スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふぅたmama
スポンサー広告


結婚までの道のり。 no.3
後悔の涙・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。 
それは、結婚報告の日に 流れ、溢れ、止まらなかった。

9月に入り、彼の仕事の休みを利用して私の実家である群馬へと向かった・・。
こんなにも複雑な気持ちで実家へ向かったのは、きっとこれが初めてだったであろう。

そんな道中、私たちは無言だった・・・。

到着した私を笑顔で待ち受けてくれるいつもの母。 この瞬間に涙が溢れてしまいそうだった私。
浮かない表情の私を察した母は、3人で外へ出ようか・・ そう言って近くの店へと移動した。

そこで、妊娠の報告と、結婚を決意することを告げることにした私だった・・・・・。
というより、彼自身に親になる決意、それと結婚をする意をきちんと語って欲しいと願ったあの日。

まだまだ小さな袋にポツンと豆のような姿しかない我が子ではあったものの、私は母だった。
産む決意と、これから2人で共に困難を乗り越え、そして家庭を築いていきたいと母に告げた私。

精一杯の彼への期待を込めて、隣にいる彼に願いが届け! そんな想いで母に話した私だった。
しかし、心の中に引っ掛かる複雑な気持ち・・・。 
そして、今にも溢れ出しそうな涙をグッと抑える私。  不安、期待、不安、期待、不安 ・・・・・・

すると、母は、父と結婚した際の話を始めた・・・。

「どこの馬の骨か分からない女」と言われ、敷居をまたがせてもらえなかった祖父母との出逢い、
そして、父の抱える借金を返済するため、昼も夜も身を削り、働きながら私を育ててくれたこと・・。
前夫に子供をとられ、寂しい思いを隠し、必死で日々を乗り越えてきた母の姿が目に浮かんだ。

「大丈夫だょ、2人で支えあっていけば何があったって大丈夫だから!」
不安そうな私に、そう励ましてくれる母の言葉に我慢していた涙がどっと溢れ出した私・・・・・・。

すると、喉の奥に詰まっていた言葉がポロリと出てしまった。
「・・・・・、でもね、△△の気持ちが分からなくて不安なんだ・・。 だから・・・。(ヒクヒク)」

彼のことは以前にも描いたが、結婚暦あり。そして、当時、10万もの多額の養育費を払っていた。
しかし、借金返済だけでも目が回るほどの家計事情だった同棲生活、その上、養育費の出費・・。
経済的な事情も私の不安材料では十分あったものの、一番の根っこは、彼の気持ちだった。

前妻との結婚も、でき婚・・・・。  そして、指輪の交換も、結婚式さえない結婚生活の始まり。
そして、数年間の結婚生活を送ったものの、半ば強引に離婚届を提出され、いつも間にか破綻。
ようは、彼の優しさ=優柔不断な性格ゆえに、自分の気持ちとは裏腹に離婚を突きつけられた。

前妻は、気分のいい時は 「戻ってきて・・」 そぅ彼を引き戻そうとしていたらしいのだ・・・。
子供が可愛いゆえ、戻ろうかと会いに行けば喧嘩になり、やっぱやめた!という具合らしい。

そんな矢先に私との出逢いがあり、同棲が始まり、ついには、、そぅ、また妊娠から結婚へ・・・。

私は、彼にはまだまだ、前妻と、その子供のいる家庭に未練があるように思えて仕方なかった。
それは、彼との同棲生活の節々で感じられた・・。 
しかし、「そんな気持ちねぇよ!」 逃げるように逆ギレする彼に、過去のことと割り切っていた私。

けれど、、 自分がこれから結婚をする相手となった以上、やはり彼の気持ちを知りたかった・・。


そして、、、 溢れ出して止まらない涙と共に、我慢してきた弱さを素直に口にした私。

「ねぇ、私は△△と結婚するつもりでこれまで頑張ってきたの・・。 まだまだ借金もあるし、
価値観も埋められないままだけど、、結婚したいと思ってるんだけど、1つだけ気になって・・・。
私との結婚は、妊娠したから=結婚なの? 仕方なく? 前妻に未練はない?
もし、私が妊娠しなくても、私を好きで結婚するほどの気持ちが△△にはある??
今ならまだ平気だよ、私、1人でもお腹の赤ちゃん産むから・・・。
悔しいけど、悲しいけど、△△に気持ちがなければ、その方がこの先ずっと辛いから・・・。」

あーーーー、ついに言ってしまった・・・・・・。 
いつもは優柔不断な彼だが、大切な母の前では彼の意を述べてくれる、そぅ信じたからこそ。

しかし・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。   どれくらいの沈黙が続いただろうか・・・・・・?!
隣にいる母は泣いていた。 強がりな私が見せる素直な弱さゆえの涙を知っているからだ。

何も語らない彼・・・。 下を見つめたまま、うんともすんとも、、そぅ、何も語らない彼の姿あり。

そんな困った表情でいっぱいの彼を見ていられなくなった母は、そーっと口を開いた・・・。
「ねぇ、△△ちゃん、私はね、○○のことがとっても大切なの・・。
だから、幸せになってほしいの。 ○○が嬉しい時は私も嬉しい、悲しいときは私も同じなの、
いつも強がりな○○だけど、きっとこの涙は素直な弱さょ、不安でいっぱいなんだと思うの・・。
だから、○○の質問に答えてあげて欲しいの・・。 お願い・・・。」

そう、優しく話す母も涙が溢れ出していた。母の涙を見たのは大人になってから初めてだった。

しかし、それでも無言のままの彼・・・・・・・・・・・・・・・・。
私は彼が許せなかった、、、 大切な母、私を自分のように想ってくれる母に失礼じゃないか!

「何か、答えてよ!(怒)」
そぅ思わず強い口調になってしまった私・・・。 すると彼はチラっと私を見てこう言った。

「何を話せばいいの?」        -------頭、おかしいんじゃない? 話聞いてました?!
これには、母も思わず ポカン・・・ ( ̄ー ̄;

「△△ちゃん! じゃぁ、○○と結婚するつもりはあるの?」  そう尋ねる母に 彼は頷いた。

「結婚するつもりはあるのね! じゃぁ、私の前だけでいいから、不安でいっぱいの○○を
少しでも安心させてあげるようなことを言ってあげて欲しいの・・。」

彼の応答に涙が止まらない私を前に、母は懸命に彼に優しく指示を促した。 

しかし、、、 母の目を見ようとしない彼。
母の目から大粒の涙が溢れ出している、鼻水と涙で顔はぐちゃぐちゃだった・・・。

それなのに、まだ彼をかばうように私に優しく語る母。
「○○、お母さんもね、離婚の辛さは重々承知してるの。 きっと△△ちゃんも辛かったと思う。
子供との生き別れはとっても悲しいの、だから、言葉に詰まってるんだと思うょ・・。
その気持ち、○○は分からないんだから責めちゃだめょ! きっと△△ちゃんは優しいんだよ」

そう語る母をチラっと見た彼。 すると、母は最後に言った。

「△△ちゃん! 嘘でもいいから 幸せにします!って言って欲しいの。
これは、娘のためじゃなくて私のために・・。 じゃないと、心配で眠れないから、私だって・・」



彼から、その日 「幸せにします!」 という言葉を聞くことは出来なかった・・・・・・・・・・・・・・・・。
それ以前に、彼の口から出た言葉は、「何を話せばいいの?」 それだけだったのだ。


私はこの時、シングルマザーを本気で考え、彼の世話にはならない・・・   彼を憎んだ!!
そして、こんな場所でさえ、自分の気持ちを告げられない優柔男を心から軽蔑したのだった。

私のことはどうでもいい! けれど、大切な母を傷つけるような奴は絶対に許さない!!!
涙がスーーっと驚くほどに止まり、私は怒りに満ちた眼差しで彼を睨みつけたのだった・・・・・・。


さよなら、△△! お前はそうやって、煮え切らねぇまま 一生 1人で生きてろ!
どうせ、誰も幸せになんか出来やしない・・ てめぇーみたいな腐った男は勘弁だ!

本気で考えた、彼との別れ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。 でも・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

と同時に、 こんなクソ男を選んでしまった 自分が悔しくて悔しくて、、 どうしようもなかった。
初めて流した 「後悔の涙」 そして、この時に出来た心の傷は思ったよりずっと深かった・・・。

心の中では 彼を信じたい気持ちがあったことは事実。  それに こんな奴だけど好きだった。
いや、違うな・・。 好きとかそーゆー感情ではないなぁ、あの時は・・。
まだ、心のどこかで 期待していたっていうとこかなぁ・・。 まだ、生まれ変われるって信じてた。


あーー、吐き出したら スーッとしちゃった・・。(笑)

恥ずかしいね、こんな話。 でも、事実だから仕方ない。 それに、この傷があってこそ
その後の結婚生活において、彼に頼ることが一切出来ない 「頑張る強い女」 になってしまった。

私って、よく端から見ると 強そうで明るくて活発で男勝りで前向きで・・etc ってよく言われる。
確かに、いくつかは当たってる。 でもね、本当はすっごく寂しがり屋で誰かに頼りたいの・・。
でも、甘えられなくて、頼れなくて、、寂しいとか、そうゆう弱いとこを見せられない強がり女なの。
そして、その頼りたい一番の相手が彼だったの・・。 でも、それが出来ぬまま過ぎた時間・・・・。

今、振り返るとずーーーと ずーーーーーっと 1人で頑張ってきちゃったの。
こうやってblogを描くことで、自己洞察が出来て、自分のその性格が彼をよりダメ男にさせて、
そんな彼に文句を言い、彼は自信をなくし・・ そぅ、悪循環だった種が自分にあったって気付く。


まだまだ、これから先も棚卸で吐き出すぞーーーーーぉ!(笑)
スポンサーサイト
ふぅたmama
結婚までの道のり/続棚卸
2 0

thema:結婚式までの道のり - genre:結婚・家庭生活


comment
・・・はぃ、その通りで(恥;)
アキさん! この間は偶然にも会えて嬉しかったぁ~e-266

で、blog楽しみにしてるよ!って言ってくれる皆さんのためにも、
アキさんの応援もあって、色々と吐き出せてます・・。(幸)
アキさん、泣いてくれたのぉ? あたしも涙出そうになっちゃったぁ・・。
思わず、色々と思い出して・・。
けど、まだまだ吐き出したいこと山のようにある・・。
そして、乗り越えて、頑張った末の地獄までの道のり・・。

でも、今はちょっとずつだけど幸せ感じられるようになりましたょ!
まだまだ困難はつき物ですが・・(困;)
でも、普通に生活できる それだけで今は十分幸せかなぁ~。

これからも 応援宜しくお願いしますね!e-271
2008/05/14 22:49 | | edit posted by ふうたmama
もーーーーv-293v-293
あのくそバカがv-363v-363
読んでてあまりのバカ加減にむかついて涙でてきたよ。(会社なのにv-12)
ふうたmama&お母さんの涙...本当に辛かったね、よく吐き出したね。
この調子でこれからもドンドン吐き出していって!!応援しますv-9

2008/05/14 15:20 | | edit posted by アキコ
comment posting














 

trackback URL
http://futa375.blog47.fc2.com/tb.php/92-82312767
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。