スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふぅたmama
スポンサー広告


恐怖の出産・・ no.1
そして ついに、入院前日・・・・・・・。

親友たちとの楽しいひと時を過ごし、腹いっぱい食べたいだけ食べまくり、1日を楽しんだ。
1%も不安がなかったか?と言えば嘘になるだろう・・。けれど、楽しみの方が大きかった。

「逆子のまま」が居心地いいのなら・・ そして、帝王切開が安全な出産方法であるなら・・


そして、翌日、思う存分に母の手料理で腹を満たし、手続きをして午後から入院した・・。
各種検査に始まり、長く太ーい針を刺されたまま、それから 延々と点滴生活の始まり。

「痛っっい!! 死にそう・・ 何でこんな痛い思いをしなくちゃいけないの?!(怒)」
2人部屋の隣のベッドから聞こえる威勢声・・。 検査の時点から文句ばかり・・。 あぁ・・。
付きっきりの旦那が懸命に励ます・・ が、しかし、「男には分からないだろ?!(怒)」

個室希望したものの 「空いたらねぇ・・」 曖昧な返事のまま、結局 あの女と過ごした日々。
「こんなに痛いんだもん・・ 耐えられないょ! 全身麻酔にしてょ! マジ嫌だっっ」
「子供なんか産みたくない・・ 義母が産めって言うから・・ あー、嫌だ、、痛い・・」 etc


前夜くらい、心穏やかに過ごしたかったのに・・。 お前かよ、相手が・・。 あぁー神様ー。


「でも、明日には赤ちゃんに会えますから・・! がんばりましょ!」
「旦那さん来てくれて優しいですね! 心強い味方じゃないですか!!」
なんで、あたしがお前を励ましてんだっての。 お前には旦那がついてるだろーが。(怒)

仕事帰りに夜遅く面会にくる旦那に向かって、「なんでこんなに遅いわけ?」怒鳴りちらす。
効果なし・・・・・・。 あぁー、頼むから別室に移させてくれぇぇーー、耐えられん・・・・・・・・。


私は母に送ってもらい、そのまま1人、パパは仕事帰りに群馬に来たものの、実家で一杯。

それに文句があるわけでもなかったし、私抜きで過ごす、嫁の実家での一夜はどんなもの?
そんな稀な光景を想い浮かべながら、隣から聞こえる威勢声をヘッドホンで消してやった・・。


最後の晩餐は、なんとも豪勢な夕食だった・・・・・・。 まるで 高級料亭並・・ 旨いっっ!

この産婦人科を選んだ理由の1つ、いや、決めてだった。 「料理が美味しい!」と評判で・・。
まかさ、逆子がそのまま治らず、帝王切開になるなんて思ってもいなかった、予定外の展開。

正常分娩をして、翌日から 唯一のメリットであるご褒美をたらふく堪能する予定だった。
しかし、手術と決まった以上、前夜で食事は最後。 術後3日目の夕食で番茶1杯から始まる。

手術が決まった時から頭の中は食事のことばかり・・・・・・。
食べることしか能のない私にとって、たった3日間の飲食禁止は過酷な状態に思えていたのだ。
「あぁーー、耐えられるかなぁ・・・」 「ぇ?何」 「ん、食事制限がぁーー」 と言った会話多々。
こんなことなら、この病院選んだ意味がないじゃーーん・・ あぁー、まぁ仕方ないかーーーって。


  けれど、この時は予想さえ出来なかった・・ あの過酷な痛みとの闘いの日々を。


隣のベッドが静かになった。 やれやれ、やっと穏やかな時間がきた。 そして描いた最後の日記。
翌日に手術を迎える私が、まだ見ぬ我が子に宛てた手紙・・。 心の底から会えるのを楽しみに。



*** 2007.4.11   ~Futa Dialy~


今日、ついに入院したよ→ 楓太!

お母さんと一緒にお昼過ぎに入院手続きをして、それから術前の検査を色々したょ。
夕飯はけっこうボリュームがあって美味しかった!! 特に、チーズ入りはんぺんを
とんかつ風に揚げたやつが、風変わりのアイディア料理って感じで良かったなぁ~。
あとぉ、しょうが焼きとひき肉あんかけ、大根の煮物、明太子マヨサラダ、+キウイフルーツ。
しばらく、飲食禁止になっちゃうから覚悟しておかなくちゃ。

明日はついに出産日。 楓太と会える日!
もう、ママはそれだけが本当楽しみで幸せいっぱい。
明日の日記はどんなかなぁ・・。
無事に出産できた心からの喜びでいっぱいの日記が描けているといいなぁ・・。
痛みは付きもの!母になる痛みよ!
頑張れ、○○(自分の名前)! フレーフレー○○!オー!

今日、たーーっくさん皆からメールもらった。
みんな本当にありがとう。
明日はパパも来るし、ばぁばも、E子(幼馴染の親友)も来てくれる。
ママは本当に心強い、幸せ者だゎ。
そして、楓太の誕生をこんなにも待ち遠しく迎えてくれる、皆にも本当に感謝したい。

楓たん、ママのお腹で過ごす最後の夜だょ、 ゆっくり、おやすみ zzz・・
ママもゆったりとした気持ちで今日を過ごせたょ。
こんなにも穏やかな気持ちになれたのも、楓太とパパのお陰かもね。

じゃ、明日のためにも寝まぁーす。 おやすみ・・。                mamaより



しかし、翌日も・・、 そして その翌日も・・、 日記を描くことはなかった・・・・・・・・・・・・。 
スポンサーサイト
ふぅたmama
恐怖の出産/続棚卸
0 0

thema:赤ちゃんに会えるまで・・・ - genre:結婚・家庭生活


comment
comment posting














 

trackback URL
http://futa375.blog47.fc2.com/tb.php/155-a1404885
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。