スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふぅたmama
スポンサー広告


ヨガ。
 「セルフメディケーション」 と いう言葉を聞いたことがありますか?

言葉の意味は知らなくても、実際にはほとんどの人が実行していることで、
いわば、「自分の健康は自分で守る」 = 「自己治療」 これこそがまさに直訳でしょうか・・。


私のように、PD障害や鬱を抱えながら生活している人たちは、時として、前触れもなく、
己の身体が、まるで他人の体のようにコントロールの効かない状態に陥ったりします。

それは、呼吸が荒くなったり、めまいや吐き気、頭痛に悩まされるような過酷な生き地獄。
頭では分かっているのに、セルフコントロールの一切効かない状態になってしまう。

傍から見れば、いつも通りの私・・、でも、恐怖と隣り合わせの体は緊張から冷や汗が・・。


最近は、医学の力を借り、薬を服用しながらも、驚くべき回復力を見せている私です。

が、まだまだ、完治というわけにはいきません。 そぅ、鬱は治りかけが一番重要だから。
ふとした時に、予期不安が過り、一気に体は硬直し不安感と恐怖感が襲いかかることも。

  だからこそ・・、 今でも、 いや、今だからこそ・・・・・、
    「無理せず、頑張らず、比べず」 この気持ちを 軸にして生活しています。

今まで、頑張って頑張って、何でも自分で背負って生きてきた証が 鬱という結果でした。

頼ること、甘えることの術を知らずに、何もかもを自分のこの手で何とかして生きてきた私。
確かに、乗り越えられない試練はありません。 それを越えた時、人は成長するのだから・・。
だから今の私がここにいて、今があるのだから・・  頑張ってきた自分に後悔はありません。

後悔しない分、今の自分を、大切な今を、かけがえのない1日を丁寧に過ごすと決めました。
それからです・・、私の心に変化が起きました。 いや、気付きを得たとでも言うのでしょうか。

blogのタイトルにもあるように、「小さな幸せ」を見つけることが得意になったのです!!

まずは、何気ない今日という1日。 何もなくても・・、それこそがまずは幸せの基準です。
そこに、プラスされる喜びは 全て幸せの素となるのです。
美味しいご飯が食べられた・・ ぐっすり眠れた・・ 友達と楽しい時間を過ごした・・ etc
楓太がいつもより、ちょっとだけ多くお昼寝をしてくれた・・ これは最高の幸せです!(笑)


そんな私に 今日、素敵な出逢い と 大きな大きな幸せがありました。

そぅ・・、それは "ヨガ"です。 まさに、セルフメディケーションといっても過言ではありません。
以前からやってみたいという気持ちがあったものの、時間を取ることも心身の準備も出来ず・・。


しかし、そんな私に親友の姉が誘ってくれたのです。 念願のヨガ教室デビューです!!

呼吸法から始まり、インナーマッスルを鍛え、セルフコントロールをする術を体験してきました。
腹式呼吸に合わせて心身のバランスを整える・・ そして、瞑想・・・・・・。 いつしか、無心に。

フワーーっと身体が軽くなり、まるで毒素が身体から抜け出たようなとろぉ~りした気分に・・。
正直、初回でここまでの心地よさを得られるとは思ってもいませんでした。


頼ること・甘えることを覚えた今だからこそ、実家に思い切って子供を預けた上での安心感と
その上で限られた時間を十二分に楽しみたいという自分の気持ちが上手く重なり合った、
ちょうどいいタイミングだったのかもしれません。 ついに、タイミングも味方してくれましたね。

そして、声をかけてくれた親友や姉、頑張らなくていいょ!という理解ある先生のお陰で・・。
心身共に、スーっと肩の荷を下ろしたような不思議な錯覚にすっかり魅了されてしまいました!

「自己治療」というと、東洋医学的でとってもスピリチュアルな世界観に見られがちですが、
この病気になって、"体と心 " この二つがいかに連動しているかを思いしらされました。

今後、私の1日は、たどたどしい 「太陽礼拝のポーズ 」 から始まることでしょう・・・・・。


 体の健康は、心の元気なくしてなり得ませんょね・・。  今日も出逢いに感謝です!
スポンサーサイト
ふぅたmama
「PD+うつ病」 ・・ing
0 0

thema:うつと暮らす - genre:心と身体


comment
comment posting














 

trackback URL
http://futa375.blog47.fc2.com/tb.php/190-2e2e4160
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。