褒め言葉なのである・・。

 そんなココ、群馬から 「上州名物焼きまんじゅう」 を ご紹介しまぁーす♪

 焼きまんじゅう 焼きまんじゅう2

 小学生の頃から食べていたおやつであり、私の懐かしの味でもある焼きまんじゅう。
 シンプルなまんじゅうを炭火で焼きあげ、仕上げに特製の甘味噌だれを塗ってあるもの。
 旨いんだぁ~っ。 

 「まんじゅうに味噌?!」 と 群馬を離れてから、耳を疑われたこと多々あり・・。
 今では、関越道SAなどで上州名物として販売されていたりするので知名度も上がったかな?

 私は、この味噌だれがたまらなく好きで、皿についたタレまで舐めていた記憶あり。(笑)

 
 もちっとした口当たりのいいシンプルなパン生地の中に凝縮された味噌だれがぎっしり。
 中には、フランスパンのような歯ごたえのある生地とのコラボもまたよろし! 旨いっ。
 私のBESTは、やはり・・・・・ 味噌パンだ! この味が、原点なのかもしれない・・。


 でも、この「味噌パン」、やはり上州ならではなのか?
 なかなか群馬の外へ出てしまうと出逢えないのが淋しいったらありゃしない。

 この味、まだ知らない人いたら、是非一度味わってもらいたいものだ。     フォーク

 追伸:気になる~って声が多かったので、ネット販売可能なSHOPをご紹介します。

  ←クリックで「焼きまんじゅう」ページへ

 * 私も早速、購入してみて 味比べをしたいと思います。 うひひひひぃ~、楽しみ。
ふぅたmama
あれこれ
2 0

thema:お取り寄せグルメ - genre:グルメ


味覚の秋。
最近、すっかり秋めいてきましたねぇ~

   とんぼが飛び交う中、本日の収穫・・。 
  いがいが
  ころん

 長靴を履いて、ぬかるんだ畑にそびえ立つ栗の木の下へ・・。
 かゆいっ、痛いっ・・、足が抜けない・・ (><;)) そんな苦労の末の収穫。 “栗”

  艶色
  栗栗栗~っ

 イガイガを両足で挟み手で掴む。
 おぉーーっ、こりゃデカイ! ころんとした 丸っこいフォルムの可愛らしい栗たち。

 蚊に刺されながら粘った甲斐あり。  気付いたらこんなに!  栗、栗、栗・・・・。
                                ~ 大きな栗の木の下で・・ ~♪

 
 スーパーに並ぶのは、キレイに剥かれ、味付けされた加工食品としての栗。
 生鮮野菜売り場ではなく、お菓子やレジ横にさえ並ぶ 「甘栗」たち・・。


 でも、こうゆう原型を知っている現代の子供は、どのくらいいるのだろうか??
 ケーキ屋さんで並ぶ、甘ーくて美味しいマロンクリームの正体はこれなんだぞー!

 切り身で売っている魚が、なっ、なんと 海で泳いでいると思っている子さえいるらしい。


 栗だって、イガイガで守られながら大切に育って、落ちて、拾って、取り出して・・。
 加工なんかしなくても、湯がくだけで ほんのりとした甘みとコクのある秋の味。
 包丁で切れ目を入れて、スプーンでほじくり出して食べる楽しさもまたよろし・・。


 こうゆう自然界からの贈り物に感謝をしながら、私たちは生かされているんだょね。

 魚だって、肉だって、野菜だって・・ みーんなその命を頂いている。
 そして、その大切なエネルギーに満ちた命が、私たち人間に引き継がれている。

 そんな気持ちをもって、実りの秋、そして収穫の秋・・ 味覚の秋を楽しみたい。  スプーン                      
ふぅたmama
ほのぼの写真館
0 0

thema:小さな幸せ - genre:心と身体


*家づくり日記* no.5
あのゲリラ豪雨の最中、着々と家づくりが進んでいた・・・・・。
前回から1ヵ月足らず、もはや「家」の形になっている新居の進行状況のご報告。

外観1 外観2
*正面から                       *裏から


予算の都合上、どうしてもサッシを大きくしたり、増やしたりすることが出来なかった・・。><;
しかし、必要最低限の採光&通気を考慮した上で、ガラスブロックを効果的に配置することに
よって、足りない明るさを確保でき、尚且つ、室内・外観共にデザイン性もUPするのです。
サッシは断熱性サッシを採用、ガラスはLow-Eと言って、UVカット+α機能のついたものです。

エントランス ウィンドウ
*玄関のポーチ部分、デザインと効果に期待   *開口部のサッシ&ガラスブロック配置穴


また、室内においては 無駄なスペースはありません。
老夫婦の住む家=持たない暮らし・・ そんな理想的な暮らし方を求めて始まった計画。
ゆえに、必要な個所に必要な収納、そして、機能と勝手を考慮した間取りになっているため、
完工後に購入する家具などは一切ありません。 全てが造りつけ、いわば造作家具・棚。

パントリー パソコンコーナー
*食品庫であるパントリー              *部屋の一角にあるL型PCコーナー

田舎ゆえに、野菜やら・・何かと頂き物が多いのがここの暮らしぶり。
茄子やきゅうりは、ビールケース単位で頂けるほど・・。 そんな付き合いが当たり前。
ゆえに、農家の爺ちゃんやらがそのまま井戸端会議状態で居座ることも多々あり・・。(笑)
そんな来客?たちのため、いつでも食材を豊富に用意し、ササっと出し入れ出来るように・・。

というわけで、この家で一番重視したのが、パントリーだった。
広いスペースに、勝手と母の生活癖を見極めながら決めた配置棚たちがズラリ・・。
対面キッチンから振り返れば、すぐに冷蔵庫。そして、作業台、その奥に食品庫との具合。

そして、押入れドーーンという昔ながらの1間ものの勝手の悪い押入れはもう終わり。
その代り、ウォークインクロークを広めにとり、その中に桐箪笥や衣類など・・etcの収納を。
しかしながら、布団生活の両親。 そして、来客布団も勢揃い。 捨てるわけにはいかん。
そんな奥行が必要なもの、必要でないもの、それぞれの使い勝手に合わせたクロークです。


あぁーー、現場の血が騒ぎます・・。(笑)
大工さんの手際良い作業工程を見ているのはちっとも飽きません・・。 楽しいっ・・。

造作棚 こんなコーナーの加工も大工さんの腕の見せどころですね。
↑クリックで拡大。       2枚の板を1枚に見せ、強度&見た目をUP! 無垢材ならでは・・。

                           家づくりって楽しいーーーーーっ!家


 にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ ←ポチっとそれぞれ1クリックお願いします。
ふぅたmama
家づくり日記
0 0

thema:家作り日記 - genre:ライフ


ひ孫の成長。
1歳5ヶ月を迎えた楓太怪獣・・。
怪獣さながらのパワーとバキューム並みの食欲を併せ持つ小僧である。

しかしながら、発声と言えば・・・。

あ行・・と言いたいところだが、「い」「え」を除く、「あ」「う」「お」が主用言語である。
そして、そこに「ま」そして「ん」が入り混じった単語が少々・・。(笑)

「まんまぁー」 「ままぁー」 「あっ!」 「おぉっ!」 「うん!」 とまぁ、こんな感じですか。

特に、「あっ!」 「おぉっ!」 に関しては、飛行機、鳥、ショベルカーなどの機材車発見時に
これでもか・・ってな勢いで連発するんだゎ。  「おぉっ・・、おっ、おっ・・・お、おっ!」

玩具、TVなど・・ ほとんど興味のない楓太。 興味があるのは、外・人・食べ物に限る。
これも立派な個性であると受け止めている私であるが、家事が一切出来ない・・という
痛切な問題も多々あり。 と、言う訳で・・。 祖母にお願いして大好きなアイテムを購入。

  それは・・・・・・。 大好きな 大好きなショベルカーだ!!!

  ショベルカー1
  ショベルカー2
 
  安全第一 ・・?! ヘルメットもちゃんと着用し、いざ乗り込んで早速工事の開始である。
  「ジャァー」とほんのり聞こえる発声と共に、あれこれ機材をいじりまくってご機嫌のよう。

ん? 蛙の子は蛙??? このまま親子3代でガテン系か?!(笑)
ま、何はともあれ、興味のあるものがあるだけ素晴らしいというわけだ! よしよし・・。

  
  「例え、楓太がニューハーフになっても受け入れられるょ・・」(私)
  「そぅだね・・。きっと女の子の格好したとしても可愛いと思うょ!」(母)
  なぁーんて母と笑いながら話している私だが、こいつは間違いなく男の道を行くであろう。

  きっと・・・・、B型の彼氏として、まっしぐらに突き進んで欲しいゎ。

「小っちゃい婆」と呼んでいる祖母と楓太。 ひぃ婆と楓太
御歳85を迎えた祖母に若返りメイクをしてあげた。 シワシワでも女性なんだょねぇ・・。
「あれまぁー、ずいぶん若くなっちゃったね・・。 はっっ、はっはっ!」 口紅舐めて大喜び。(笑)

そんな祖母にとって、内孫である楓太の成長は元気の源であるに違いない。
天国にいる祖父も笑顔で見守ってくれていることだろう・・。お爺ちゃん、楓太大きくなったょ。

 にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ ←ポチっとそれぞれ1クリックお願いします。
ふぅたmama
怪獣&ママ育て/1歳~
0 0

thema:男の子育児 - genre:育児


* ハンドメイド家具 * no.1
私 
ご報告! One's work にてハンドメイド家具のオーダーを制作・販売することになりました。
 

 基本的には、特殊な道具に頼らない“ハンドメイド”ならではのシンプル家具です。

 無垢材を使い、接着剤を使用せず、自然塗料またはワックスで仕上げています。
 月日が経つと共に、傷や手垢さえもが 味わいと化す・・。 そんな温もり家具です。

 今回の販売開始に際し、耐久・勝手・メンテナンス等を考慮し我が家で使用している
 写真では分かりずらいですが、カフェサイズの奥行にこだわったダイニングテーブル。
 対面に座った時の、微妙な距離感を縮め、鍋をつつきあえる距離となっています。
 こんなサイズにこだわれるのも、オーダーならではの楽しみ方だと思っています。 ↓
 
 ハンドメイド家具2
 ハンドメイド家具1

                          *** 使用している材は、無垢のパイン材 ***

 柔らかく加工に優れているのが特徴、しかし、傷・手垢などが付きやすい欠点あり。
 しかし、欠点が次第に味に変わるのもパインならでは。アメ色の艶がたまりません。
 しばらく無塗装の状態で使用し、色んな思い出=傷 が ついた状態で塗装しました。
 塗料は非常に粒子の細かい自然素材塗料で仕上げました!
 無塗装とは、また1味も2味も違った味わい深い、使い込んだ風合いが出せました!
 (※そのうち、また天板のカウンター部分だけをホワイトに塗って楽しみたいです。)

 テーブルトップ拡大
 
 ハンドメイドというと、高価・・というイメージがあるでしょうが、
 価格を抑える効果とデザインを考慮し、天板にはフローリング材を使用しています。
 それゆえ、パイン材特有の節がばらつき、それがダシとなり、味を引き立ててくれます。

 パインというと、カントリー風を思い浮かべますが、シンプルで飽きのこないデザインに
 することで、塗料の仕上げ方次第で、アンティーク風にもモダンにも和にも変化します!

 我が家は、スタイルフリーのインテリア。(笑) ----- 言うならば、自分スタイル。
 それゆえ、チェアーはベンチタイプで1つだけ作って、他はそれぞれ別々です・・。 

 
 人だって、月日と共に良くも悪くも変化していくもの・・。
 木だってそぅ、材となった今も生きている・・ そんな温もりを感じざるを得ません。
 家族と共に育っていく・・、その変化を家族の一部として一生一緒に楽しめる家具を・・。


 * オーダー家具に関しては、気軽に左記メールフォームよりお問い合わせください。メール

  にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ ←ポチっとそれぞれ1クリックお願いします。
ふぅたmama
One's work
2 0

thema:ハンドメイドの作品たち - genre:趣味・実用


* デジカメストラップ
 育児中、我が子の成長を残したくて・・。
 なにかと持ち歩く必須アイテムは、そぅ、デジカメ。 しかーし。

今、撮りたい!って思った直後、 「あっ、、惜しい・・、今のは良かったのにぃ・・」に変わっている。
それには、モリモリ入ったカバンから出すのに四苦八苦=めんどくさい・・という気持ちがある。
それに、いつでも抱っこが出来るよーに片手くらいはフリーにしておきたいもの・・。
ずっとデジカメ片手にしていられる状況でもない・・、そうともなれば、怪獣の餌食だ!!(笑;)


そんな訳で、首からぶら下げられるようなストラップを作ってみた。
アクセサリー感覚で身につけられて、さり気なさを演出できるような感じで・・。

     携帯ストラップ
 *革ひもに、素材の違うボタンをあれこれ・・、なくならないようにウッドビーズでname入り。
 
 携帯ストラップ1 携帯ストラップ2 ←クリックで画像拡大できます

 デジカメとの接続は、ビンテージ加工した革ひもでこれでもか!ってくらいクルクル巻いて・・。
 ずぼらで乱暴な私でも、これなら重宝するでしょう! そして、紛失防止にもなりそうです。

今日はこれから群馬の実家へとプチ里帰りです。 こいつの出番が多くなりそぉな予感・・。
ふぅたmama
手作りのある暮らし
0 0

thema:こんなの作りました♪ - genre:趣味・実用


古材で・・。
 ママの作る、ほのぼのハンドメイド作品に似合うように、
 古材を使った飾り棚?(SHOP展示用)を作ってみましたぁぁぁぁあー。
 
 使い古した木の温もりと、空間がマッチ。 とっても味が出ていい感じになりました~っ♪

 古木ディスプレイ
 * 捨てればゴミ、使えば リユース&リメイク → eco でしょ?!

 古材を額に見立て、裏側からコルク板を張っています。
 ヘアアクセを花畑風にして彩りを添えたくて、ボード下にポケット風の箱をつけてみました。
 このポケットには、溢れんばかりのヘアアクセがたっくさん・・。
 ほとんどが1点モノのため、選んでもらう楽しみが増えたように感じられます。

 展示1 古材が商品を引き立ててくれて・・

選ぶ楽しみのあるフェルトの花畑 展示2


 また、One's work では、こんな感じの古材や自然素材を使ったディスプレイにて、
 商品の委託・販売をして下さる SHOP(雑貨、美容室、cafe・・等)を募集しています。
 並びに、ワークショップの開催も予定しています。

 ご希望の方はメールフォームよりお問い合わせ下さい!


 NEW→→→ ハンドメイド家具の製作・販売も来月より始めたいと思っておりますので、
         そちらも出来上がり次第、アップしますので楽しみにしていて下さい!
 (*ハンドメイド家具は、古材で作る、オリジナル表札・ポスト・テーブルやチェアなどを予定。)

 今後とも、One's work-shop の更新をお見逃しなく!!
ふぅたmama
One's work
0 0

thema:ハンドメイドの作品たち - genre:趣味・実用


新作 * アイテム
子供と一緒にオシャレを楽しみたいママたちのために・・。

    秋冬アイテムにはピッタリの革ひもやウール100%フェルトを使った小物アイテムです!
          子供と兼用で使えるイヤリングはじめ、ピアスやヘア小物たち。
       秋冬モード全開 「アンティークゴールド×革ひも」 の組み合わせです!

 新作アイテム1

 新作アイテム2

  植物性タンニンなめしで作り上げられた革ひもを、さらにビンテージ加工したもの。
  柔らかさと革ならではの丈夫さを重ね持つ、子育てママにはピッタリのアイテムでは?
  そして、使い込めばこむほどに魅力が増し、自分色に染まっていく楽しみも革ならでは。
  シンプルなデザインであっても、存在感があるのは革の独特の威力でしょう・・。
ふぅたmama
One's work
0 0

thema:ハンドメイド作品や購入布について - genre:趣味・実用


ママの休日。
結婚以来、超ーーーーーーー、久々の充実した円満な日曜日を過ごしました。(笑;)

朝からパパはお好み焼きを作ってくれたり、ランチの用意までしてくれちゃって・・。
あらまぁ~、いっつもこんなだったらいいのになぁ~って思いながら美味しく食べました!

パパは職人ゆえ、お休みは日曜日のみ。
それゆえ、唯一の休日には家族で義務的にやらねばいけぬ用事ばかり・・。
 「いつまで寝てんだよぉ! 早く用意しろー、ハゲ!」
そーんな、ぐーたらパパを起こすことから始まる休日は決まって喧嘩が付き物。
あぁー、また言っちゃったぁ・・って反省しつつも、決して引かない私ありき。 
 「ほーら、早く支度しろよぉー!間に合わないょー! この野郎(怒)!!!」となるわけ。
唯一の休みくらい寝かせてあげたい気持ちはあっても、想いと言葉が裏腹で・・。(反省)

しかーーーし、今日はのーんびり&まーーったり家で過ごそう!って決めてた日曜日。
そしたら、あれょあれょ・・と、朝から驚きの行動に出始めたパパだったのです。

私は、仲良しのママと子供たちとお茶べりしながらの~んびり・・。
するとぉ・・・、なっ、なんとコーヒーを煎れ、昼食準備をコツコツし始める姿あり・・。
 「すっごいじゃぁーーん! 優しいねぇーー!」 その言葉に火がついたのか?!

 パパ作・ランチセット
 * ランチのカレーには、サラダ・スープまでもがセットで付いていたってわけ。 ふふふっ・・

 「ぐ~たらしてたら体が腐っちゃうょ・・」 とかなんとか言いながら。
 「はぃはぃ、そうだねぇ~。 偉いねぇ~。」 いっぱい褒めてあげました!

今日は、ぐ~たらも良し!寝るも良し!そんな決まりのない休日。
プレッシャーに弱いタイプのパパには、それが吉と出たのか、更にサプライズが!


 「楓太に飛行機見せたいなぁー」 なぁーんて、ポツリ。
私が行動派ってご存知ですょね?(笑) 午後4時過ぎ、成田空港へ向かった私たち家族。
なんか忘れてるぅ~?! ん? あっ!化粧だ! っということで、いつも通り、素ッピンで。

楓太は、飛行機が大好き! 上空を飛ぶ飛行機を誰よりも早く見つけて必死で指を指す。
 「あっ!あっ! うっ! うっ!」 必死であそこに飛行機がいるょ・・って訴えかけるの。
それが、可愛くって仕方ないんだね・・。 やっぱり男の子! 乗り物大好きなんだねぇ~。

成田までは高速で30分ほど、あっという間についた空港・・。

第1ターミナルにある展望デッキからは、離着陸する飛行機や整備中の飛行機がズラリ!
大好きなのに、とーってもビビリの楓太くん、初めは音にびっくりしてメソメソ (; 。 ;)
でも、しばらくすると・・ あっちでチョコチョコ、こっちでチョロチョロ・・ いつもの調子。
本物の飛行機を目の前にして、もう大興奮!!! 「あっ! ぅおっ! あっ!・・・・」

 あっ! 「あっ!ぅぁっ!」

 飛行機 たそがれ チョロチョロ まったり


  夕方になると滑走路はライトアップ、まるでデートスポット♪ 一気にロマンチックに。
  滑走路
  展望デッキ

それにしても、しばらく行かぬうちに充実された空港内のSHOPラインナップにびっくり!
まるで、駅ビル状態・・・・・。 ショッピングしかり、食事しかり・・ 夜景しかり・・etc
ここで、1日ゆっくり過ごす家族の休日、いや、デートってゆうのもありかなぁ~って思うな。
子供も安心して遊ばせることも出来るし、食事も、ショッピングも、、もろもろ体験も・・etc


飛び立つ飛行機を見つめながら、「いつか飛行機にまた乗りたいなぁ・・」って願った私。
1年前なら、飛行機なんて言語道断! 歩くことだって、恐怖で怯えてたのに・・。
でも、今なら・・、いや、今だからこそ思える。 「きっと、乗れる日が絶対来る!」って。

楓太のために買った、空飛ぶJAL飛行機くん。・・。
玩具にあんまり興味ない小僧ですが、JALくん明日から楓太のお供になってねぇ~。頼む!
ふぅたmama
怪獣&ママ育て/1歳~
2 0

thema:男の子育児 - genre:育児


* kids-land *
 1.2.3.4.5.6.7......   
 うゎぁ~っ、すっごぉーい! 気付いたらこんな感じ。(笑)

 kids-3.jpg

 我が家のベランダに風船がいーーーっぱい!!  
 小さなKids-Landの出来上がりぃ~っっ♪

 kids-land.jpg

 ちびっ子たちは、奇声を上げながら喜んでくれましたぁ。
 こんなに風船がたっくさんなのは初めて。 頑張って膨らましてくれた蓮ママに感謝ね。

 大人も思わず楽しくなっちゃうベランダ遊び物語でしたぁ・・。


 そして、明けて今朝・・・・・。
 なんとも贅沢で愉快な "バルーンプール" へ変身です! ママも入りたい~っ(笑)

 バルーンプール1
 
 バルーンプール2
                     ね? 見ているだけでも楽しくなっちゃうでしょ♪
ふぅたmama
怪獣&ママ育て/1歳~
0 0

thema:男の子育児 - genre:育児


秋冬小物 ***
 ついに9月に入りましたねぇ~。
 
 もぅ、秋モードですね。 私も先日ブーツを購入しました。

 ・・・とはいうものの、子育て真っ最中なので、ペタンコで履きやすいカジュアルなデザイン。
 でも、それがとーってもcute! 一目惚れ・・ 久々にしちゃいましたっ。
 革のグシャッとした長靴のよーな感じ。(分かりずらいっっ><;)
 でも、ブーツinでも、紐が付いているのでショートブーツ風にしてラフにサイズ変更できるの!

 母とは言え、これからの季節って、オシャレしたくなりますょね~。

 でも、だからと言って 「私頑張ってます!」 みたいなファッションは遠い記憶・・。
 今は、いかに手を抜きながら(笑)、それらしく見せるか・・?! ってことで、
 メイクもナチュラルに(ほぼ素ッピンですが・・;)、カジュアル&育児仕様の私です。

 でも、、 そんな時こそ "小物" 使いがポイントになってきますょね!
 
 これからの季節、まだまだ残暑厳しーい時期ではありますが、
 少し先を見据えて、秋冬小物を作ってみました~っ♪

 それは・・・・・・・・・。

 髪結いにとっても重宝なアイテム。 ヘアゴム と ヘアピン であります。
 ずぼらファッションには打って付け! くるっと丸めて、ちょいっと巻くだけ・・ 挿すだけ・・

  bono.jpg

  ボンボンイメージ アーモンドイメージ ボタンイメージ
  
   ボッチイメージ3 キッズブレスレッド ボッチイメージ1

 ウール100%で作ったフェルト素材が見ていても ほわ~ぁんと癒されます。

 今日は、知人のCafeにレザーアクセと一緒に納品してきました!
 ほんっと適当に飾ってしまったんですけど、こんなに素敵に写真を撮っていただきました。
 
 素朴だけど、温かーい・・ ママとkidsで楽しめるような作品をこれからも
 作っていきたいと思ってます。 あぁー、誰か買ってくれるかしら・・。
 自分の作品を実際に付けてくれる姿を見ると、ほんっと嬉しくて幸せになります。
ふぅたmama
One's work
0 0

thema:ハンドメイドの作品たち - genre:趣味・実用


「うつ」をやめれば、楽になる???
*** 80万人のアメリカ人を救った書。
   全米ベストセラーのうつ回復本を紹介したい ***

  「うつ」をやめれば、楽になる (やっかいな心の荷物をおろしなさい)


この本は、アメリカNo.1精神科クリニックの医師が教える、うつになる仕組みと回復への処方箋。

まずは、そのタイトルに驚かされる・・。
「うつ」をやめれば・・って。 なにも好き好んでうつになってるわけではないのにと思われるだろう。

私自身、はじめて目にした時に ん??? と いった違和感さえ感じたのは正直事実である。

しかしながら、「うつになる仕組み」を この本以上に説明できる医師などいないだろうとも思う。

----- うつの本当の正体とは・・?
----- 何がうつを引きおこすのか?

目からウロコの分析がここには記載されている・・。
と同時に、ハッとさせられるほど鮮明に自身の生い立ち~今に至る人生の歩みの反映であった。

よく一般に言われる原因とは? 「頑張り屋」 「真面目」 「正義感が強い」 「完全主義者」etc
しかし、「うつ的人格」とは言っても、お決まりのコースをたどるような単純で一筋縄ではいかない。
確かに、その要因はズバリ納得できることは多い。 しかしながら、うつの根は非常に深い!

要は、「うつ」に至るまでに、そのように人格形成された、そのものの要因に関係が深いらしい。

そして、驚くべき結果として、うつの根は子ども時代に植えつけられるというのだ!!!
人生最初のわずか6年間で、その後の人格が決定付けられると言っても過言ではないらしい。

人間の脳はまるで最新のコンピューターのよう・・。

この人生最初の大切な時期に、子どもは自分の親の行動パターンをコピーするのだそう。
特に、同性の親の行動パターンを自動的に、無意識に自分の行動として学ぶというのです。

例えば、子ども時代に父親に対し、怒りを伝えようとすると拒否や罰を受けたために、
自分の中に抱いた怒りそのものを恐れ、次第にその怒りをごまかし、抑圧するよう学習する。
すると、替わりに犬を蹴ったり、兄弟喧嘩をするようになってしまうらしいのだ。
そういった子どもが大人になった時、正常な怒りを経験しているにもかかわらず、
怒りの感情を抑圧するよう学習しているので、自身ですらその怒りに気付かないことも多いとか。
無意識で蓄積された、その抑圧された怒りは自身を蝕んでいってしまう。                                                                などなど・・


こう言った、うつの根の大半が、実は自分自身に向けられた怒り、あるいは罪悪感、そして、
他人に向けられた行き場の無い、抑圧された怒りや恨みだそうです。


私の場合、幼少期に親の苦労を見て育っているため、親に甘えた経験が全くありません。
いつも、いい子でいなければ・・ これ以上、仕事以外のことで心配させたくないから・・。
子どもながらに、いつもいつも親を想い、そして長女としてその役目を果たしてきました。

結局、それは今考えると人格形成の基本だったのかもしれません・・。
頑張りすぎて、1人でなんでも抱えてしまい、甘えられず、強気で負けず嫌いで・・

でも、心の中には いつも寂しさが付きまとっていました。
大好きで大好きで、大嫌いだった両親・・・・・。

だからと言って、親に寂しいよ・・なんて言ったことは一度もないのです。言えなかったのです。
それゆえ、親の替わりに思春期から恋愛依存に陥り、彼がいない生活が出来なくなったのです。
唯一のはけ口として、自分の弱さ、寂しさ、心の葛藤を現せる相手を彼に求めたのだと思います。
そして、親に言えなかった寂しさの凹を恋愛によって埋めてきたように思えて仕方ありません。


そこへ、不意の妊娠による、結婚生活により起こった様々なトラブル・・。

親に対する凹を埋められぬまま、今度はパートナーに対する怒り、葛藤が始まったのです。
人生のパートナーに選んだ唯一の相手に理解を得られず、裏切られ・・
しかし、幼少期の学習により、その怒りを抑圧することで平然を保って無理をしていました。

無理して笑って、無理して許して、無理して前向きに未来を描く・・・


傍目からは “いっつも明るくて元気な子” ・・。 でも、そうしてないと崩れちゃいそうだった。
せめて、友人たちと過ごす時間くらいは 心から笑っていられる自分でありたかったから・・。


でも 今は、この本に描かれたように 自身の人生の心の棚卸しをすることによって
見えなかった本当の自分が見えてきた。 そして、素直に生きられるようになってきた。

馬鹿正直に生きてきた私・・、でも、決して素直ではなかった・・・・・・・・・・・・・・。


正直と素直は全くの別物! 私に足りないものは 「素直さ」 だ!


心に蓋をしていたことを このblogを通じて吐き出せたことによって、どんどん楽になっている。
そして、この本を通じて、自分の人生を客観的に見つめられるようになり、うつの仕組みを知った。

それゆえ、うつは必ず治るものだと感じた。
そして、その時は自分自身を許し、パートナーを許し、親を許せる時なのだろうと思う。

うつを患い、そして、その困難を乗り越えた時、偉大なる優しさと強さを手にいれられるだろう・・。
ふぅたmama
「PD+うつ病」 ・・ing
0 0

thema:メンタルヘルス・心理学 - genre:心と身体


なままけ道(笑)
    「ツレがうつになりまして。」 続編より・・


 * なままけ道とは・・・。

  4級  TVをだらだら見る
  3級  お昼寝ができる
  2級  働いていないことでクヨクヨしない
  1級  赤の他人がいても気にならない
 初段  なんでも他の人にやってもらう


 ははぁ~ぁ、これは面白い! ははは・・と思わず、納得してしまった。
 うつを患った人は、初段を目指して、の~んびりマイペースにいこう♪


 大好評のツレうつシリーズは、コミックマンガ風で非常に読みやすい実話。
 マンガを読んだことのない私だが、こればかりはクリニックの待ち合いで読んだ。

    


 こんなツレがいてくれたら、ドンと構えて 「うつ」 で いられるのになぁーと感心。 
 やはり、うつ回復に必要不可欠なのは 『家族の理解と協力』 だろうと、しみじみと実感。

 あーー、いけない! まだ、比べ癖があるぅー。
 執筆者のツレさんと我が家のアホぽんたんを比べてもぅたーーー。


 我が家のパートナーであるツレ・・、理解力に乏しい。
 というか、お馬鹿さん?! ま、言ってること100のうち、1~2しか伝わらんからなぁー。(困)
 考えようによっちゃぁ、必要以上に「大丈夫?」「平気?」と心配されるよりはマシだが、
 せめて悪ふざけでも私の前で「俺が鬱になりそぉなんだょ!」と言うのだけはやめて欲しい。
 
 鬱の辛さを知らない人が言えるセリフであって、ましてやツレが鬱なのによく言えたもんだ!
 
 と、いうわけで・・・・・・・・。
 このたび、こちらからギフトとして この本をプレゼントさせていただきました。 ははは↓


 マンガしか読めない 彼にはピッタリだろうと・・。

 が、しかし、まだ読んでいない・・。 テメー!怒りが鬱には一番よくないんだぞぉーーー!
 って、怒っても何もかわらないので、今日のところはblogで吐き出させてぇぇー。(笑;) 

 
 ちなみに私は、今のところ なままけ道1級を目指す!というあたりまできている・・。
 初段がとれるころには、うつともすっかり仲良しなんだろうなぁ~。  いひひひひィ~。


 私のようなツレをお持ちの方、是非、ギフトしてみましょう!
ふぅたmama
「PD+うつ病」 ・・ing
0 0

thema:幸せになる考え方 - genre:心と身体


鬱のサイン
ちょうど1年前・・。

あれれ何か変だぞ、ちょっと怖くなってきたぞぉ・・、いつもと違うぞ・・。
頭がもうろうとする、冷や汗、息切れ、めまい、動悸・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

まだまだ、4ヶ月の楓太は自分で動くことも出来ず、ただただ泣いている。
このまま私の意識がなくなるわけにはいかない、誰かに連絡せねば!

何とか立ち、必死で携帯に手を伸ばし連絡をしたのは近くに住む親友の母だった。
千葉に来てから、私を我が子同然に見守ってきてくれたかけがえのない存在である人。

が、しかし、駆けつけてくれた時に、私は既に衰弱しきっていた・・。

泣き叫ぶ楓太、抱くことも出来ず、ただ声を聞いているだけ。
小さな小さな我が子がすぐ傍にいるのに近づくことすら出来ないパニック状態・・。
怖い、怖い、怖い・・・・。 自分の身体が徐々に蝕まれていった、あの感覚を忘れやしない。

結局、救急車で病院に運ばれた私でした 。

駆けつけてくれた10年の付合いになる親友の母でさえ動揺を隠し切れない様子。
"パニック障害(PD)" 作の症状でした・・。 予期不安が身体を巡らす、あの恐怖地獄。


きっかけは数年前、ある日突然でした。(※これは、既に以前の棚卸しで書いています。)
運転中に突然、この上ない恐怖感に襲われ、過呼吸状態に・・。


最初は自分自身のことなのに理解に苦しみ戸惑いました。 が、今まで何事も頑張り過ぎたので
少し休め!との 神からの忠告と思い、前向きに捉え過ごしてきました。

とは言っても、健全者から見れば、外傷がない心の病は理解しずらいですよね・・(苦;)

特に私の場合は発作の話を軽いジョーク交じりで誰にでも気軽に話していた分、
正直、パートナーでさえもが、そこまで悲痛な恐怖だとは思えなかったのでしょう・・。


帝王切開での、あまりに残虐でひどい扱いによりPD障害は完全に再発していたのでした。
そして、それまでの間の、不眠、不眠、不眠、不眠、不眠 ・・・・・・・ 数ヶ月ほぼ不眠不休。

それは、過酷なハード育児にありました。

帝王切開で出産した私、横切り(切開方法)で、ズタズタに切り裂かれた細胞の痛みは
それはそれは一言では言い表せぬほどの痛み。 しかも、痛みを抱えたままスパルタ退院。

そんな身体で待っていた我が子の育児は思ってもみないほどのハードな生活でした・・。
振り返れば、生まれてから4ヶ月、お昼寝など一度もしなかった我が子・・。 何故、寝ない?!

新生児は1日を、ほぼ寝て過ごします・・と、育児本。 嘘!嘘!嘘ーーーーーーーーっ!!!
 
24時間のうち、わずか3~4時間の睡眠・・、しかも、それは連続した睡眠ではありません。
1~2時間おきに母乳をあげ、抱っこをしたまま次の授乳時間へ・・ そんな連続でした。
床に寝かせることなど無に等しく、夜な夜な抱っこしたまま朝になることが当たり前の生活・・。
腕の腱鞘炎に始まり、首・肩とカチカチに固まった岩のような身体は激しい頭痛を誘ったのです。

唯一の睡眠時間である夜も、その吐き気さえも襲う激しい頭痛で眠れない日々を過ごす・・。

しかし、もともと社交的な私は外へ出かけたり、お茶べりするのが大好きで、そんな身体で、
同じ辛さなら、楽しい時間を過ごしていた方がマシさっ!どうせ家に居ても寝ないし・・・・・・。 
「楽しい育児」を目指し、毎日のように我が子と共に出かけ、ママ友たちと交流していました。

普通という表現は好きではありませんが、あえて使うとすれば、普通なら出来ないでしょう。
もう無理ーーーーーーー! 助けてーーーーーー! って、SOSを発し、お手上げでしょう・・。

しかし、私の場合は・・。
 「このくらい大丈夫・・」 「楓太のためなら大丈夫・・」 「この子がいれば大丈夫・・」

頑張り過ぎてしまう性格、そして、前向きで、ポジティブで・・ そんな性格が裏目に?!
いや、これは、勘違いであり、大きな間違いだと後から気付くことになるのでした・・・・・。


そして、あの日。

徐々に溜まっていったコップから一気に水が溢れ出すように・・。
ドッカーーーンときてしまった私の発作。 出産の時と全く同じ状況でした・・・・・・・・・・。

あまりの恐怖で手足のしびれに始まり、全身硬直、言語麻痺・・ 正直、死ぬかと思いました。
救急車が病院に到着した時には、自分の名前を言うことすら出来ない状態でしたから・・。

 「死んでしまう・・・・、死んでしまう・・・、楓太を残して死ぬなんて出来ない・・・・・・・・・。」


しばらくして、発作がおさまり、看護婦さんがやってきました。
そして、泣きながら楓太の名前を叫び続ける私にこう言いました。
 「赤ちゃんは大丈夫だから! ゆっくり休んでちょうだい・・。 ママが丈夫じゃないとダメょ!」

けれど、その言葉を受け入れられない私がいたのです。
 「楓太はミルクが飲めないんです・・・・、私がいないと・・、私じゃないとダメなんです・・(涙)」

それまで、完全母乳できた育児・・。 ミルクの練習も何度も何度もしてみました・・。 
しかし、数時間でもミルクは飲むことを拒み続け、怒って、延々と泣き続けるのでした。
それゆえ、歯の治療さえも麻酔をせずに痛みを我慢したくらいですから・・。


そして、ベッドで休んでいる私に別の看護婦さんが来て、育児の話をしました。
今までの不眠のこと、日々の生活のこと・・etc 身体から毒を出すように沢山話をしました。

すると、こう言われてしまったのです。
 「楽しもうとなんてしなくていいのょ!普通でいいじゃない・・。もう、十分頑張ったわょ!」


    ------------ 私はこの言葉にハッとさせられました ------------


今までの人生においても、逆境になると馬力を発揮するタイプだった私は育児でもまるで同じ。

大変だからこそ、その分を楽しんで 「プラスマイナス0」 にして1日を終えたい・・。
そんな気持ちが私を駆り立て、日々の育児を 楽しもう!楽しもう! そうさせていたのでした。
そして、なんでも自分1人で抱え込み、それを表に出すことなく無理して頑張っていたのです。


自分が良くならなきゃ、ゆっくり休まなくっちゃって、あの日教えてもらいました。
その後、私は安定剤を飲み、出産以来 初めて楓太と離れ離れになりました。

その間、パパが楓太が口にしてくれる哺乳瓶を探し、何種ものミルクを試し、
何度も何度も繰り返し、何とか少しずつミルクを飲ませてくれたのです。 これには感謝です。 


しかし、心の底では、里帰り中に私を裏切った彼を信用することが出来ないままでいたのです。
一番近くにいるのに、遠ーく遠ーく 感じられた彼の存在・・。 

この人だけには頼りたくない・・。 こんな人には楓太を任せられない・・。
楓太のパパなのに・・、人生のパートナーだというのに・・。 情けない・・。 苦しい・・。

本当は叫びたいくらいなのに、裏切られたプライドが邪魔して頼れない・・・・・・・・・・。
不眠不休の末、究極の発作に辿り着いた私の心は、別の意味でも苦しくて張り裂けそうでした。

そして、理解・協力を得ることの出来ない 義父母の存在は私をさらに闇に追いやっていく・・。
まるで同じ地球に住んでいるのに、異次元空間から来た 幻の生体 義父母や彼の姉弟たち。


唯一の心の支えは、友人達と他ならぬ実家の家族でした・・。 けれど、、、
心配をかけさせたくない両親への思いから、電話では平然を装っていた私でした・・・・・。


本当は、あの日 身体と心の限界を上回っていたんでしょうね。
そして、今思い返せば、あの時が 心身からの最後のSOSだったんだと思うんです。
それなのに、まだ、平気なふりをして “無理して、頑張って” しまったんです。


それから、2ヵ月後・・・・・・・・・・・・。  ついに、この世の地獄を体験しました。


         そぅ、「鬱」病の中でも、究極の恐怖地獄です。
ふぅたmama
タフな怪獣育て/~1歳
0 0

thema:うつと暮らす - genre:心と身体


| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。