スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふぅたmama
スポンサー広告


*家づくり日記* no.1
今、こうしてblogを描いている 生まれ育った この実家は 私と同じ年。

両親が苦労に苦労を重ねて手に入れたマイホーム・・。 
小さな建売だけれど、想い出がいーっぱい詰まった大切な家。

けれど、この家で過ごす時間も あと半年余りとなりました。

実は、車で15分足らずの場所にある 祖母の家に引っ越すことになったのです。
まだまだ元気な祖母だけど、元気なうちに皆で暮らせたらいいね・・という願いと、
シロアリ、雨漏り・・etc 蝕まれたこの家が限界値に達した・・ という訳で。

しかし、祖母の家にそのまま入るというのは、嫁の立場である母にとっては・・。
ただでさえ、辛抱強い性格で さらに十二分に細部まで気を遣う母は窮屈かも?
口ではそんなこと言わなくても、私には十分理解できる・・。

今の土地で建て直しするか? 思い切って場所を移すか?
検討した末、やはり今後の祖母との時間を共有したいという家族の優しさから
祖母の家に、新築をくっつけるような形で一部改修工事をするというリフォームが決定。


昨年、10月・・・・。

ちょうど、私が心身の限界を感じ、実家へ静養をしに、この家に戻ってきた・・。
まるで、亡くなった祖父が私に乗り移ったかのように、この話がトントン拍子に進んだ。

「1人残された婆ちゃんを頼むぞ!」と言わんばかりに、私はリフォーム計画を進めた。
恐怖で1分先も不安な状態で、唯一私を救ってくれたのが、家のプランニングだった。

何かをしていないと気が狂ってしまいそうだった。そんな自分に怯え、恐怖でいっぱい。

脳には電磁波が流れているような、常にビリビリとした感覚が続き、恐怖と不眠が続く中、
1つの希望が見えた・・。 それが、このリフォーム計画であり、私の生き甲斐となった。

まだ早いだろう?! 反対される親族に真剣に話をする私・・。 必死だった・・。
祖母を説得し、家族に理解を得て、親族はじめパートナーにも、夢を語った私がいた。

不思議と夢を語っているとき、私は正気でいられた・・・・・。 それが束の間であっても。
本当に、この仕事が好きで好きで仕方ないんだなぁ~と、心から思った私であった。


11月、祖父の三回忌を迎えた。

私に宿った祖父が 私を動かした・・・。 家族にその想いが伝わったのだ!!
想い・・・、その裏には、この土地に帰ってきたい・・ ここで暮らしたい・・という気持ちも。
そして、この狭い、壊れそうな家で頑張ってやりくりしている母へプレゼントとして・・。

「よーし、じゃ、お前プランしろ!」

厳格な父が、私にokをくれたのだ。 早速、待ってました~と行動を起こした私。
もし、家をつくる日がくるなら・・ ここにお願いしたい!! そう決めていた会社へ。

惚れ込んだ 「家づくり」 をしていることはもちろん、そこに住まう人を一番に想っている。 
だから、1件として同じ間取りもなければ、同じ形もデザインもない・・。
その家族の生活や希望、夢を、その家族に見合ったようにデザインし、形にしてくれる。


初めて出逢った時から決めていた・・。 もし、出来るなら・・ いつか、きっと・・・。

こうして、社長はじめ、スタッフの方に加わって、デザインに参加させていただいた。
想いを言葉に変換できない両親の想いを私が通訳しながら・・ 進められたプラン。

安く早く作ろうと思えば、どこの会社に依頼したっていい・・。 でも、、、

大切な家族が住む空間・・・ 何より大切な我が家・・ そこで集う人たちの笑顔・・
やっぱり、ここだけは譲れない!という強いから、父との抗争が始まった。

 「家なんか、住めりゃいいんだょ!」 高価な見積もりに対し、父が反論。
 「そうじゃない! 悪いもの使って安価に作る家じゃダメなんだょ!
  家は生活の基盤だよ! 安心して、安らげる一番の空間にしたいんだょ!」 

理想と現実の狭間でもがく私、、、 まざまざとそれを肌で感じたのであった・・・。
わがままを言っていることくらい分かってた。 でも・・・。 きっと、父なら分かってくれる。


それからだ、建材、素材、建て方・・について聞く耳を持たない父に日々語りかけた私。
 「絶対に、後悔はさせないから!」

数か月に及ぶ抗争の末、父からのGo!を頂き、ついに始まりつつあるリフォーム工事。


平面図からは読み取れない、完成した3D空間が私の脳裏を駆け巡る・・・。

自然素材を多用し、安心して、安全に住めるのはもちろん、そこに集う人たちが
心底 ホ~っと一息ついてしまうような安らぎに満ちた、癒しの空間・・。

そして、人間が老いていくのと同じように 月日を経て味わいが増すような家。

先日、本契約をして プランが現実へとなりつつある・・・。
決して安くない金額・・、けれども、住みながら愛着が湧く、住まいを作りたかった。


今までは提案する側の私・・・。 今回が、初めてのクライアント・・。

ここなら安心して任せられる! そう信じて、昨日仕様打ち合わせをしてきた。
完工予定は、今年の12月中旬・・。 そぅ、来年を新たな住まいで迎えるのだ!

そして、、、、 完成した暁には・・ 千葉から身をここ、群馬に移したいと願う私・・。
いつになるか分からないけれど、想いをアウトプットし続けていれば、いつかは叶う。
そして、いつかは・・・。 この地で、ほのぼのとカフェを開きたい・・ いつかは・・。


このカテゴリでは、これから始まる家づくりの過程を描いていこうと思います。

月1でこの地に通院している私、、通院&静養+家づくり日記が加わるのである。
家族の不安を笑顔に変換するためにも、しっかりサポートしたいと思います! でゎ


施工前:既存写真

 ※ 現在の祖母の家。 皆、集まって外部の建物を壊し、平地に均しスタンバイok!

施工前:既存写真2

 ※ この茶色い部分を壊し、既存内部と2階建ての新築部を接合します。
   祖母のお茶べり処である部屋は、そのまま残してあげることにしました。

 さ~ぁて、ここからどうやって工事が進むのでしょうか?! 楽しみであります!!
スポンサーサイト
ふぅたmama
家づくり日記
0 0

thema:家作り日記 - genre:ライフ


comment
comment posting














 

trackback URL
http://futa375.blog47.fc2.com/tb.php/118-9279dcf6
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。