スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふぅたmama
スポンサー広告


鬱なる私に出来ること no.2
非常勤講師を終えて・・・。 
 (それまでの過程はこちらからどうぞ →  ※前回の記事はこちら )


某クリニックでの、鬱患者によるグループカウンセリングに初参加。
そして、非常勤講師として、鬱になった経緯を交えた体験談をお話させていただいた。



---------- が、結果論からお話しすると 、、、


わずか1ヵ月前の私だったら、完全に足を引っ張られ、病状が逆戻りしていただろう・・。


書くことと違い、体験談を語るというのは、あの生き地獄を鮮明に思い描かねばならない。
それだけではない。 その状態から、 「しかし、私は病気になって得たものがある」 と、
言いきるだけの想い、そして体験を伝えるには、あまりに足りな過ぎた時間だった・・・・・。


まず、一言で鬱病と言っても、その鬱には うつ状態~鬱病と実にその幅は広いのである。
それと、個々それぞれ、病気以前に資質というべきか本来の性格と環境が深く絡んでいる。

 「あなたの考えはいい刺激を受けますが、私は絶対に治らないと思ってます!」
 「ま、人それぞれ色んな考え方がありますのでね、何とも言えませんが・・・・。」
 「あの、私はあなたよりずっと鬱歴が長いんですから・・。」
 「もう、人生なんてこんなもんですょ・・、ははは。 終わった、終わった!」 
                                              ・・・・・ etc

まるで、鬱を糧にして怠慢生活をしているようにしか見えない中年男性の暴言が続く・・・。
鬱病は治ると信じ、そして、今、心穏やかに過ごせるようになれたという話に耳を貸さない。
全てが他人事であり、「あなたの考えは受け入れられない」 とのことらしい・・。


しかし、彼の症状は、私が経験した生き地獄からは考えられない、程度の軽いモノだった。
正直、羨ましいとさえ思った・・。 なぜ、今、あなたがそこに居るのか?!  疑問が・・・・。
恐らく彼がいられる場所、そして、怠慢になれる唯一の場所が ソコ なのかもしれないが。

しかし、私にとっては足を引っ張られる存在でしかなかった・・、口角を上げ、微笑み続けた。


「これは、病気以前の話だ・・・・・。」  心の声が自分を救ってくれていた。
そして、こちらこそ、色んな考えの人がいるんだと改めて実感させられたのも事実である。


でも、気付けたことがある。 それは、自分の過去に対して 揺るがない心の軸が出来たこと!
どん底から這い上がって生き抜いてきた、今の私があることの証であり、誇りに思えた。

恐らく、わずか1ヵ月前の私だったら・・・ と 触れたのも、それを確信したからこそである。



こうして、blogを通じて出会った、同じような病気を経験した方々とのやり取りは財産です。
そして、こうした心の病気と上手に付き合いながら、過去を客観的に捉え文章に出来る。
それ自体が、素晴らしいし、これ以上でも以下でもない今の自分を受け入れられている事実。
そんな皆さんのblogから、たくさんのエネルギーをいただいています。 感謝です!


私は、PD障害~鬱になったこと=人生の与えられた試練だと感じています。
そして、その試練は必ず乗り越えられるモノである。 乗り越えられない試練はない・・ と。


今回の非常勤講師、35点くらいですかね・・。 (苦;)

まだ、引き受けるには早かたようです。 それでも、こんな私に会えていい話が聞けた!と
言って下さった方々、そして、機会を与えて下さったクリニック院長には感謝しています。 

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ ← 心の支えになります! それぞれ1クリックお願いします。                             
スポンサーサイト
ふぅたmama
「PD+うつ病」 ・・ing
0 0

thema:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - genre:心と身体


comment
comment posting














 

trackback URL
http://futa375.blog47.fc2.com/tb.php/335-d7f6217d
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。