スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふぅたmama
スポンサー広告


これまでの道・・。 no.6
 さてさて、、これまでの道・・シリーズno.6にまでやっと辿り着くことが。
 小学校を卒業した私は、この先、中学・高校へと進むことになる。

 今思えば、苦労に苦労を重ねた生活であったにも関わらず、「お金」に関して
両親が喧嘩などしていた記憶は一切ない。しかも、ピアノに習字、そろばん、公文・・と、
実に様々な習い事もさせてもらい、小6では珠算準段、書道準5段という好成績を残すことに。

 今でも、珠算の「暗算力」というのは様々なところで役立っている。
例えば、スーパーでの買い物。財布を見れば2000円しか入ってない、あら足りるかなぁー?
そんな時、頭の中で2000円から買い物カゴへ入れたモノを引いていく。
「んー、あと252円か・・まだ買えるな。」などと1人でつぶやきながら、確かめ算で金額確定!!
そして、正々堂々とレジへ並ぶ。 さも、現金があるような顔をして。 笑
 ------ 危っねぇぇ、やばっ、財布の中身がたった3円だょ。 なんてことも ------

 また話が反れた。
で、心待ちにしていた春がやってきた。 真新しい制服と共に希望を胸に中学入学。

 そこで待ち受けていたのは・・ 予想を遥かに上回る 「激しい集団生活」 だった。
体を動かすことが好きだった私がウキウキしながら入部したのは、女子バスケット部。
  “脅威の女バス” とも知らずに・・。
先輩からの自主練という名の「リンチ」、「暴力」。ミーティングという名の「いじめ」。 
試合をすれば「県最下位」、気に入らないことがあれば試合中に「喧嘩」・・etc


あー、バスケが上手くなりたかったのになぁ・・
隣で厳しい訓練を受ける、他の部活動の姿をを羨ましく思いながらの放課後の練習。

けれど、そんな思いも何のその、先輩たちがしてきたことをその後、私達もすることになるのだ。

中2になると、私は名ばかりの4番エースのキャプテンとなった。

 とにかく「個性の強い」皆を練習でまとめるのは大変だった。
些細なことから始まった、仲間割れ。その後、「リンチ」、「集団無視」、、エスカレート。
そんな極めて辛い苦しみ、孤独 を味わった。 昨日まであんなに仲が良かったのにぃ・・
 私のみならず、1ヶ月くらいのサイクルで皆同じようなことを繰り返していった。
結局、自分がされて嫌だった辛さを跳ね返すように、別の友達にもしてしまったのだ。

 “女バス”は、いつの間にか「強い女」→「悪」のイメージが焼きついていったのであった。

 それでも、皆、明るく元気で楽しい子が多く、仲が良くなれば一転、まるで合唱部。
バスケットボール片手に sing a song♪~ 体育館中に響き渡るようなデカイ声で歌った。
「恋のバカンス」よく歌ったなぁー、ハモリも完璧。とにかく楽しくて楽しくてたまらなかった。


 そんな私も恋心を抱く。もちろん、完全なる一方通行!
女バスのドンが相手にされるハズもなければ、態度もデカイし、可愛くもない私。
想いも伝えないまま、ただただ眺めて幸福感を頂いてたってとこかな、、ありがとう。

 一方、学習態度はというと・・
決っして「マジメ」という態度ではなかった私だが、女バス軍団と言われるのが悔しくて、
この野郎ーーという思いから、いい点とりゃいいんだろ、文句なんか言わせない!って感じ。
それに、イイ点をとると親が喜んでくれる姿を見るのが子供ながらに嬉しくてたまらなかった。
そんな感じで、日頃の生活態度を補うように好成績を残し、卒業の際はなんと 『ALL5』 だ。

 思わず、担任に尋ねた。
「先生いいの?本当に?私、色々悪いことしてきたのにぃ・・」

 すると 担任は答えた。
「文句のつけどころのない点数だったしな、態度もデカイけどお前の努力は分かってたょ。」

 ほぉーーー、特に尊敬するに値するほどの担任でもなければ、さほど仲も良くなかった。
なのに、その驚くべき一言だけは今でも唯一覚えている。

 そして、難関とされた高校の推薦入学に見事合格し、中学時代に終止符を打つ。
女バス軍団の結束は固く、大人になった今でも結ばれている、当時のことを笑いながら。
スポンサーサイト
ふぅたmama
これまでの道・・/心の棚卸
2 0

thema:生き方 - genre:ライフ


comment
ありがとぉーです!!
あたし、文才ないんですぅ、、だから ほんっと全て「話し語」
でも、病気になるずっと前から、心の奥底にあった寂しかった思いや
辛かったこと、それに、色んな出来事をこのblogで整理しよって・・。
そして、今から前に進むんだ!! って感じで始めたんです。
もし、うつ病やパニック症のたった1人でも救えるならって。
私はこの病気を通じて ほんっとに気づき、得たものが多くて。。
だから、少しずつでも前に進めるように描いてます。
どこまで続くかわからないけど、今後も是非読んでくださいね!!v-238
2008/03/18 15:40 | | edit posted by ふうたmama
1~一気に読んじゃったよv-222
すごい記憶力にびっくりv-237
文章が上手でびっくりv-237
さらにALL5にびっくりよv-237v-237v-8

2008/03/18 15:23 | | edit posted by akiko
comment posting














 

trackback URL
http://futa375.blog47.fc2.com/tb.php/14-fa72fb26
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。