スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふぅたmama
スポンサー広告


沁み入る・・、人の優しさ、温かさ。
正月休み・・ という言葉はあるけれど、今の私は〝正月疲れ〟真っ最中・・。
激しい吐き気と不安定な頭痛、寒気・・ 身体の不調に悶々とした日々を過ごす。

服用している抗うつ剤のパキシルの副作用 「喉が乾く」という代償が私の救い。
とりあえず、飲み物だけはいつも通りスムーズに受け入れてくれているのだ。

固形物が胃袋に入った瞬間に、それを異物として認識するのか、吐き気が襲う。
しかし、喰っての頑丈!それだけが取柄の私。 いざ、食べられないと不安に・・。
何かを口に放り込み、マスクをして吐き気をグッと堪え、ベッドに潜り込む日々。


                    が、しかし。


どうやら、昨夜が峠だったらしい。 今朝は、なんとなくだが身体がスッキリしている。
とは言うものの、不幸中の幸い・・とでも言うべきスッキリ具合だが・・。


やっと、地に足をついてバランスよく歩けるようになったので、徒歩圏内の内科へ向う。
噂にはよく聞く、混雑するクリニック。 さすが、2時間弱・・ 待ちに待って受診となった。


2時間待とう・・  そう思わせてくれたのは、受付の看護婦さんの親切丁寧度合い。
本来、心身共に弱っている患者に対する気遣い並びに心配りは、これが妥当で当然。


が、しかし・・。 

私の出産した、フ○イ産婦人科クリニックはじめ、当然のレベルは愚か、
なんとも失礼極まりない個人医院が多いと感じるのは私だけでしょうか・・・・・?!

挨拶すら出来ない受付にはじまり、事務的に処理される患者ならびに保護者。
そして、専門医かと疑いたくなるような説明不足の医師の怠慢な態度がそこにはある。

長い待ち時間を経た患者なのに・・・、
こちらから質問するのが申し訳ないような・・・、   そんな気にさせられることも多々。
まるで、キャバクラに言って客が女の子を笑わせているようなモノ・・、 あっ、違うか!

 「ありがとうございました・・」 と言いつつも、一体何に対するお礼なのかと自問。
 せめて、「お大事に!」 そぅ微笑みながら一言かけてくれる余裕が欲しいものだ!



話がズレたが・・、

それにしても、今日行ったクリニックの看護婦さん、隣接する薬剤師さんの対応は◎。
こちらが安心して患者になりきれる・・というのか、心温まる丁寧な説明を受けました。

 「薬のことなら何でも分からないことがあったらいつでもお電話下さい・・」
いや~、嬉しいじゃないですか。 その気持ちが嬉しいですょね。 心温まりました!

薬剤師さん1人の1つの対応を取っても、その背景にあるものを感じ取れた気がします。


いやーぁ、盲点でした。
というか、灯台下暗し・・って感じ。 うちの団地から目と鼻の先なんです・・。

これからは、ここに決めますっっ(宣言)! 




しかしながら、 弱っている時にこそ・・、 そぅ、そんな時にこそですょ!

人の優しさ、温かさが身に沁みます・・ はい。
ただの錠剤が、人の手の温もりで 「よく効く薬」 になれるかどうかでしょ・・。


人って、、、 ココロ動かされるのは 人のココロを感じとったときですよーーっっだ!
スポンサーサイト
ふぅたmama
「PD+うつ病」 ・・ing
0 0

thema:ひとりごと - genre:心と身体


comment
comment posting














 

trackback URL
http://futa375.blog47.fc2.com/tb.php/397-80f4d97d
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。