スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふぅたmama
スポンサー広告


結婚までの道のり。 no.4
 心のどこかで 期待していたっていうか、、、
     まだ、彼が生まれ変われるって信じてた・・・。

そぅ、お節介ばばぁの底力が試される、私の人生における最大の岐路が迫られたのだった。

泣いたょ、いっぱい・・・。 来る日も来る日も、、悔しくて悲しくて、1人で泣き続けたあの頃。

でも、考えてる余裕さえなかったのが事実だった。
フリーとして独立したばかり、何件もの物件を抱えながら、週1で通った夜間スクール・・。
プランニングに、打ち合わせ、現場確認・・・etc それは深夜にまで及ぶこともザラだった。

今、思えば妊娠初期って一番大切な時期なのに、散々泣いてストレス溜めて、働き詰め・・。
彼とのちょっとした言い争いから、深夜家を飛び出して一人車で行く当てもなく走った日々。
そして、もうどうなったっていい! 大雨の中、外を傘もささずに歩き回り、震えていたことも。

そんな私を、「勝手にしろ!」 そう言って、止めもせずにソファで横たわり、他人事のような彼。
本当は、止めて欲しいのに・・ 身体気遣って欲しかったのに・・
行く当てもないまま帰宅すれば、グーグー 大いびきをかいて寝ている彼の姿に、また涙・・・。

ダメな母親だょね、私って、、、
ついに、お腹の赤ちゃんからのSOS! 出血・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
「切迫流産」 の 危機に直面・・。(涙;)  絶対安静を言い渡された私・・。

こうなったら、お客様にも妊娠を告げなくては・・。 何て言おう・・、 どうしよう・・。

こうして、お客様に妊娠の報告をすることになった私だった・・。
「実は・・・・、あの・・。 予期せずに妊娠しまして・・(恥)」
そぅ言う私に、自分のことのように喜んでくれるお客様たちの笑顔、涙を流してくれた人も・・。

「おめでとう! ○○ちゃん、ママになるんだね・・。 身体大切にして、無理しなくていいから」
彼にさえ言われなかった、私の身体を気遣うお客様に出来る限りのことをしよう!
おめでとうと言ってくれる気持ちに応えたい・・。 自分を大切にしなくちゃ・・ 我に返った私。

そして、少々の安静をしながらもメールや電話、FAXをこれでもかと言うほど使って、
現場へ行けない穴埋めをして、お客様の不安を消してあげたいと精一杯だった私・・。

でも、、、 顔で笑って 心で泣いて・・・・・。   正直、おめでとうの言葉が辛かった。

そんな葛藤の日々が過ぎていくうちに、お腹の我が子が存在アピールを始め出した!
「ママ、ここにいるょ!」 そう私に自分のことを忘れないで、そう言わんばかりの激しいつわり。

食べ物が喉を通らない、、 水さえ飲めない、、 常に気持ち悪く、吐き気に襲われる日々。

あ、今ならパイナップルが食べられそう♪ そう思ってスーパーに買いに行き、帰宅すれば、
目の前にある、さっきまで食べたかったはずのパイナップルを見て、吐き気をもよおす身体。
頭と身体が連動しない、それは過酷なつわりの始まりだった・・・。

予期せぬ妊娠に、夜間スクールを選んでしまった私。 しかも、場所は新宿・・・。
家からバス停までの徒歩、バス、電車・・・。 そして、クタクタになった頃に授業の開始だ。
終わりは21:00。 新宿駅の夜は、まるで昼間の渋谷のスクランブル交差点のような混雑。
じじぃの加齢臭、ギャルの香水、泥酔の酒臭・・・etc 立っていることさえが困難な状態・・。

優先席まで行けないラッシュ・・・ 席を譲って下さいとも言えぬ、吐き気・・・

「お腹に赤ちゃんがいます」キーホルダーをまざまざと目にしながら平然と新聞を読むじじぃ。
男ならまだしも、同じ女性なのに知らぬふりをして化粧を直すばばぁ・・ なんて世の中だ!

1駅を降りては 外の空気を吸いながら、5時間もかけて自宅へ帰宅したことさえあった・・。

けれど、そんな時はいつも思ってた。
「つわりは 赤ちゃんが成長してる紛れもない証拠だ!!」 って・・。 懸命に耐えた。

インテリアコーディネーターの資格取得は、非常に合格率が低く、ただでさえ困難な課題。
それゆえ、スクールに通うことにした私だったが、あまりのつわりに諦めかけたこともあった。
でも、逆に言えば、今しかない! そう思わせてくれたのも事実であった・・・・・・・。

難関の1次の筆記試験は、10/9に迫っていた・・。  わずか、1ヶ月ちょっと・・・。


その前に、彼のドン母ちゃんに妊娠を告げることにした私たち・・・・・。
ハラハラ、ドキドキ・・、 中学の頃、悪さをして放課後、呼び出されたような妙な緊張感・・。

なんせ、母ちゃんにズバリ言われていたからだ! 
 「おめーらょ、また妊娠しました・・ 結婚しました! なんて許さねぇからな!!」 と。
キャーーーー、図星! やっちまった・・。 しかも、まだ結婚意思もグラグラ状態のまま・・。

そして、ついに、母ちゃんに告げる その日が来たのだ!

追い込まれると この野郎~!やってやろうじゃねぇの!ってなっちゃう私の登場である。
結局、その日、母ちゃんに言われた言葉にカチン(怒)!と きた私は、結婚を決意する。
そして、結婚式をすることをその日、心に誓ったのだった・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

あーー、あの日のことも頭から離れないなぁ~ ><;  早く、毒出さないと・・・(笑)

                                                 >続く
スポンサーサイト
ふぅたmama
結婚までの道のり/続棚卸
0 0

thema:結婚式までの道のり - genre:結婚・家庭生活


comment
comment posting














 

trackback URL
http://futa375.blog47.fc2.com/tb.php/95-46c28f48
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。